コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのホテル外観

東京の表玄関、The Front。

コートヤード バイ マリオット東京ステーション(Courtyard by Marriott Tokyo Station)のホテル宿泊記です。

コートヤード バイ マリオット東京ステーション Courtyard Tokyo Station

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのホテル外観

品格を備えた端麗なファサードの建物が連なる、東京の銀座中央通り。
その並びのひとつが、森トラストのオフィスビル「京橋トラストタワー」です。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのホテル外観

コートヤード バイ マリオット東京ステーション(Courtyard Tokyo Station)は、京橋トラストタワーの2Fから4Fに位置しています。
JR東京駅 八重洲南口より徒歩約4分、東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩約1分。
銀座や日本橋まで徒歩圏の便利なロケーションです。

総客室数は150室を数えます。
マリオットBonvoy加盟ホテル。

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station

銀座中央通りと京橋駅

ホテルのコンセプトは「快適がデザインされたリフレッシングなホテル」。
「架空のアパルトマンの住人のライフスタイル」を表現した客室は、4種類の個性的なデザインに分かれています。

クリエイター(IT・メディア系デジタルクリエイター)、エディター(有名雑誌のトップ編集長)、フォトグラファー(世界を旅しネイチャーフォトを発表し続けるフォトグラファー)、キュレーター(モダンアートの展覧会を企画するキュレーター)。

その立地と客室タイプのバリエーションを見る限りは、ビジネスパーソンをメインターゲットにしていると思われます。
コンパクトなつくりの客室が多いですが、角部屋については若干広いお部屋があります。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのホテルエントランス

銀座中央通り側から入り口の扉を開けると左手に見えるのは、ホテル専用のエレベーター。
レセプションのある4Fへ向かい、チェックイン。

マリオットBonvoyチタンエリート特典として、朝食が無料。
セレクト特典は、お部屋に持ち帰れるウェルカムギフトを選択しました。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのロビー ライブラリーバー

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのロビー ライブラリーバー

レセプションカウンターの前には、待合ラウンジ「ライブラリー バー(Library Bar)」があります。

こちらでは、無料のドリップコーヒーまたは紅茶(スタッフさんにお声がけして注文する形式)をいただけます。

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station

エレベーターホールと内廊下の間には、自動ドアのセキュリティ。
ルームキーをタッチして開閉し、内廊下へ進みます。

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのフロアマップ

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station ルームキー

エディターズ コーナー キング Editors Corner King

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

宿泊する客室は、2F東南角に位置するエディターズ コーナー キング(Editors Corner King)

マリオットおよび運営会社の公式サイトに掲載がないお部屋のため、正確な広さは分かりません。
およそ、30㎡弱と思われます。
コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室の中では、広々とした客室のひとつです。

こちらは「禅」をイメージしているお部屋とのこと。
シンプルモダンの客室の中には、アクセントカラーの薄紫色がタイルカーペット・コーヒーカップに使われています。

ベッドルーム

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

南側は銀座中央通りに面しているものの、窓はありません。
窓があるのは東側のみ。

交通量の多い銀座中央通り側に窓がない分、騒音の軽減効果もあるかもしれません。
騒音はまったく気になりませんでした。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

客室内の高さ(レベル)についてはやや複雑な形状。
「客室扉から窓際のデスクまでのスペース」と「ベッド・バスルーム」との間に「高さ約20cm」の段差があります(ベッド側が高い)。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

シモンズ社のキングベッド。
ベッドの東側には、やさしい光が差し込む窓があります。

ヘッドボードには、A型コンセントが1口のみ。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

太陽と山を表現した、ベッドサイドのランプ。
こちらのデザインは窓際のテーブルの側面にも使われています。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

窓際のテーブルからは、銀座の中央通りを行き交う人々やタクシーの姿を望みます。
小ぢんまりとしていて居心地の良いスペースです。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

黒い金具が付いた扉を開けると、セキュリティボックスと冷蔵庫があります。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

冷蔵庫のミネラルウォーターは無料です。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King

ブレンドコーヒー、Ahmad Teaのアールグレイ、ハーブティーのティーバッグ。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King マリオットボンヴォイ チタンエリート特典選べるウェルカムギフト

