ミレニアムヒルトンバンコクのルーフトップバー360(Three Sixty)

ミレニアムヒルトン ルーフトップバー

バンコク チャオプラヤー川周辺の眺望を楽しめるルーフトップバー、ミレミアムヒルトンバンコク(Millennium Hilton Bangkok)の360(Three Sixty)に訪れました。

スポンサーリンク

ミレニアムヒルトンバンコク 360(Three Sixty)

ミレニアムヒルトンバンコク

チャオプラヤー川の左岸に位置するミレニアムヒルトンバンコク(Millennium Hilton Bangkok)。キングタクシンブリッジから約1km北側です。

ミレニアムヒルトンバンコク 360

ミレニアムヒルトンバンコクの屋上33階に位置する、スリーシックスティ(360、Three Sixty)。ミレニアムヒルトンバンコクはカードキータッチ式のエレベーターではないため、宿泊者でなくとも容易にアクセスできます。

ミレニアムヒルトンバンコク ルーフトップバー ミレニアムヒルトン ルーフトップバー

客層を見ると欧米人を中心に、韓国人や中国人などの観光客が多いです。

img_6775c

ドリンクはカクテル全般450バーツ(約1,460円)、モクテルは270バーツ(約873円)。突き出しのおつまみは塩分濃い目のナッツ。

柵の向こう側は一階まで何もないため、結構怖い。

aoitrip@Japanさん(@aoitrip.jp)が投稿した動画

img_6801c

ここからは眺望をご紹介していきましょう。

南側方面を見おろして。左手にマンダリンオリエンタル、中央にシャングリラ、チャオプラヤー川右手の高層タワーはザペニンシュラです。時折、色とりどりのネオンで輝くボートが音楽を鳴らしながら川を下ります。

ちなみに、2016年12月に訪れたタイミングではミレニアムヒルトンバンコクの南側に隣接する敷地が絶賛工事中でして、夜間も蛍光灯色の青白い光がギラギラしていて残念でした。上の写真ではギリギリで切って撮影してます。

img_6793c

スリーシックスティに訪れる前に夕食を食べた、ザペニンシュラのティプタラ周辺のバンヤンツリーが見えます。左手奥で光りを放つのはBTSのサバーンタクシン駅Exit2最寄りの船着場です。

img_6832c

南西には2012にオープンしたアジアティークザリバーフロントの観覧車。

img_6759c

真北方面。

img_6788c

北西方面。チャオプラヤー川が弓のように湾曲する部分。

img_6814c

中央に輝くのはワットアルン…だと当日は思っていましたが、後日Raw現像の際によくよく見てみると手前のPrayurawongsawas Waraviharn Templeという寺院だったようです。

今回の旅のタイミングではワットアルンが修復工事のために足場が組まれており、夜のライトアップもなかった模様。

img_6815c

ワットポーとワットプラケオはしっかりと。

感想・まとめ

特段何か感動的な眺望があるか?というとそうでもないです。チャオプラヤー川周辺の観光を楽しんだ後、訪れた場所を指さして振り返りながら眺望を楽しむのがよいのではないでしょうか。

今回は木曜日の20時頃訪れてみましたが、外側のソファは半分程空席。21時頃に出るときには北側も南側もほぼ満席でした。

ミレニアムヒルトンバンコクの場所・行き方・アクセス

img_6895c

ミレニアムヒルトンバンコクまでは、BTSサバーンタクシン駅Exit2のCentral Pierからホテル専用のシャトルボートが出ています。

360(Three Sixty)の営業時間

住所 123 Charoennakorn Road, Khwaeng Khlong Ton Sai, Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon, Thailand
電話番号 +64 2 442 2000
営業時間 17:00~01:00
カード決済
ドレスコード スマートカジュアル

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。