平久保崎灯台(石垣島の最北端)

平久保崎灯台

石垣島の最北端、平久保崎灯台へ。

平久保崎灯台 Hirakubozaki

石垣島の最北端 平久保崎灯台

石垣島の最北端にある平久保崎灯台

琉球王国時代は「平久保遠見台」という名称で、船が近づいてきた時に狼煙(のろし)をあげて琉球王府に伝える役割を果たした場所でもあります。
平久保遠見台と同じような番所は先島諸島(八重山・宮古)に限らず沖縄本島周辺でも行われており、以前わたしが訪れた慶良間諸島 渡嘉敷島の赤間山でも烽火跡地を見たことがあります。

ちなみに上記平久保遠見台の現地解説では、琉球の正史『球陽(1743〜1745年に編纂)』には「1644年に烽火の制度が創設された」と記載がありますが、渡嘉敷村の公式サイトには「1624年」との記載があります。

どちらが正しいのか確認する意味も含め、今後どこかで一度『球陽』を拝見してみたいものです。

石垣島の平久保崎灯台

灯台の南側にある小高い丘の上から北方面を望む。
紺碧とパステルブルーのグラデーションが美しい。

平久保崎灯台

こちらの写真は南側。
奥に見える稜線は石垣島の西部。

川平湾方面をズーム。

西側。

東側の眺望。

平久保崎灯台の場所・行き方・アクセス

レンタカーによる所要時間目安は以下の通り。

車の所要時間目安道のり所要時間目安
石垣空港31.6km約42分
玉取崎展望台16.3km約24分
川平湾40.6km約57分
石垣フェリーターミナル41.6km約60分

一応路線バスも通っていますが、運行路線は「平野線」のみ。
バス本数は上り下りともに3本と少なく、レンタカー推奨です。

www.azumabus.co.jp/localbus/

石垣島の玉取崎展望台からの眺め
玉取崎展望台(石垣島)