はねだ日本橋|Haneda Nihonbashi Bridge

羽田空港 はねだ日本橋

2010年、東京国際空港の新国際線ターミナルとしてオープンした羽田空港国際線旅客ターミナル。

出国手続き前の3階出発エリアからエスカレーターで4階に上がると、江戸の町並みを再現した「江戸小路(えどこうじ)」が現れます。
お食事やお土産の販売を行うエリアです。

その奥、国際線ターミナルの4階と5階を結ぶ、訪日観光客が喜びそうな「檜でできた橋」が完成しました。

「はねだ日本橋(Haneda Nihonbashi Bridge)」です。

はねだ日本橋 Haneda Nihonbashi Bridge

1603年に架けられた日本橋を再現した橋

はねだ日本橋

「はねだ日本橋」は、1603年(慶長8年)に現東京都中央区に架けられた日本橋をベースに復元した檜製の橋です。
羽田空港国際線旅客ターミナルの出国前エリア4階にあります。

パンフレットが設置されており、日本語と英語で併記してあるので、訪日外国人の方も内容を見ながら楽しめます。

江戸幕府開闢とともに創架された日本橋。江戸の中心、日本の中心にある橋として、旅人達が行きかう五街道の起点として、当時の人々に愛された橋でありました。現代の江戸・東京の旅の起点であるこの羽田空港国際線ターミナルに当時の日本橋を復元した「はねだ日本橋」。旅への架け橋として、どうぞご贔屓に。

羽田から旅立つ旅人への、粋なメッセージ。

日本橋を起点とする五街道とは「東海道、中山道、甲州道中、日光道中、奥州道中」を差します。

はねだ日本橋のスペック

はねだ日本橋

全長と幅は「当時の日本橋の2分の1スケール」。
細部は同じ寸法・形状・素材で再現しており、ディテールまでこだわっています。

はねだ日本橋 19世紀前半当時の日本橋 備考
全長 25m 約51m(28間) 半分の長さを再現
4m 約8m(4間2尺) 半分の幅を再現
用材 檜・槻 すべて檜による木造橋で再現
橋脚 4本 8本 半分の本数で再現
宝珠柱 394Φ 394Φ 宝珠柱・高欄等は実物と同じ寸法で再現
擬宝珠 銅製 唐銅製 形状は、現存するものと同形状で再現

檜製のため、橋の上を通りかかると「檜の香り」が漂います。

橋はゆるやかに傾斜しているため、3階チェックインカウンター側から見たときの曲線美が美しい。
そちらからの景観も見どころです。

はねだ日本橋の宝珠柱(Orb-topped newel post)の直径は394mm。
擬宝珠(Orb cap)も銅製で、旧日本橋を見事に復元。

はねだ日本橋

橋脚も檜製で、桜とのコラボレーションが見事です。

江戸図屏風

はねだ日本橋 江戸図屏風

はねだ日本橋 江戸図屏風

壁面には、国立歴史民俗博物館所蔵の「江戸図屏風(Edo period folding screens)」より、「江戸内各所の賑わうシーン」をピックアップ。
江戸時代初期の江戸近郊の景観です。

江戸小路側から「浅草、寛永寺、神田周辺、日本橋、江戸城、京橋・新橋周辺・増上寺、八丁堀・築地周辺、富士山」の並びに。

はねだ日本橋の場所・行き方・アクセス方法

この「はねだ日本橋」ですが、地方のシャッター商店街並みに閑散としています。
人がほとんどいません。

理由は明白で、いかんせん場所が悪すぎる。
加えて、行き方が分かりづらい。

はねだ日本橋へのアクセス方法は3種類あります。

  • 4階のレストラン&ショップエリアの「おこのみ横丁」の通路から
  • 3階の出国前エリアの左端エスカレーター(orエレベーター)から
  • 5階のTIAT Sky Road→お祭り広場から

一番分かりやすいのは、4階のおこのみ横丁の通路から向かうルートだと思います。

後付けで作っているので難しい話かもしれませんが、せめて「はねだ日本橋を渡って江戸小路へ行く」動線にしてほしかった。

お祭り広場

はねだ日本橋の5階側に隣接する「お祭り広場」。

羽田空港 お祭り広場

お祭りの櫓(やぐら)と赤ちょうちんがライトアップ。
赤い傘と腰掛け、50㎡程度の空間があります。

訪日観光客の方がメッセージを書いてお札を飾る場所も。

メッセージボードのお札はで自販機で購入可能。
1個500円と金額は少々高め。

照明の光量も考えてつくられた「はねだ日本橋~お祭り広場」区間は、落ち着きがあり良い雰囲気を醸し出しています。

おわりに

はねだ日本橋は、日本出国前に日本を感じられるスポット。
所要時間15分ほどで周れます。

羽田空港国際線旅客ターミナルを利用する際は、ぜひお早めに空港へ訪れて「はねだ日本橋」周辺を見学されてみてはいかがでしょうか。