東京エディション虎ノ門 宿泊記|The Tokyo Edition, Toranomon

東京エディション虎ノ門 宿泊記|The Tokyo Edition Toranomon

マリオットBonvoyのラグジュアリーホテルブランド、東京エディション虎ノ門(The Tokyo Edition, Toranomon)のホテル宿泊記です。

東京エディション虎ノ門 The Tokyo Edition, Toranomon

東京エディション虎ノ門 The Tokyo Edition Toranomon

東京エディション虎ノ門のホテル外観 ザリッツカールトン東京から

東京エディション虎ノ門のホテル外観 ザウェスティンホテル東京から

東京の虎ノ門・神谷町に誕生した東京ワールドゲート。
高層階に入る、東京エディション虎ノ門(The Tokyo Edition, Toranomon)に宿泊しました。

エディション(Edition)は、アメリカの起業家・ホテル経営者であるイアン シュレーガー(Ian Schrager)氏がマリオットインターナショナルとパートナーシップを結び世界展開する、マリオットBonvoyのラグジュアリーホテルブランド。
斬新でユニークなコンセプトのホテルには、過去に、ザ バルセロナ エディションに宿泊したことがあります。

東京エディション虎ノ門の運営は森トラスト。

立地は、東京メトロ日比谷線「神谷町駅」からほぼ直結。
改札からホテルのメインエントランスまで徒歩5分程度です。

東京エディション虎ノ門のホテル入り口

東京エディション虎ノ門のホテル入り口

東京エディション虎ノ門 森万里子さんのオブジェ

高級感のある黒大理石の床と白のヴォールトのコントラストが美しいエントランス。
エレベーターホールの角にあるのは、美術家 森万里子さんのオブジェです。
31Fのロビーへ向かいます。

東京エディション虎ノ門

東京エディション虎ノ門のロビー

31F、ロビー階。
まず目に入るのは倉俣史朗氏の作品『How High the Moon』。

そして、緑のアーチの奥に見えるのは、ホテルのロビーとバーが一体となった空間。

東京エディション虎ノ門 建築家 隈研吾氏が設計した寺院から着想を得た天井部の「大和張り」

建築家 隈研吾氏が設計した寺院から着想を得た天井部の「大和張り」

建築家 隈研吾氏が設計したこちらの空間で目を引くのは、寺院から着想を得た天井部の「大和張り」。
使われている木材はオーク材。
明るい色でペイントしたライトステインドオークとのことでした。

東京エディション虎ノ門のロビー

東京エディション虎ノ門 チタンエリート特典

レセプションにてチェックイン。

上記はMarriott Bonvoyのチタンエリート宿泊特典です。
ウェルカムギフトとして1,000ポイント、客室のアップグレード、16:00までのレイトチェックアウト確約がありました。
ホテル内にクラブラウンジはありません。

東京エディション虎ノ門

東京エディション虎ノ門

東京エディション虎ノ門の31Fフロアマップ

ホテルの総客室数は206室。
内、スイートが22室です。

東京エディション虎ノ門 木製のルームキー

東京エディション虎ノ門 木製のルームキー

東京エディション虎ノ門ではサスティナブルをコンセプトに掲げており、さまざまなアイテムがプラスチックフリーになっています。

例えば、ルームキーの素材は木材。

スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門の客室 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

宿泊する客室はスタジオ テラス キング(Studio Terrace, King)

ロビー階と同じ31Fに位置しており、北面にウッドテラスが配されたお部屋です。
客室の広さは44㎡。

ベッドルーム

東京エディション虎ノ門の客室 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門 ウェルカムスイーツ

東京エディション虎ノ門 ウェルカムスイーツ

テーブルにはご用意いただいたウェルカムスイーツ。
抹茶味の生チョコレートです。

東京エディション虎ノ門の客室 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門の客室 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門の客室 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門の客室

