ロンリープラネット(旅行ガイドブック )について

世界を旅する際の相棒、ガイドブック。過去にさまざまな出版社のガイドブックを購入してきましたが、ここではその中でもおすすめのガイドブック、ロンリープラネット(Lonely Planet)について。

ロンリープラネット Lonely Planet

ロンリープラネット公式サイトOur Storyによると、ロンリープラネット(Lonely Planet)の起源はロンドンからオーストラリアまでの旅をしたTony WheelerとTony Maureenの夫婦が1973年に出版した「節約してアジアを横断する(Across Asia on The Cheap)」。この本がロンリープラネット(Lonely Planet)の記念すべき第1版となります。

shop.lonelyplanet.com/

ロンリープラネットの特徴

旅行ガイドブック『ロンリープラネット』の最大の特徴は、「広告・タイアップをしない」という中立的な目線、かつライターが実際に現地に赴きガイドブックを執筆している点、そして英語版を主としている点です。

  1. 広告・タイアップをしない
  2. ライターが実際に現地に赴きガイドブックを執筆
  3. 英語版が主

一方、日本の出版社のガイドブックはほぼ広告・タイアップありき、ライターは現地に行っていないことも多いことから、ロンリープラネットとは真逆のスタイルです。タイアップでないことが正義・タイアップだから悪…とは思いませんが、ライターが現地に行っていないことについては旅行ガイドブックとしては致命的と思います。

MEMO
実際にわたしの経験では、とある出版社の「ガイドブック香港編」のおすすめ観光ルートにて「横断歩道なし・片側4車線×2=計8車線」の道路を横断するルートが描かれているマップを見たことがあります。おそらく現地に行く予算もなく、机上(Google Maps)のみでルートを作成したのだと思われます。

日本の広告だらけのガイドブック(特に報酬バックの単価が高いリゾート系)に飽きてきた方には、ロンリープラネットを手にすることで「旅行の新たな楽しみ方」「日本のガイドブックだけでは発見できないような体験」のきっかけになると思いますのでおすすめです。

ただし、先述の通り最新版は英語版が主となり、日本語版はありません。出発まで日数があるのであれば、準備期間に日本語訳をしながらじっくり読み進めていくのもそれはそれで楽しいですし、不安な場合は日本人向けのガイドブック「地球の歩き方」をメインとしつつ、ロンリープラネットをサブのガイドブックとして位置づけすればよいのではないかと思います。

また、文章が中心な反面、掲載写真が少ないのもロンリープラネットの特徴で、ロンリープラネットに掲載された数少ない写真のほとんどはGetty ImagesやShutterstockなどストックフォトで購入したものとなります。この点については、写真共有SNSのInstagram(インスタグラム)を使えば問題なしでしょう。都市名・地名や観光施設の名称、レストランなどをハッシュタグ(#)検索すれば世界中の旅行者たちが投稿した写真を見れます。

ロンリープラネット 電子書籍版(PDF)

ロンリープラネット1冊のページ数は300ページ前後、中国やインドなどテーマが大きいエリアによっては1,000ページを超えるものもあります。LCCが普及し、ただでさえ手荷物を減らしたい現代の旅行スタイル(LCCは預け入れ手荷物に別料金がかかるので機内に持ち込みたい)において、分厚い本を持ち歩くというのは非合理的です。ロンリープラネットは電子書籍(PDF版)も出版されており、PDFでダウンロードすればiPadやKindleなどタブレットの大きな画面で電子書籍のように表示・閲覧できます。電子書籍版は紙の本よりも値段が安いのもメリットです。

ガイドブック(下記に記載しているのは一部です)のページ数・PDF版の価格は以下の通り。

ガイドブック名 ページ数 eBook版の価格
日本(Japan Travel Guide) 904ページ $14.06
台湾(TaiwanTravel Guide) 400ページ $13.13
香港(Hong Kong City guide) 320ページ $10.31
中国(China Travel Guide) 1056ページ $16.41
シンガポール(Singapore City Guide) 224ページ $11.25
マレーシア(Kuala Lumpur, Melaka & Penang Travel Guide) 264ページ $11.72
バリ島(Bali & LombokTravel Guide) 416ページ $14.06
インド(India Travel Guide) 1248ページ $16.41
アメリカ(USATravel Guide) 1216ページ $14.06
ハワイ(Hawaii Travel Guide) 672ページ $10.78
イタリア(Italy Travel Guide) 976ページ $13.13
イギリス(Great Britain Travel Guide) 1056ページ $14.06
ドイツ(Germany Travel Guide) 816ページ $13.13
フランス(France Travel Guide) 1000ページ $13.13
スペイン(Spain Travel Guide) 864ページ $13.13
モロッコ(Morocco Travel Guide) 512ページ $13.13

付け加えますと、PDF版では「チャプターごと」の購入も可能です。たとえば、イタリアのローマとフィレンツェの章だけ小分けで購入し、ミラノやフィレンツェなど他のエリアを省くこともできます。

ロンリープラネットの購入方法

ロンリープラネットの公式ウェブサイトの言語設定は、英語を中心にヨーロッパ圏の言語そして韓国語には対応しているものの、日本語や中国語には対応していないため購入する場合は英語の言語設定で購入することとなります。

各ガイドブックの購入画面(値段が表示されている画面)で「 Preview content」をクリックすると、どのような構成なのか?目次をチェックできますので、購入前にチェックしてみるのもありだと思います。

決済はVisaやマスターカードに加え、JCBも対応していますし、PayPalでの決済も可能です。購入手続きが完了すれば、すぐにダウンロードできます。

ロンリープラネットのプロモーションコード(割引クーポン)

ロンリープラネットからプロモーションコード(割引クーポン)のお知らせがメールで届きました。

ONE4FREE

[colwrap] [col2][/col2] [col2]Add to Cartでカートに追加した後、「Promo code」の欄にクーポンコードを入力し「Apply」をクリックすると値引きが反映されます。[/col2] [/colwrap]
MEMO
  • プロモ内容:2冊購入で1冊無料
  • プロモ期間:2017年11月23日〜2017年11月26日
  • プロモコード:ONE4FREE

まとめ

先述の通り、日本の出版社のガイドブックは広告・タイアップによるコンテンツ、ライターが現地に訪れていない、日本語版のみとなり、この収益構造は今後も変わらないでしょう。

日本のガイドブックといえば1979年に第1版が発売されたダイヤモンド社の「地球の歩き方」。日本語の日本人向けのガイドブックでどれを勧めるかと言われれば断然「地球の歩き方」をおすすめしますが、情報量および「実際に現地にライターが赴き取材をしているか?」という点においては到底ロンリープラネットに太刀打ちできないのが現状です。

今やウェブ上にはさまざまなサイト・コンテンツがあり、さらにはブログやSNSの普及により個人が情報を発信することも容易になった分、情報で溢れかえっています。今後は「誰が」「どのような立ち位置で」書いているのか?という点は(旅行だけに限らず)数多ある情報を取捨選択するうえで重要な指標になると思います。

日本語のガイドブックを見ながら旅行をするのに飽きてきた方は、ロンリープラネットを新たな旅の相棒にしてはいかがでしょう?旅の選択肢や自由度が増えるかもしれません。

Lonely Planet 公式サイト