珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

富良野の森「ニングルテラス」の奥深くにある喫茶店、珈琲 森の時計へ。

珈琲 森の時計

珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

新富良野プリンスホテルの東側に広がる、白樺とカラマツの森。

15棟のログハウスが並ぶニングルテラスを抜け、落ち葉の絨毯を歩いた先にある暗がりの中の喫茶店。

珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

www.princehotels.co.jp/shinfurano/restaurant/morinotokei/

森の時計は脚本家 倉本聰氏の描いたドラマ『優しい時間』で、主人公が開いた喫茶店。
ドラマの撮影で使われた空間が、富良野の森の中にそのまま保存されています。

珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

珈琲 森の時計|富良野の森の中にある喫茶店

ブレンドコーヒーを注文すると客席に運ばれてくるミル。
お客さんが自らミルを使い、珈琲豆を挽くことができる。
この点は、物語の喫茶店「森の時計」と同じ。

ぎこちなくもギコギコと音を立てながら豆を挽くのはなかなか心地が良く、豆を挽いた後は引き出しの小箱を開けて香りも楽しめます。

富良野・森の時計のブレンドコーヒーとチョコレートケーキ初雪

富良野・森の時計のチョコレートケーキ初雪

初雪をイメージしたガトーショコラ、初雪。
濃厚で上品な味わい。

富良野・森の時計のブレンドコーヒーとチョコレートケーキ初雪

富良野の森を抜けて自ら珈琲豆を挽き、チョコレートケーキと合わせていただく、贅沢な時間。

珈琲 森の時計のカウンター

従来であれば、カウンター席で珈琲豆を挽けるそうです。

富良野のニングルテラス

森の職人たちが黙々と作業をする、ニングルテラスの雰囲気も素敵。

木の板が張り巡らされた歩道はゆるやかに湾曲しており、道を歩いていると絶妙なタイミングで次のログハウスが見えてくる。

富良野のニングルテラス

富良野のニングルテラス

富良野のニングルテラス

今回は夏の夕暮れ時、森の中に太陽光が届かなくなり照明が点灯した時間帯に訪問。

いつか、冬の雪景色も見てみたい。

森の時計の場所・行き方・アクセス

マップコード:919 553 424
新富良野プリンスホテルの駐車場から、ニングルテラスを抜けて徒歩約10分。
JR富良野駅から新富良野プリンスホテルまで車で約12分。

shares