フローリングの床材と一体感のあるワークデスク。
一切の無駄を排しており、シンプルでスタイリッシュです。

東京エディション虎ノ門の客室

東京エディション虎ノ門の客室

コンセントとUSBの差込口は、ワンタッチで開閉できるプレートで隠されています。

東京エディション虎ノ門

東京エディション虎ノ門

ロビー同様、建築家の隈研吾氏が内装を手がけた客室内。
壁面のルーバーがアクセントに。

スイッチはすべてサイドテーブルにまとまっています。
カーテンはボタンで自動開閉。

東京エディション虎ノ門 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

こちらの客室はキッチン付きで、IHコンロ・電子オーブン・シンクとたっぷりのキッチン収納があります。

東京エディション虎ノ門 スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門のミニバー

東京エディション虎ノ門のお茶

ミニバーのお酒・お菓子の多くは国産のものを使用。

お茶は煎茶とほうじ茶の2種類用意がありました。
その他、Harney & Sonsのティーバッグが4つ。
ネスプレッソは6カプセル。

東京エディション虎ノ門の紙パックミネラルウォーター

ミネラルウォーターのボトルは、ペットボトルを使わず紙パック。

東京エディション虎ノ門のネスプレッソ

東京エディション虎ノ門のミニバー

東京エディション虎ノ門のミニバー

東京エディション虎ノ門のクローゼット

東京エディション虎ノ門のバスローブ

東京エディション虎ノ門のルームウェア

エディションのロゴが入ったバスローブ。
外はさらさら、内側はふっくらと暖かい。
従来のバスローブとの着心地の差は歴然です。

ルームウェアは漆黒の浴衣。
袈裟にも忍者衣装にも見える、和のテイストが感じられる個性的な浴衣です。
海外から訪れたゲストにも喜ばれそうなデザインです。

テラス

東京エディション虎ノ門 宿泊記|The Tokyo Edition Toranomon スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

セカンドリビングのように使えるウッドテラス。

テーブルと椅子のセットがあります。

東京エディション虎ノ門 宿泊記|The Tokyo Edition Toranomon スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門 宿泊記|The Tokyo Edition Toranomon スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門 宿泊記|The Tokyo Edition Toranomon スタジオ テラス キング Studio Terrace, King

東京エディション虎ノ門のテラスから東京スカイツリーを望む

東京エディション虎ノ門の眺望 ホテルオークラ

東京エディション虎ノ門の眺望 国会議事堂

左手にホテルオークラ、日本武道館、国会議事堂。
右手に虎ノ門ヒルズ、東京スカイツリー。
中央奥には筑波山を望みます。

テラスそのものは良いのですが、冬季で寒暖差が激しいため、翌朝にサッシが結露していました。
カビが生えないか若干心配です。

バスルーム

東京エディション虎ノ門のバスルーム 洗面台

清潔感のある、白い人造大理石の洗面台。
洗面台にも一切の無駄がなく、シンプルでありながら高級感が感じられます。
水栓はグローエ。

東京エディション虎ノ門のバスルーム 洗面台

東京エディション虎ノ門のボディローション

東京エディション虎ノ門のアメニティ

石鹸、ボディーローションのほか、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは、すべてフレグランスメーカーのLE LABO(ル ラボ)。

東京エディション虎ノ門のバスルーム

バスルームにはバスタブ付き。
浴槽は小さめです。

床と壁面には大判のタイル。
シャワーはハンドシャワーとレインシャワーの2種類。

東京エディション虎ノ門のアメニティ シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ

東京エディション虎ノ門のバスソルト

東京エディション虎ノ門のドライヤー ホリスティックキュアーズ

ドライヤーはホリスティックキュアーズ。

東京エディション虎ノ門のトイレ

アメニティ

東京エディション虎ノ門のアメニティ

東京エディション虎ノ門のアメニティ

アメニティにも一部木材が使われています。
歯ブラシの柄、櫛、ヘアブラシ。
ボディウォッシュ用のスポンジはヘチマスポンジでした。

東京エディション虎ノ門のアメニティ

東京エディション虎ノ門のアメニティ

プール Pool

東京エディション虎ノ門のプール

31Fにあるプール。

上部の嵌め込み窓から差し込む柔らかな自然光、天井部の間接照明、サマーベッドに落ちるダウンライトの明かりが、居心地の良い空間をつくっています。
奥にはジャグジーも。

