360℃パノラマ!ゴルナーグラート展望台から望むスイスとイタリアの名峰

ゴルナーグラート展望台のレストラン

ゴルナーグラート鉄道の終着駅ゴルナーグラートにある標高3100mの展望台、ゴルナーグラート展望台(Gornergrat)

360℃パノラマの展望台から見たアルプスの山々の写真を交えてご案内します。

ゴルナーグラート展望台 Gornergrat

山麓の町ツェルマットから登山鉄道「ゴルナーグラート鉄道」で約35分、ゴルナーグラート駅に到着しました。

ゴルナーグラート展望台(Gornergrat)はゴルナーグラート鉄道駅改札から5分弱上った先にあります。

ゴルナーグラート鉄道とマッターホルン
ゴルナーグラート鉄道 Gornergratbahn(スイス)
ゴルナーグラート鉄道のマップ

ゴルナーグラート鉄道のマップ(※クリックで拡大します)

ゴルナーグラート鉄道のゴルナーグラート駅

ゴルナーグラート駅

ゴルナーグラート駅の線路の先。
スイス最高峰のモンテローザ(Monte Rosa)が行く手を阻むかのごとく立ちはだかります。

ゴルナーグラート展望台

ゴルナーグラート展望台からマッターホルン、3100クルムホテル・ゴルナーグラートを望む

標高3100mのホテル「3100クルムホテルゴルナーグラート(3100 Kulmhotel Gornergrat)」越しの標高4478mのマッターホルン(Matterhorn)

キバシガラス Pyrrhocorax graculus

ゴルナーグラートで見つけたキバシガラス

山の説明板の前のテーブルに、羽を休める鳥が現れます。

真っ黒な羽に黄色いくちばしと赤い脚がアクセントカラーの「キバシガラス(Pyrrhocorax graculus)」。
オーストリアのハルシュタットでも見かけました。

キバシガラス(Pyrrhocorax graculus)

展望台のあっちこっちに移動しては、こちらの様子を伺っているようにも見えます。
さては…、山の案内をしてくれているのかもしれません。
お言葉に甘えて、ガイドしてもらうことにします。

南側の眺望 スイス最高峰モンテローザetc…

ゴルナーグラートで見つけたキバシガラス

ゴルナーグラート展望台から望むモンテローザ

南側方面。

太陽の左手に位置する山がスイス最高峰のモンテローザ(Monte Rosa)
猫耳のように二つ山があり、右側のプンタデュフールが4634m(伊:Punta Dufour、独:Dufourspitze)で最高地点。

太陽の右手に位置する山は4527mのリスカム(Lyskamm)

ゴルナーグラート展望台からモンテローザヒュッテを望む

モンテローザの足元を見るとエメラルドグリーンのお釜の右上に建物が…。
モンテローザ ヒュッテ(Monte Rosa Hütte)という山小屋。

ゴルナーグラート展望台からキャスターとポラックスを望む

標高4233mのカストール(Castor)、4092mのポラックス(Pollux)

標高4075mのロッチャ ネーラ(Roccia Nera)、4139mのブライトホルンツヴィリンゲ(Breithornzwillinge)

4164mのブライトホルン(Briethorn)、3883mのクラインマッターホルン(Klein Matterhorn)
クラインマッターホルンの右手にはロープウェイを結ぶ支柱がよく見えます。

ツェルマットの南側にあるゴンドラ乗り場から「Zermatt ZBAG-lz → Furi → Trockener Steg → Klein Matterhorn」というルートで乗り継いで行ける場所。

その下に3479mのテスタグリージャ(Testa Grigia)

そしてマッターホルン。

西側の眺望 マッターホルンよりも高いヴァイスホルンetc…

ゴルナーグラートで見つけたキバシガラス

ツェルマットの町の西側にある山々。

特にリズミカルに並んだ4つの尖った山が印象的で、左から4357mダン・ブランシュ(Dent Blanche)、4063mオーバー・ガベルホルン(Ob. Gabelhorn)、4221mツィナルロートホルン(Zinalrothorn)、4506mヴァイスホルン(Weisshorn)

