台湾のSIMカードを購入(桃園空港T1・T2、台北松山空港)

台湾大哥大SIMカード

台湾の桃園国際空港でSIMカードを購入しました。桃園国際空港と台北松山空港のSIMカード料金・購入場所のまとめです。

台湾のSIMカード

台湾桃園国際空港、台北松山空港共に到着ゲートを出た先に「SIMカード売り場」があります(各空港のSIMカード購入場所は後述)。

台北桃園国際空港ターミナル1・ターミナル2のカウンターで販売しているSIMカードの通信会社は主に3社。

  1. 中華電信
  2. 台湾大哥大
  3. 遠傳電信

台北松山空港のSIMカード売り場「電信服務」カウンターで売っているSIMカードの通信会社は、中華電信となります。

台湾のSIMカードの料金表(中華電信、台湾大哥大、遠傳電信)

SIMカード購入にかかる各社料金表(中華電信、台湾大哥大、遠傳電信)は下記の通り。

中華電信 Chunghwa Telecom

中華電信SIMカードの価格表

台湾大哥大 Taiwan Mobile

台湾大哥大SIMカードの価格表

遠傳電信 Far EasTone Telecommunications

遠傳電信SIMカードの料金表

中華電信、台湾大哥大、遠傳電信3社ともにデータ通信量は無制限。1日あたりの通信容量を気にする必要がなく、動画やマップも見放題です。

SIMカードの料金はどの通信会社もほぼ同じです。3日間でNT$300、5日間NT$300、7日間NT$450ないしは500。

細かな違いは「無料通話のオプション(Free voice)」です。台湾への渡航目的がビジネスであれば必要かもしれませんが、観光目的であれば今はLINEでデータ通話もできますので必要ないでしょう。

台湾大哥大SIMカード

今回は台湾大哥大のSIMカードを購入しました。設定はすべてスタッフの方にお任せ。接続については問題なく、台北はもちろんのこと、高雄に向かう新幹線車内、高雄周辺でも問題なくネットに接続できました。

実際に各社のSIMカードをすべて比較したわけではないので繋がりやすさについて明確なことは言えませんが、玉山の山頂や金門島、膨湖諸島などの郊外へ行ってようやく多少の違いが分かる程度なのではないでしょうか。普通に台湾観光する分であれば、どの通信会社のSIMカードを購入しても大差ないのではと思います。

SIMカードの購入場所(桃園空港、松山空港)

桃園空港、松山空港ともに「電信服務(Telecommunication Service)」のカウンターにてSIMカードを購入できます。

台湾桃園国際空港ターミナル1 Taiwan Taoyuan International Airport 1

台湾桃園国際空港ターミナル1の案内マップ

台湾桃園国際空港ターミナル1のマップ(※クリックで拡大します)

台湾桃園国際空港ターミナル1の場合、到着ゲートを出て「右側」にある電信服務のカウンターでSIMカードを購入できます。

台湾桃園国際空港ターミナル1のSIMカード売り場

台湾桃園空港ターミナル2 Taiwan Taoyuan International Airport 2

台湾桃園国際空港ターミナル2到着階の案内マップ

台湾桃園国際空港ターミナル2のマップ(※クリックで拡大します)

台湾桃園国際空港ターミナル2の場合、到着ゲートを出て「左側」にSIMカード売り場があります。

台湾桃園国際空港ターミナル2のSIMカード売り場

台北松山空港 Taipei Songshan Airport

台北松山空港ターミナル到着階の案内マップ

台北松山空港ターミナルのマップ(※クリックで拡大します)

台北松山空港については、到着ゲートを出た「正面左手」にSIMカードのショップがあります。台北松山空港で販売しているSIMカードの通信会社は中華電信のみです。

台北松山空港 中華電信SIMカード売り場

まとめ

台湾のSIMカードは価格が安いですし、何より「データ通信量無制限」という点が便利。1日あたりのデータ通信量が決まっている場合、通信量を抑えるためにホテルではWiFiに繋いだりする必要がありますが、その心配がいらない。SIMフリースマホをお持ちであれば、現地でSIMカード購入が断然おすすめです。

MEMO
スマホにSIMカードを挿入してインターネットに接続する場合、SIMフリーのスマートフォンが必要です)

大手キャリア(docomo、au、SoftBank)でSIMロックがかかっているスマホの場合、事前に日本でSIMロック解除が必要になります。

人数が多い場合には各々がSIMカードを購入するのではなく、ポケットWiFiを1台レンタルしてシェアするのもひとつの手でしょう。ポケットWiFiの場合、WiFiルーターの「電池残量」を気にかける必要があるのはデメリットですが、人数が多ければ多いほど「1人あたりの単価」は安くなるはず。

仮にポケットWiFiを借りるにしても、日本で借りるよりも台湾現地で借りた方が安いです。

台北101展望台からの夜景
台北101の展望台|Taipei101(台湾)
台湾の新幹線
台湾の新幹線 割引・乗り方まとめ(台湾高速鉄道、台灣高鐵)