パリ ノートルダム大聖堂(寺院)|Cathédrale Notre-Dame de Paris

サン=ルイ島側から望むノートルダム大聖堂

パリ市内を東西に流れるセーヌ川沿い。

2014年にノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)へ訪れた時の写真を掲載しています。

ノートルダム大聖堂 Cathédrale Notre-Dame de Paris

パリのノートルダム大聖堂 西側のファサード

パリを流れるセーヌ川・シテ島の東端にあるゴシック建築の教会、ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)

パリ司教に選出されたモーリス・ド・シュリーの命により、1163年に建築開始。
約170年後に完成の時を迎えます。

1789年に起きたフランス革命により28体の王の彫像・尖塔が大きく破損。
1831年のヴィクトル・ユゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ(Notre-Dame de Paris)」がきっかけとなり、1844年に国王ルイ・フィリップの命により修理が組まれ、建築家ヴィオレ・ル・デュクによって復元されています。

2019年4月の火災により尖塔が焼け落ち、現在は修復工事により閉業中。

上記写真は2014年の訪問時に撮影した西側のファサードです。
2つのタワーは、左側のノースタワーが1240年、右側のサウスタワーが1250年に完成。

西側ファサードの中心にあるバラ窓。
1225年に作られたバラ窓は直径9.60メートルにも及ぶ。

バラ窓の前には聖母マリアと子供の彫像を二人の天使が囲う。
左右にある彫像はアダムとイブ。

欄干の下には、イエスとマリアの祖先である「ユダの王の彫像」が28体並びます。
その下には3つのポルタイユ。

中央:最後の審判のポルタイユ the Portal of the Last Judgement
右側:聖アンナのポルタイユ(the Portal of Saint Anne)
左側:聖母マリアのポルタイユ(the Portal of the Virgin)

サン=ルイ島側から望むノートルダム大聖堂

サン=ルイ島側から望むノートルダム大聖堂の後陣。
尖塔と後陣の上部は2019年の火災により焼け落ちてしまいました。
写真は2014年撮影。

バラ窓のステンドグラス

ノートルダム大聖堂のバラ窓

ノートルダム大聖堂のバラ窓のステンドグラス。
西側は9.6m、北側・南側はそれぞれ13mにもなる巨大ステンドグラスです。

北のバラ窓は聖母マリアと子供、南窓はイエス キリストと天使。

ノートルダム大聖堂の塔(展望台)

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)の塔

ノートルダム大聖堂の塔(展望台)。
387段の階段を上り、パリのスカイラインを望みます。

パリ市街を見下ろすガーゴイル(キメラ)の像は56体。

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)から望むパリ市内・エッフェル塔

西側の眺望。
セーヌ川、エッフェル塔、ラ・デファンス。

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)から望むパリ市内・エッフェル塔

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)から望むパリ市内・ラ・デファンス

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)から望むサクレクール寺院

北側の眺望。

丘の上にサクレクール寺院。

現在は亡き、ノートルダム大聖堂の尖塔。

ノートルダム大聖堂の場所・行き方・アクセス

RER B線・C線、メトロ4番線「サン・ミシェル=ノートルダム駅(Saint-Michel Notre-Dame)」から徒歩4分。
4番線「シテ駅(Cité)」徒歩6分。

shares