一番右のヴァイスホルンはマッターホルンよりも28m高いはずなのに…。

北側・東側の眺望 スネガetc…

ゴルナーグラートで見つけたキバシガラス

ツェルマットからケーブルカーでアクセスできる標高2288mのスネガ(Sunnega)方面。

ゴルナーグラート展望台からスネガを望む

左手下部に見える細長い湖がライゼー(Leisee)。
中央部の建物付近がブラウヘルト(Blauherd)、右手の建物周辺が標高3104mのロートホルン(Rothorn)。

スネガの標高はゴルナーグラートよりも1000m弱低いですが、森林限界よりも下に位置しているため周囲には植物や樹々の姿を見ることができ、ゴルナーグラートとはひと味違う風景を楽しめます。

ロートホルンの建物の左側。

写真中央の山はゴルナーグラートから約45km離れた場所にある標高3934mのビーチュホルン(Bietschhorn)

大多数の方がフィスプからツェルマットまで約1時間かけて電車で来ることと思いますが、ビーチュホルンはフィスプの向こう側にある山です。
地図上で見ると「もしかしてユングフラウやアイガーも?」という期待を抱いてしまうのですが、残念ながらそれらの山は見えません。

ビーチュホルンの左側の山は3661mのブリェムリーザルプホルン(Blüemlisalphorn)
あの山を越えればトゥーン湖です。

少しずつ南側に振っていきます。

左側はツェルマットの町中からもその姿を確認できる4545mのドーム(Dom)、4491mのテッシュホルン(Täschhorn)

右側は4206mのアルプフーベル(Alphubel)

アルプフーベルの右側にある小さな山が4027mのアラリンホルン(Allalinhorn)

ギザギザとした山頂部が特徴の4199mリンプフィッシュホルン(Rimpfischhorn)

建物の立つ山は3273mのホーエリ(Hohtälli)
ゴルナーグラート展望台から見える山の中で最も近い地点です。

そして右奥の頂上に雪が積もる山は4190mのシュトラールホルン(Strahlhorn)

モンテローザの東側方面。

手前の茶色い土色をさらす山は標高3532mのシュトックホルン(Stockhorn)

奥の白雪が眩しい山は標高3803mのチーマ・ディ・ヤッツィ(Cima di Jazzi)
モンテローザと同じくイタリア語。
あの雪肌の向こうはイタリアです。

その他ゴルナーグラートの施設

ゴルナーグラート展望台のレストラン

ゴルナーグラート展望台にある「3100クルムホテルゴルナーグラート(3100 Kulmhotel Gornergrat)」内にはレストランやお土産屋さんも。
Googleで見るとレストランの評価はあまり高くないようですが、この後下にトレッキングをする場合は一度休憩するのによいかもしれません。

世界最大のマッターホルンチョコレート

おわりに

ツェルマットからゴルナーグラートまでは「ゴルナーグラート鉄道」に乗車。

帰りはトレッキング。
ゴルナーグラートからローテンボーデン(Rotenboden)を経由して「逆さマッターホルン(Riffelsee)」の写真を撮影し、リッフェルベルク(Riffelberg)までハイキングして下りました。

MEMO

スイスの旅は「お天気次第」で楽しみが大きく変わります。
ゴルナーグラート展望台へ行く前に「天気」と「ライブカメラ」をチェックしておくのがおすすめです。

天気予報|スイス政府観光局
ライブカメラギャラリー|スイス政府観光局

ゴルナーグラートのハイキング
ゴルナーグラートのハイキング〜リッフェルベルク編
逆さマッターホルン リッフェルゼー
逆さマッターホルンの映る湖 Riffelsee(リッフェルゼー)
ゴルナーグラート鉄道とマッターホルン
ゴルナーグラート鉄道 Gornergratbahn(スイス)
ゴルナーグラート展望台のホテル

3100 クルムホテル ゴルナーグラート|Booking.com