スペイン アビラの行き方(fromマドリード、セゴビア)

Avanza社のバス(セゴビア→アビラ)

「アビラ旧市街と市壁外の教会群」として世界文化遺産に登録されている、城壁の町アビラ(Ávila)

首都マドリード、水道橋の町セゴビアから城壁の町アビラへの行き方をまとめます。

スポンサーリンク

アビラの行き方

上記マップに乗り場をプロットしています。赤いアイコンが鉄道駅、青いアイコンがバス乗り場です。

アビラ(Ávila)はマドリッドから西に90km、セゴビアから西に60kmの場所にあります。それぞれのアクセス方法は、

  1. マドリッド⇆アビラ:電車(Renfe)
  2. セゴビア⇆アビラ:バス(Avanza社)

となります。

アビラの駅およびバスターミナルは城壁の東側約1kmの場所にあり、石畳を20分程度歩くことになります。

料金と所要時間について

マドリッド⇆アビラ間を移動する場合、ルートはマドリッド チャマルティン駅(Madirid Chamartin)⇆アビラ駅(Ávila)となります。料金は片道€12.25、所要時間は1時間35分〜2時間。発車頻度は1時間に1本程度、1日に19本(土日は15本)あります。マドリッドチャマルティン駅はマドリッド中心部からやや北側にあり、地下鉄1番線と10番線のチャマルティン駅と接続できます。

セゴビア⇆アビラ間を移動する場合、セゴビアのバスターミナル(Estación de Autobuses de Segovia)からAvanza社のバスを利用します。料金は片道€5.20、所要時間は1時間15分。発車本数が少ないのがネックで、平日は4本・土日祝は2本です。

電車移動(マドリッド⇆アビラ)

アビラ駅

今回はアビラからマドリッドまでレンフェに乗車して移動しました。レンフェのチケットは予約購入・窓口・券売機で購入可能。レンフェの予約購入方法はこちらの記事をどうぞ。

アビラ駅には手荷物を預けるコインロッカーなし。

アビラ駅を出発して2時間後、マドリッドのチャマルティン駅に無事到着。

バス移動(セゴビア⇄アビラ)

Avanza社のバス(セゴビア→アビラ)

セゴビア→アビラへの移動でAvanza社の長距離バスを利用しました。時刻表検索・チケットのオンライン予約購入はAvanza社の公式サイトでできます。チケット購入は窓口でもOK。

www.venta.avanzabus.com

バスは出発の15分前に東側のPaseo Ezequiel González(エセキエル ゴンザレス通り)側に到着。マドリッド⇆トレドのバス(Alsa社)マドリッド⇆セゴビアのバス(La Sepulvedana社)同様に、スーツケースは車体の下に収納できます。

バスターミナルには(自分も含め)東洋人が多くいましたが、わたし以外セゴビア→マドリッドのバスに乗って行きました。アビラ行きのバスに東洋人は自分だけ。アビラはまだ観光地としての知名度は低いのかも。

セゴビア バスターミナルのコインロッカー

セゴビアバスターミナルのコインロッカー

セゴビアとアビラのバスターミナルには手荷物を預けるコインロッカーあり。

まとめ

マドリッドとアビラを結ぶAvanza社のバスがある…という記載を他サイトで見かけましたが、Avanza社の公式サイトで検索したところヒットしませんでした。路線が廃止されたのか不明ですが、バス移動を検討されている場合は公式サイトでチェックしてみてください。

アビラの城壁・クアトロポステス|Las Murallas de Ávila

2017.06.06

アビラのホテル一覧をチェック|Booking.com

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。