羽田空港国際線トランジットホテルのラウンジ

今回、羽田空港国際線ターミナル直結のロイヤルパークホテルザ羽田に宿泊した際に、出国エリアのトランジットホテルラウンジの無料利用券をいただいたので、訪れてみました。

ロイヤルパークホテルザ羽田トランジット(Royal Park Hotel the Haneda Transit)のラウンジです。

ロイヤルパークホテルザ羽田トランジット

羽田空港 トランジットホテル 入り口

ロイヤルパークホテルザ羽田トランジットの入り口は、出国審査後のフードコートTokyo Sky Kitchen(六厘舎のあるフードコート)の向かいにあります。…しかし、まったく人の気配がない。

img_5512c

img_5514c

有名なデザイナーが入っているのか?かなりインパクトのあるフロント周辺。

フロントにスタッフはおらず。ベルを鳴らしてスタッフを呼び、ホテル宿泊時にもらったトランジットラウンジ利用券を手渡し、ラウンジに入ります。スタッフの顔が死んでいる…よほど暇なのでしょう。

img_5515c

ロイヤルパークホテルザ羽田トランジットの料金表

ロイヤルパークホテルザ羽田 トランジット 料金

ロイヤルパークホテルザ羽田トランジットは、トランジットホテルとリフレッシュルーム(シャワールーム)の2種類。ラウンジは、トランジットホテルおよびリフレッシュルームの利用者が利用できるラウンジとなります。

わたしは今回ロイヤルパークホテルザ羽田の宿泊特典でトランジットラウンジを利用しましたが、ラウンジだけの利用はかなりレアケースのようです。

ロイヤルパークホテルザ羽田トランジットのラウンジ

img_5517c

img_5524c

一般的なラウンジと比較するとかなり狭いです。最大収容人数は20人位でしょうか?…それよりも、誰もいない。

img_5518c

img_5525c

ポテトチップスやワッフル、ドーナツ、クッキー、カップ麺のサービス。

img_5533c

img_5535c

ドリンク類はキューリグのコーヒーメーカーでコーヒーやレモンティーをいただけます。冷蔵庫にはミネラルウォーターとアップルジュース。

img_5520c

読み物関連は日本経済新聞やウォールストリートジャーナル、フォーブスなど。

img_5534c

img_5550c

すべての座席ではありませんが、コンセントも配備。

img_5526c

モニターでは国際線の出発便の搭乗状況も確認できます。

img_5531c

トランジットラウンジからの眺望。東京モノレールや多摩川など南西方面です。ここロイヤルパークホテルザ羽田トランジットはロイヤルパークホテルザ羽田の5階に位置しています。

感想・まとめ

img_5543c

今回、搭乗時刻までの約1時間ほどトランジットラウンジに滞在しましたが、ラウンジには自分たち以外に誰も来ませんでした。クレジットカードラウンジのスカイラウンジやスカイラウンジアネックスなどはかなり混み合っている印象ですので、フライト前に静寂空間でゆっくり過ごしたい方にとっては、ロイヤルパークホテルザ羽田トランジットのラウンジはかなり快適といえます。

img_5553c

現実的には、トランジットあるいはストップオーバーの際の「宿泊およびシャワールームの利用」がメインであり、ラウンジの利用はおまけ程度の位置付けです。羽田空港でトランジット・ストップオーバー予定の方は訪れてみてはいかがでしょうか…。

とは言ってみたものの、アジアのハブ空港としての地位についてシンガポールのチャンギ国際空港や韓国の仁川国際空港に水をあけられている昨今、羽田空港でトランジットする人なんているのか?という致命的なツッコミもしたくなる現実。

誰もいない妙な静けさから、日本の空港計画の失敗、羽田ー成田のアクセスの悪さなど、悲しい現実が垣間見えるのでした。

羽田空港国際線ターミナルの制限エリア外(パブリックエリア)のホテル・シャワールームについては、下記の記事にまとめています。

羽田空港国際線のTIATシャワールーム
ロイヤルパークホテルザ羽田 プレミアムスーペリアツインルーム
ロイヤル パーク ホテル ザ 羽田 宿泊記|Royal Park Hotel the Haneda