東京エディション虎ノ門のプール

東京エディション虎ノ門のプール

東京エディション虎ノ門のプール

このプールでひとつ気になる点は、セキュリティーが甘く「宿泊者でなくとも誰でも入って来れてしまう」点です。

アフタヌーンティーの利用者にもSNSで拡散してほしいという狙いがあるのかもしれません。

ロビーバー Lobby Bar

東京エディション虎ノ門 ロビーバー Lobby Bar

東京エディション虎ノ門 ロビーバー Lobby Bar

東京エディション虎ノ門 ロビーバー Lobby Bar

31Fのロビーバー。

上部には独創的な大和張り、バーカウンターは白の大理石。
高さのある窓からは東京タワーと東京湾を一望できます。

最も人気のある東京タワー側のテーブル席をご希望の場合は、お早めにご予約された方が良さそうです。

東京エディション虎ノ門 ロビーバー Lobby Bar

東京エディション虎ノ門 ロビーバー Lobby Bar

東京エディション虎ノ門 ロビーバー Lobby Bar 鏡張りの東京タワー

今回はバーカウンターで、季節のオリジナルカクテルをいただきました。
写真は白い大理石のカウンターに反射する鏡張りの東京タワー。

オリジナルカクテルは2,000円以下。
チャージ料はなく、宿泊者のチタンエリート特典で20%引き。
一流のホテリエ・建築家・デザイナーが携わったこの素晴らしい空間をじっくり堪能できることを考えると、かなりリーズナブルです。

インルームダイニングの朝食 In Room Dining

東京エディション虎ノ門 インルームダイニングの朝食 In Room Dining

東京エディション虎ノ門のマリオットBonvoy上級会員特典に朝食サービスはありません。

今回は31Fのザ ブルールーム(The Blue Room)での朝食ではなく、インルームダイニングでオーダーし、お部屋の中で朝食をいただきました。

東京エディション虎ノ門 インルームダイニングの朝食 In Room Dining ブリティッシュフレンチトースト

ブリオッシュフレンチトースト

東京エディション虎ノ門 インルームダイニングの朝食 In Room Dining ホームメイドミューズリー

ホームメイドミューズリー

東京エディション虎ノ門 インルームダイニングの朝食 In Room Dining アボカドトースト

アボカドトースト・ポーチドエッグをのせて

ザ ブルールーム The Blue Room

東京エディション虎ノ門 ザ ブルールーム The Blue Room

東京エディション虎ノ門のレストランザ ブルールーム The Blue Room

東京エディション虎ノ門のレストランザ ブルールーム The Blue Room

煌びやかな青色のソファが連なるレストラン、The Blue Room。
朝食だけでなく、ランチやディナーの利用もできます。

フィットネスジム Fitness

東京エディション虎ノ門 フィットネスジム

プールの隣にあるフィットネス。
最新の機器が並びます。

樹齢100年超のクスノキ

虎ノ門 樹齢100年超のクスノキ

虎ノ門 樹齢100年超のクスノキ

ホテルの敷地北西側に建つ、樹齢100年超のクスノキ。
森トラストがこの地を再開発する際に、江戸時代からの伝統技術「立曳き工法」で約20mの移動・移植されたもの。

ホテルのエントランスから徒歩2分程度。
高さ20m超のクスノキからパワーをもらいましょう。

東京エディション虎ノ門の場所・行き方・アクセス

東京メトロ日比谷線神谷町駅から東京エディション虎ノ門の行き方

東京メトロ日比谷線神谷町駅から東京エディション虎ノ門の行き方

東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から直結。
神谷町駅から行く場合、改札を出て左に。
その後、メトロシティ神谷町ビルに入り、ホテルエントランスがある1Fまでエスカレーターまたはエレベーターでアクセスします。

東京ワールドゲートのマップ

感想・総評

東京エディション虎ノ門から望む東京タワー

東京エディション虎ノ門

気になったのは、宿泊者でなくとも誰でも入って来れてしまうプールのセキュリティ。
その他、客室の窓の結露、夜には静まっていたものの内廊下からの隙間風。
工期に追われていたのでしょうか、バスルームの扉にも隙間が空いていました。

それでも、緑のアーチの向こうに見える、仏寺からインスピレーションを得た大和張りのロビーは圧巻。
サンクチュアリとした客室も、ロビーからストーリーが繋がる木のルーバー、無駄を排したシンプルな内装、開放的なテラスと居心地が良い空間。
東京エディション虎ノ門のホテル滞在そのものが、まさにエクスペリエンスになります。

住所:105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-1
電話番号:03-5422-1600
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜12:00

日本のマリオットホテル一覧をチェック|Marriott公式

日本のマリオットインターナショナルホテル一覧 日本のマリオットボンヴォイ系列ホテル一覧|Marriott Bonvoy, Japan

<< 日本のMarriott一覧ページに戻る