台北 象山自然歩道のノスタルジックな夜景|Elephant Mountain

台北の象山から望む夜景

台北の市街地の東にある緑豊かな山、四獣山。四獣山のひとつで市内から最もアクセスしやすい山が象山(Elephant Mountain)です。台湾名ではシャンシャン(Xiangshan)。

台北101からわずか1.3kmの距離にある高さ183mの象山山頂からは、台北101および台北市内の風景を望めます。象山へ向かうトレイルコースが象山自然歩道(Elephant Mountain Hiking Trail)です。

この記事では象山の地図やアクセスルート、山頂からの景色については初めて訪れた2011年5月の写真・再訪した2017年9月の写真を比較してご紹介したいと思います。

象山の場所・行き方・アクセス

MRT信義線象山駅

MRT信義線「象山駅」2番出口

象山の地下鉄最寄り駅はMRT信義線の終点「象山駅」2番出口です。象山へアクセスする場合の入口は主に3つあります。

ルート名称 補足 象山駅から六巨石までの所要時間目安
1.北星賓宮歩道 中強公園南側の登山道 約25分
2.市療歩道 臺北市立聯合醫院松德院區の脇にある登山道 約40分
3.永春崗歩道 永春崗公園 約50分
象山のアクセスマップ

象山自然歩道のアクセスマップ(※クリックで拡大します)

初めて訪れた時のルートは北星寶宮步道で六巨石までの往復、2度目に訪れた際には北星寶宮步道から六巨石を抜けて一線天に立ち寄り永春崗歩道から下山するルートで行きました。

個人的には初めての台湾旅行で旅程が2泊3日や3泊4日など短期滞在の場合は「北星寶宮步道で六巨石まで行きUターンするルート」を推奨します。加えて時間に余裕があれば一線天まで足を伸ばして帰ってくるのもよいかもしれません。

先出の象山自然歩道の「案内マップ」はMRT象山駅2番出口を出た目の前正面にあります。

2011年に訪れた時と比較すると現在は象山自然歩道入り口までの案内看板が随所に設置されており、迷う心配はありません。

象山自然歩道(Elephant Mountain Hiking Trail)

象山自然歩道 北星寶宮步道の入口

北星寶宮步道の入口

台北市内から象山の山頂までのルートは登山道です。足元はすべて石畳で舗装されています。ただし傾斜は急なので登り下りには注意。

象山自然歩道の階段

象を模したモニュメントも随所に増えていました。上記写真はベンチ。途中でゆっくり休憩です。

階段の途中で四獣山歩道の踏み石を発見。四獣山(しじゅうさん)とは獅子、虎、豹、象を指す。

明朝末期から伝わる伝説によれば、明朝の軍人 鄭成功が4つの獣が空で悪さをしているのを発見したので宝剣で退治したところ、4つの山になり四獣山という名前が名付けられたのだとか。

六巨石 Six Giant Rocks

象山 六巨石

象山 六巨石

象山の頂上付近にある六巨石(Six Giant Rocks)に到着。

その名の通り6つの巨大な石、というよりも岩が並んでおり、その巨大岩の上に登りバックに台北101を入れて撮影するのが定番。現地の案内によればこの巨大石は1800万年〜2200万年前の堆積砂岩によってつくられたとのこと。

象山からの台北101の眺望

展望台からの写真。2017年9月撮影。

象山 象の鼻

象山の由来は山の形が寝ている象の姿に似ていることから名付けられており、北方面にその「象の鼻」を確認できます。

象山山頂からの夜景

img_3827c

2011年5月の夕方に訪れた時の写真(夕景・夜景)。巨大な岩の上から撮影するのがベストポジションです。刻々と沈む夕日を眺めながら、夜を待ちましょう。

象山から望む台北101

台北象山からの夕日

夕日が沈む方角には台湾桃園国際空港があるため、離着陸する飛行機と夕焼けのコラボも楽しめます。まさに、Nostalgic Taipei!

台北の象山から望む夜景

一眼レフカメラで撮影した夜景のベストショット。先ほどの写真(2017年9月)と比較すると、高層ビルが圧倒的に少ない。わずか数年でこれだけ眺望が変わるとは!数年後また訪れて、台北の街並みの変遷を見てみるのも面白そうです。

一線天

象山 一線天

巨大な岩石が山の斜面で踏みとどまり、岩石と岩石の間に人1人通れる隙間が残った一線天(A Thread of Sky)

象山 一線天

夏は涼しく、冬は暖かい。この日も湿度が高く蒸し暑い一日でしたが、岩と岩の隙間は断熱性が高いのか涼しかったです。一線天はどうも写真だとイマイチ感じが伝わらないので、動画でも残しておきます。

おわりに

象山自然歩道の頂上付近や山中では、東京23区にはまずいないであろう大きな蝶やカタツムリなどを見ることもできました。

都心部にこれほどまでに緑豊かな山が残っているのは驚くばかり。象山へのルートは自然歩道のため、もちろん無料です。出版社側にとっては紹介するメリットが少ないためガイドブックでは取り扱いが小さく、その分だけ訪れる価値があると思います。

個人的には、台北101の展望台から見る風景よりも、象山の六巨石から見る夜景の方が、苦労して登った分もあり格別でした。事前に天候をチェックしたうえで、象山から望む美しい台北市内の景色を楽しんでみてください。

台北101展望台からの夜景
台北101の展望台|Taipei101(台湾)
台湾の新幹線
台湾の新幹線 割引・乗り方まとめ(台湾高速鉄道、台灣高鐵)