富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」 Akanara, Furano

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」

富良野の朝日が丘公園内にあるログハウスカフェ、喫茶・ギャラリーあかなら(元北時計)に訪れました。

喫茶・ギャラリー あかなら(元北時計) Akanara

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」

富良野市の朝日が丘公園内にあるログハウスカフェ、喫茶・ギャラリーあかなら(Akanara)

脚本家 倉本聰氏が描くドラマ『北の国から』の撮影でも使われた喫茶店で、かつての名は「北時計」。

北時計としての30年間の幕をおろした後、建物を富良野市へ寄贈。

お店の前のシンボルツリーにちなんで名称変更し、市民ボランティア「あかなら」が運営しています。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の店内

店内は木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気。

ギャラリースペースでは、市民によるクラフト作品を展示・販売しています。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の店内

『北の国から ’95秘密』の重要な場面で登場した、南面窓側のテーブル席。

レイアウトやテーブルは変わっているものの、雰囲気は当時のまま。

小沼シュウが、純に対して自分の過去を告白する情景が目に浮かびます。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の店内

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の店内、北の国からの本

純とシュウの2人が座っていたテーブル席には、「北の国から メモリアルアルバム」と「北の国から ガイドブック」が置いてありました。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」のコーヒーセット

ミニロールケーキと珈琲のセット。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の軽食セット、ホットサンド

こちらはホットサンドセット。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の軽食セットのヨーグルト

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の店内

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の店内

シュウが腰掛けていた背後の丸太の節や、排煙装置はドラマのまま。

店内をゆっくりと見渡しながら、当時と変わらない点、あるいは異なる点を探すのも良いでしょう。

富良野の喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」のコーヒーとロールケーキのセット

ゆったりと珈琲を楽しむ贅沢なひととき。
ドラマの余韻に浸れます。

ファンの方はもちろん、そうでなくとも癒される、素敵な喫茶店です。

喫茶・ギャラリー「あかなら(元北時計)」の場所・行き方・アクセス

マップコード:450 029 438*67
新富良野プリンスホテルから車で3.2km、約5分。

『北の国から』五郎さんの帽子 うさぎ印白麦 『北の国から』北海道・富良野 ロケ地巡り

<< 『北の国から』ロケ地巡り 目次に戻る

ファーム富田ラベンダー畑 Farm Tomita トラディショナル ラベンダー畑 彩の畑 Irodori Field 北海道 富良野の観光見どころ Exploring Furano, Hokkaido Travel Guide

<< 富良野旅行のインデックスに戻る