ホテル クラウス K ヘルシンキ宿泊記|Hotel Klaus K

ホテルクラウスK

ヘルシンキ中心部にあるホテル クラウス K(Hotel Klaus K)の宿泊記です。

ホテル クラウス クルキ Hotel Klaus K

ヘルシンキのホテルクラウスK

ホテル クラウス K(Hotel Klaus K)はヘルシンキ中央駅から徒歩8分の場所にあるマリオットインターナショナルのホテル(Design Hotels加盟)。

100年以上の歴史を持つ2つの建物を使用。
ホテルがオープンしたのは1938年と、古い歴史を持ちます。

路面電車の通る並木道が美しいBulvardi通り。

ヘルシンキのホテルクラウスK

ホテルのコンセプトはエリアス ロンロット(Elias Lönnrot)によるフィンランド文学の叙情詩『Kalevala(カレワラ)』。

ホテルの名称「クラウス クルキ」は『The Death of Elina』という作品の主人公の名前「Klaus Kuruki」から名付けたもので、ホテルのメインエントランスの柱にその名が刻まれています。

ホテル クラウス Kのロビー

ホテル クラウス Kのフロアマップ

パッションダブルルーム Passion Double Room

ホテル クラウス Kのパッションダブルルーム

予約したパッションダブルツインルーム(Passion Double Room)

客室の面積は20㎡。

ベッドルーム

ホテル クラウス Kのパッションダブルルーム

リーズナブルな客室を予約したため広さが20㎡と狭く、窓の外側は採光用の小さなコードヤードのため光が入ってきません。
狭く、暗い印象です。

上の写真右下にも見えますが、あらゆる配線がむき出し。
コンセプトとかデザイン云々以前の問題である気がします。

そして、コートヤードにはプラスチックゴミが散乱している有り様(上の写真は映らないように撮影してます)。

毎日の清掃が難しいのかもしれませんが、残念な印象は否めません。

ホテル クラウス Kのパッションダブルルーム

一方で、ベッドの脇にある可動式サイドテーブルは狭いスペースを最大限活かすのに便利でした。

フィンランドのロバーツコーヒー

ホテルが面するBulvardi通りの向かい側に「ロバーツコーヒー(Robert’s Coffee、フィンランドNo.1のコーヒーチェーン)」があるのでホットコーヒーを購入。

飲み物やPCなどを置くスペースとして重宝します。

省スペースで設計されているため、クローゼットは写真のように細長く、両脇のカーテンを開けて使用します。

ミニバー。

バスルーム

ホテル クラウス Kのバスルーム

ホテル クラウス Kのバスルーム

アメニティ

ホテル クラウス Kのアメニティ

ホテル クラウス Kのアメニティ

アメニティは備え付けのタイプ。

ルメリディアンでよく見かけるMALIN + GOETZ。

イッタラのコップ。

歯ブラシや剃刀はなく、綿棒とシャワーキャップのみ。

レストラン 朝食

ホテルクラウスKの朝食ビュッフェ

ホテルクラウスKの朝食ビュッフェ。

エッグステーションはありませんが、フィンランドの名物料理が揃っています。

ホテルクラウスKの朝食ビュッフェ サーモン

身がぎっしりのサーモン。

ホテルクラウスKの朝食 マッシュルームとリンゴのサラダ(Traditional Finnish Forest Mushroom-Apple Salad of the House)

マッシュルームとリンゴのサラダ(Traditional Finnish Forest Mushroom-Apple Salad of the House)。
北欧のキノコはとても美味しい!森の恵みを感じます。

ホテルクラウスKの朝食ビュッフェ シロマスのスモーク(Smoked Vendace from Lake Pielinen, Finland)

ピエリネン湖産のシロマスのスモーク(Smoked Vendace from Lake Pielinen, Finland)。

ホテルクラウスKの朝食ビュッフェ アーネコスキ産のチーズ(Traditional Bread Cheese from Äänekoski, Finland)

アーネコスキ産のチーズ(Traditional Bread Cheese from Äänekoski, Finland)。

ホテルクラウスKの朝食ビュッフェ

野菜も美味しいです。

スクランブルエッグやソーセージはサルパネヴァのお鍋に入っていました。

ホテルクラウスKのペンダント

ホテル クラウス Kの場所・行き方・アクセス

ホテル クラウス Kはヘルシンキ中央駅から徒歩8分。

感想・総評

客室が面する中庭にゴミが落ちていたり、配線が一部むき出しだったり。
誰も気づかないのか気づいているのかはよくわかりませんが、少し残念です。
また、レセプションのスタッフさんの応対も事務的という印象が否めませんでした。

ただし、このホテルは朝食が良いですね。
フィンランドらしいメニューが揃っていますし、イッタラの鍋やお皿も可愛かったです。
二泊滞在したため2回朝食に訪れましたが、メニューはすべて同じでした(もし数泊する場合は、ホテルと同じ通りにあるEkberg 1852で朝食を食べるのもよいかも)。

住所:Bulevardi 2-4, 00120 Helsinki, Finland
電話番号:+358 20 7704701
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜12:00

ヘルシンキのホテル一覧をチェック|Booking.com

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキの外観 フィンランド ヘルシンキで宿泊したホテルまとめ

<< フィンランド ヘルシンキで宿泊したホテルまとめに戻る