チタンエリートのチョイス特典で選んだ、ウェルカムギフト。
こちらはアルコールセットですが、ノンアルコールセットも選べます。

コートヤードバイマリオット東京ステーションのウェルカムクッキー

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King クローゼット

コートヤード バイ マリオット東京ステーション 宿泊記|Courtyard Tokyo Station ルームウェア

ルームウェアはボタン付きの浴衣タイプ。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King スリッパ

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King ドライヤー

バスルーム

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King バスルーム

バスタブ付きのバスルーム。
ビジネスホテルによくあるユニットタイプです。

アメニティ

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King ロクシタンのアメニティ

バスアメニティは、ロクシタンのヴァーベナシリーズ。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの客室 エディターズ コーナー キング Editors Corner King アメニティ

ライブラリー バー Library Bar

コートヤード バイ マリオット東京ステーション ライブラリー バー Library Bar

コートヤード バイ マリオット東京ステーション ライブラリー バー Library Bar

コートヤード バイ マリオット東京ステーション ライブラリー バー Library Bar

4Fロビーにある待合ラウンジ、ライブラリーバー(Library Bar)。
ドリップコーヒーをいただきながら、ゆっくりとくつろげる空間。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのライブラリーバー Library Bar

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのライブラリーバー Library Bar

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのライブラリーバー Library Bar

朝食 Breakfast

コートヤード バイ マリオット東京ステーション Lavarock

朝食は1Fのレストラン、Lavarockにて。
ヨーロッパの鉄道駅をイメージしたレストランは、明るい吹き抜けがあり開放的。

朝食は定食形式で、アメリカンブレックファストまたは和定食から選択できます。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの朝食

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの朝食

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの朝食

カフェ&ベーカリー GGCo.

カフェ&ベーカリー GGCo.

カフェ&ベーカリー GGCo.

カフェ&ベーカリー GGCo. メルティピスタチオ

1Fのカフェ&ベーカリー GGCo.(ジージーコー)。
ジージーコーは、森トラストが運営するマリオットBonvoyホテルに入るベーカリー。
品川の東京マリオットホテル1Fに入る人気カレーパンのお店もGGCo.です。

冬限定シーズナルメニューのメルティピスタチオ、もっちりピスタチオのクロワッサン。

フィットネスジム Fitness

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのフィットネスジム

フィットネスは3Fにあります。
事前予約制のため、4Fのレセプションで予約を行う必要があります。

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの場所・行き方・アクセス

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの場所・行き方・アクセス

コートヤード バイ マリオット東京ステーションの場所・行き方・アクセス

JR東京駅 八重洲南口 徒歩約4分
東京メトロ銀座線 京橋駅 7番出口徒歩約1分
東京メトロ銀座線・東西線/都営浅草線 日本橋駅 B3出口より徒歩約5分
都営浅草線 宝町駅 A5出口より徒歩4分
東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口より徒歩約5分

京橋駅の「7番出口」から地上階までは階段のみです。
重たい荷物をお持ちの場合、「8番出口」からエレベーターで地上へ上がり、京橋エドグランの中を抜けるルートをおすすめします。

感想・総評

コートヤード バイ マリオット東京ステーションのホテル外観

東京旅行を目的とする宿泊・滞在でも便利な立地ではありますが、客室タイプ・バリエーションからビジネスパーソンをターゲットにしていると思われます。

ホテルや客室内でのステイも楽しむ場合、近隣にあるマリオットBonvoyホテルの中では東銀座のACホテル東京銀座アロフト東京銀座の方がおすすめです。

さりとて、JR東京駅八重洲口徒歩約4分というコートヤード バイ マリオット東京ステーションの立地は変えがたく、東京出張の多いビジネスパーソンが重宝するホテルなのは間違いなさそうです。

住所:〒104-0031 東京中央区京橋2-1-3
電話番号:03-3516-9600
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜12:00

日本のマリオットホテル一覧をチェック|Marriott公式

日本のマリオットインターナショナルホテル一覧 日本のマリオットボンヴォイ系列ホテル一覧|Marriott Bonvoy, Japan

<< 日本のMarriott一覧ページに戻る