Priceline.com(プライスライン)のExpress Dealsでホテル格安予約

Priceline.com Express Deals

ホテル予約サイトBooking.com(オランダ)やagoda(シンガポール)、航空券予約サイトKAYAK(アメリカ)を有する世界最大級の旅行会社、Pricelineグループ

Pricelineグループの運営するホテル予約サイトPriceline.com(プライスラインドットコム)は日本語未対応ながら、格安でホテル予約できる面白いシステムがあるため、今回海外のホテル予約で利用してみました。

ここでは、Priceline.comの格安予約 Express Deals(エクスプレス ディールス)のシステムから利用方法、実際に使ってみた感想を書いてみます。

Express Deals(エクスプレス ディールス)

Priceline.com Express Deals

Express Deals(エクスプレス ディールス)は、priceline.comのホテル予約方法のひとつ。他のホテル予約サイトと同様に宿泊希望日時と希望エリア(例:マドリッド、シンガポール、東京…など)を入力して検索をかけると、ホテル名を伏せたリストが表示されます。

priceline.com

ホテル名を伏せたリストから把握できるのは主に以下のデータ。

  • 宿泊価格(最大60%OFF)
  • 宿泊するエリア
  • レーティング(星)
  • 口コミ評価(10点満点)
  • アメニティ(フリーWiFi、レストラン、フィットネスセンターなどの有無)

ホテル名が伏せられている(わからない)ため、どのホテルに宿泊できるかは予約してからのお楽しみ!ただし、宿泊価格は格安で提供されるというものです。

目的地がわからないミステリーツアーならぬ、宿泊ホテルがわからないミステリーホテルという仕組みです。

Express Dealsのメリット・デメリット

Express Dealsを利用する宿泊予約者側の最大のメリットは、宿泊価格を節約できること。

一方デメリットとしては、およその宿泊エリアしか把握できないため、分単位のスケジュールを作るのはホテルの予約・決済後でないと厳しいという点。また、宿泊予約はすべて事前決済プラン(キャンセル無料の現地決済プランは取り扱いなし)となるため、キャンセルを容易にできないということが挙げられます。

航空券は取得済み、現地ではSIMカード購入やWiFiレンタルなどでネット環境にある。しかしホテルの宿泊予約はしていないということであれば、現地で観光をしながらExpress Dealsでホテル格安予約するという旅のスタイルも選択肢として広がります。

他方、ホテル側のメリットには、ホテル名を伏せた状態でお部屋をマーケットに提供することで安売り投げ売りをしている姿を晒すことなく、空き部屋を埋めることができるというメリットがあります。

Express Dealsを使ってホテルを格安予約してみる

今回のスペイン旅にあたり「ココに宿泊したい!(指名)」というホテルについては、満室リスクを避けるため事前にBooking.comで予約を済ませました。

Booking.com

宿泊価格が高く「ホテルランクを維持できればOK、安く宿泊したい!」という首都マドリッドのホテルは直前のセールを待って予約します。翌朝発の鉄道チケットを予約済みのためホテルが出発駅から遠い場合は不便ではありますが、反面ホテルの宿泊コストを抑えられるのは嬉しいところ。

今回、Priceline.comのExperess Dealsを使ってマドリッドのホテル予約をしてみます。

https://www.priceline.com/

宿泊場所(Destination)とチェックイン日・チェックアウト日を選んで検索。

検索後の画面は、他のホテル予約サイトと同じです。左側にあるExpress Dealsのバナーをクリックします。

Express Dealsで提供されているお部屋の一覧が表示されました。左の設定画面でレーティングやPrice Rangeなどの設定を変えることにより絞り込み可能。

5スターホテルに絞り込んでみると、$237→$187のホテルと$301→$166のホテルが表示されました。もちろん、ホテル名は伏せられています(アイキャッチの画像は、イメージ画像のため、実際のお部屋の写真とは異なります)。

気になるホテルの地図マークをクリックすると、対象ホテルのエリアが表示されます。このホテルの立地はこのゾーンの中にあるということです。レーティングは5ツ星、口コミは10点満点中9点以上、立地も自分の好みのエリアなので、詳細をチェックしてみます。

右上のトップアメニティにあるView allをクリックすると、このホテルのアメニティ一覧を表示できます。

予約画面も英語ですが、特段難しい点はありません。決済方法はカード(Visa、MasterCard、DISCOVER、AMERICAN EXPRESS)またはPayPalを選べます。繰り返しになりますが、予約と同時に即決済のため、キャンセルはできません。

Book My Hotel Nowをクリックで、予約完了。

予約完了するとホテルがわかる

画面が遷移すると、今回の予約ホテルの種明かしです!今回はスペインの大手ホテルチェーン、NHホテルズの五ツ星ホテルでした。宿泊価格は$166(予約当時のレートで約19,400円)、税金含めて$194.29(22,700円)。

Rate provieded byの部分に注目すると、agoda.comの表示があります。今回の宿泊価格はagodaのタイムセール価格だったようです。

ホテル価格の比較ができるトリップアドバイザーを見てみると、最安値を提示しているagodaの宿泊価格は31,779円。

MEMO
トリップアドバイザーは過去のキャッシュを読み込んでいるだけなので、最新のセール情報まで提供できていないという証左です。

実際にagodaのホテル個別ページに飛んでみると、今回の格安プランは「今日のSpecial(今だけ数量限定)」で提供されていました。

www.agoda.com

NHホテルズの公式ウェブサイトでも同じ日程で宿泊価格をチェックしてみると、一泊€263.12(予約当時のレートで約32,400円)。

公式ウェブサイトをチェックしてみても、今回わたしが予約した金額・プランはかなり格安だったことがわかります。以下、簡単な比較です。

Priceline.com(Express Deals) 19,400円
NHホテルズ 32,400円
トリップアドバイザーのキャッシュ 31,779円

おわりに

Priceline.comのExpress Deals(ミステリーホテル)という予約システムは、宿泊価格を抑えたい、ある程度エリアさえ絞れていればいい、ホテル予約サイトをひとつひとつチェックする時間を省きたい、という方には適した予約システムと思います。

また、何が出てくるかわからない、ガチャガチャのような面白さもあります。通常のホテル予約に飽きた方は、バリエーションとして試してみるのもアリかもしれません。

priceline.com(プライスライン)公式サイト

Kaligo(カリゴ)はマイルが貯まるホテル予約サイト