マドリードからセゴビアの行き方(バス・電車)

今回の旅ではマドリッドから世界遺産の町セゴビアまでバスで移動しました。ここではマドリッドからセゴビアまでの行き方(バス・電車)をまとめます。

スポンサーリンク

マドリッドからセゴビアの行き方

セゴビアは「セゴビア旧市街と水道橋」で世界文化遺産登録されている町で、マドリッドの中心から約70キロ北北西にあります。マドリッドからセゴビアへのアクセス方法は主に

  1. バス(La Sepulvedana社)
  2. 電車(Renfe)

の2種類となります。

上記マップに乗り場をプロットしています。赤いアイコンが鉄道駅、青いアイコンがバス乗り場です。

バス・電車 料金と所要時間の比較

バスのルートはマドリッドのモンクロアバスターミナル(Moncloa)⇄セゴビアバスターミナル(Estación de Autobuses de Segovia)です。料金は片道€7.91、往復€14.24。セゴビアのバスターミナルからセゴビアのローマ水道橋までは徒歩7分のため、セゴビアに到着後すぐに世界遺産の町へアクセスできます。またセゴビアのバスターミナルにはコインロッカー(€3.00)もあるので、セゴビアのバスターミナルに手荷物を預けたまま観光→マドリッドまたはアビラへ移動という旅程も可能となります。

電車のルートはマドリッドのマドリッド チャマルティン駅(Madirid Chamartin)⇄セゴビア アヴェ(Segovia Av)駅間を高速列車Avant・AVE・ALVIAにて所要時間27〜30分で結びます。料金は片道€12.90〜24.40。セゴビア アヴェ駅は中心街から離れているため、駅前から出ているバスに乗車(11番線でローマ水道橋、12番線でバスターミナル)に乗り継ぐ必要があります。

バス移動(マドリッド⇄セゴビア)

今回の旅ではマドリッドのモンクロアバスターミナルからセゴビアのバスターミナルまでバスで移動しました。マドリッドとセゴビアを結ぶバスの運営会社はLa Sepulvedana社です。最新の時刻表は公式サイトでご確認ください。

www.lasepulvedana.es

地下鉄3・6番線のモンクロア(Moncloa)駅を降り「Terminal Autobuses」の方面に向かいます。

madrid segovia autobuses

La Sepulvedana社窓口でチケットを購入できます。

La Sepulvedana Ticket
  • Fecha:出発日
  • Hora:出発時刻
  • Total:料金

マドリッド⇄トレド間のバス移動同様、レシートが長距離バスのチケットとなります。バス乗り場の番号は購入時に教えてくれます(セゴビア行きは乗り場8か9です)。

マドリッド セゴビア行きバス乗り場

スーツケースなどの大きな手荷物はバスの下にある荷物入れに預け入れ可能。バスの中では無料のWiFiにもアクセスできました(アクセス先はSEPULVEDANA_WIFI)。

今回乗車したのはマドリッド→セゴビアの直行便(Directo)で乗車時間約70分。セゴビアのバスターミナルに到着です。

セゴビア バスターミナルのコインロッカー

セゴビアバスターミナルのコインロッカー

セゴビアのバスターミナルに€3で使えるコインロッカーあり。町を転々とする旅でも安心です。ロッカーは奥行きもあるので大きいスーツケースも余裕で入れられそうです。

Av.Acueductoを北東方向に進むとセゴビアのローマ水道橋が見えてきます。

セゴビアの水道橋|Acueducto de Segovia

2017.02.20

電車移動(マドリッド⇄セゴビア)

マドリッド チャマルティン駅(Madirid Chamartin)⇄セゴビア アヴェ(Segovia Av)駅間を高速列車Avant・AVE・ALVIAで移動する場合は、スペイン国鉄レンフェのチケットを購入する必要があります。

レンフェチケットのオンラインにおける購入方法は下記ページにまとめていますので参考にしてみてください。最新の時刻表検索もレンフェ公式サイトでチェックできます。

まとめ

今回の旅ではセゴビアで一泊し、バスターミナルに手荷物を預けてセゴビア観光、夜発のバスで城壁の町アビラへと向かいました。セゴビアのバスターミナルには大きなスーツケースを預けられるコインロッカーもあるので、町を転々としながらの旅であればバス移動が便利だと思います。

セゴビア城(セゴビアのアルカサル)|Alcázar de Segovia

2017.02.21

ラ ベラ クルス教会(セゴビア)|Iglesia de la Vera Cruz

2017.02.19

セゴビアのホテル一覧をチェック|Booking.com

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。