奥武島の畳石 まるで亀の甲羅?

奥武島の畳石

約600万年前の火山の溶岩により生まれた景勝地、奥武島の畳石(たたみいし)を訪れました。

奥武島の畳石 Tatamiishi

奥武島の畳石

約600万年前に起こった火山活動によって溶岩が固まってできた岩の柱、奥武島の畳石(Tatamiishi)
国の天然記念物に指定されている名勝です。

奥武島の畳石

干潮時になると海岸線に畳石が出現します。

奥武島の畳石は直径1〜2mとサイズが大きく、珍しいのだとか。
一見表面だけに連なっているように見えますが、実際には柱状で、地下奥深くまで縦に伸びています。

形状は亀の甲羅のような六角形のものが多いですが、五角形や七角形の形状した石もあります。

奥武島の畳石

奥武島の畳石

奥武島の畳石

場所はバーデハウス久米島の目の前。

奥武島の畳石

久米島の比屋定方面にある「熱帯魚の家」同様、逃げ遅れた魚が畳石の中で泳ぐ姿も。

奥武島の畳石

干潮時は歩いて潮干狩りする人の姿も見えました。

奥武島の畳石

別の時間帯にも訪れてみましたが、潮位が上がり満潮に近づいてくると畳石を歩くのは少し大変かも。
事前に干潮・満潮の情報をチェックされておくとよいかと思います。

www.tenki.jp/wave/10/50/80.html

畳石の説明

畳石の場所・行き方・アクセス

奥武島の畳石の場所はバーデハウス久米島前。

レンタカーの場合、久米島空港から約20分。
駐車場(無料)へ駐車可。

バスの場合、イーフビーチ方面とサイプレス方面を接続する「無料シャトルバス」と「久米島町営バス」の2種類あります。

無料シャトルバス|バーデハウス久米島
町営バス時刻表|久米島町ウェブサイト

バーデハウス久米島の隣には「久米島ウミガメ館」があります。