知床観光船おーろら乗船記|Shiretoko Ship Aurora

知床観光船おーろらから望むカムイワッカ湯の滝

北海道 知床半島ウトロ港を発着する観光船、知床観光船おーろら(Shiretoko Ship Aurora)に乗船。

展望デッキから撮影した写真を掲載しています。

知床観光船おーろら Shiretoko Ship Aurora

知床観光船おーろら

知床ウトロ港に停泊する、知床観光光船おーろら(Shiretoko Ship Aurora)

知床半島オホーツク海側をゆっくりと北上する船内からは、果てしない年月をかけて流氷が削り取った切り立つ岩壁、運が良ければヒグマを見ることができます。

知床観光船おーろら

知床観光船おーろらの航路は2種類、「カムイワッカの滝航路」「秘境知床岬航路」。

「カムイワッカの滝航路」ではカムイワッカの滝にてUターン、「秘境知床岬航路」では陸路では訪れることのできない「知床岬」を見て戻ります。

知床観光船おーろらの船内

知床観光船おーろらの展望デッキ

知床観光船おーろら

ウトロの山の上。
ウトロ香川エリアにある知床第一ホテル、KIKI知床ナチュラルリゾート夕陽台展望台を眺めながら出航。

知床観知床観光船おーろら光船おーろら

プユニ岬

プユニ岬

高台にあるプユニ岬展望台からは見ることができない、プユニ岬(Cape Puyuni)の先端。
アイヌ語で「穴のあるところ」の意。

乙女の涙(フレペの滝)

乙女の涙(フレペの滝)

プユニ岬の向こう側の窪みにある、フレペの滝(Furepe Fall)。

通称「乙女の涙」とも呼ばれるその滝の流れは、肉眼で見るのが難しいほどに繊細。

男の涙

知床半島 男の涙

男の涙。
乙女の涙よりも多少荒々しさを感じる。

象岩

知床半島 象岩

象の鼻、象岩とも呼ばれる、独特な形状をした岩壁。

クンネポール

クンネポール

クンネポール

知床半島に息づく複合的な生態系の物語の上流にあるのは、冬にやってくる「流氷(Drift Ice)」。
その流氷が悠久の時を経て削り取った穴、クンネポールが見えます。

アイヌ語で「黒い洞窟」を意味する無数の穴。
かつてアイヌの人たちも、丸木舟の上から同じような景色を眺めていたのでしょうか。

知床観光船おーろら

知床観光船おーろら

霧中の知床五湖。

知床観光船おーろら

霞が覆いかぶさる知床半島。
今回はカムイワッカの滝航路のため、湯の滝の前で折り返しです。

カムイワッカ湯の滝

知床観光船おーろら カムイワッカの滝航路 カムイワッカ湯の滝

知床観光船おーろらから望むカムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝
温泉の湯と川の水が混ざる滝は、陸地側で見るのとでは大きく表情が異なります。

知床観光船おーろらから望むカムイワッカ湯の滝

知床観光船

1時間30分の船旅の中で、陸地にヒグマが現れる場面は2度ありました(上の写真にも一応ヒグマが写っています)。

船から陸までは距離があるため、目視でヒグマを確認するのは困難。
ヒグマを見たい場合には、船内の売店で双眼鏡のレンタル(有料)、あるいは、別途小さな小型船のツアーに参加する方が良いかもしれません。

オロンコ岩 Oronko Rock

知床半島のゴジラ岩

北こぶしリゾート

知床観光船おーろらの場所・行き方・アクセス

知床観光船おーろらのチケット売り場は、上のマップで示した「道東観光開発ウトロ営業所」です。

船の乗り場・駐車場は、オロンコ岩のトンネルを抜けた先にあります。

知床国立公園 北海道 知床国立公園 旅行記 Shiretoko National Park, Hokkaido

<< 知床国立公園 旅行記に戻る