サンミゲル市場(マドリッド)で食べ歩き|Mercado de San Miguel

サンミゲル市場

スペイン マドリッドのマヨール広場西側にある、サンミゲル市場(Mercado de San Miguel)

見渡す限り1人で訪れる人は皆無でしたが、1人でワイワイ(?)と楽しんできました。

サンミゲル広場(Mercado de San Miguel)

マドリッドのサンミゲル市場 サンミゲル市場の外観

観光客で賑わうマヨール広場から徒歩2分。幾種類ものストールが集まる市場、サンミゲル市場(Mercado de San Miguel)です。

一歩足を踏み入れると、そこは人の声や物音が入り交じるエネルギッシュな空間。長い通路が2本あり、左右にはスペインの代表する美味しそうなタパスが目に飛び込んできます。

サンミゲル市場

サンミゲル市場内は広くないため、まずは何が売っているのか?ガラス越しにじっくり見ながら散策してみるのがおすすめです。

もちろん、フライングスタートでお酒を片手に眺めるのもありでしょう。

サンミゲル広場 オリーブ サンミゲル広場 オリーブ

スペインといえばオリーブ!オリーブのピンチョは組み合わせによって€1.0・€1.5・€2.0の3種類。

ゴロゴロ転がっているニンニク風味のオリーブは店員さんがおまけで付けてくれました。オリーブはもちろん、唐辛子やトマト、アンチョビ、玉ねぎ、タコ、パプリカなどがピクルスのようにしっかりと酢漬けされています。

サングリア(€2.5)との相性も抜群です。

サンミゲル市場 生ハム サンミゲル市場のハモンイベリコ

生ハムといえばハモンイベリコということで生ハムのお店でハモンイベリコ(€13.65)を購入。もちろん美味しいんだけど、1人で食べきるには量が多く、塩分が致死量レベルなんじゃないか?と、すぐに恐れをなす…。

しかし結局止まることなく、赤ワインを飲みながら完食してしまいました。

屋台で売っている生ビールは、ベルギービールのマースとアフリゲム、ドイツビールのパウラナー。スペインのビールを飲みたかった!

サンミゲル市場のコロッケ

こちらもスペイン名物クロケッタ(コロッケ)のタパス専門屋台も。ここでは海老入りのクロケッタをいただきました。

スペインの生牡蠣を食べてみたかったけど、旅行初日でお腹を壊すのが怖くて断念。

他にもお寿司屋さんまであります。お寿司屋さんではキリン一番搾りやアサヒスーパードライの瓶が販売されてました。

この後サンミゲル市場を離れマドリッド王宮を観光。しかし、ホテルに戻るついでに再び吸い込まれるようにサンミゲル市場に立ち寄ってしまいました。何をやってるんだか。

再びオリーブと白サングリア。オリーブのピンチョスが美味しくて何度もおかわりしてしまいました。オリーブのピンチョス、おすすめです。

サンミゲル市場の場所・行き方・アクセス

サンミゲル市場の最寄り駅は、地下鉄2号線オペラ駅(Opera)から徒歩5分、地下鉄1、2、3号線の通るソル駅(Sol)から徒歩6分です。

周囲にはマヨール広場徒歩2分、マドリッド王宮徒歩7分、サンイシドロ教会徒歩4分。

サンミゲル市場の営業時間

住所 Plaza de San Miguel, s/n, 28005 Madrid
電話番号 +34 915 42 49 36
営業時間
  • 日〜水:10:00〜0:00
  • 金・土:10:00〜翌2:00

まとめ

スペインの市場、ハマりそうです。1人だったのにかなり楽しめました。もちろん、複数人で訪れたらもっと楽しいでしょうね!

お好みのピンチョスやタパスを買ってきて軽く飲む。飲み屋だとついつい長居しがちだけど、市場はお酒とおつまみ片手に立ち飲みでさくっと飲むのにぴったりです。日本にもサンミゲル市場のような場所があるといいな。

ちなみにホテルに戻った後懲りずにもう一度行こうと思っていたのですが、眠気に負けて行けずじまいでしたとさ。

マドリードの地下鉄 乗り方・路線図・料金

2017.03.06

レンフェ(Renfe)スペイン国鉄のチケット予約・購入方法

2016.12.21

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。