マレーシア・イポー コロニアル様式の駅舎が美しい美食の町

イポー鉄道駅と市役所

マレーシアのクアラルンプールからマレー鉄道で北上し約2時間、美食の町イポー(Ipoh)を訪れました。

イポー Ipoh

イポー鉄道駅と市役所

マレーシアのマレー半島北部にあるペラ州の州都、イポー(Ipoh)

キンタ渓谷に近いイポーは19世紀から錫(すず)の産地として栄えた町で、マレー半島西側のエリアでは珍しく小高い山が点在しています。

イギリス植民地時代のコロニアル建築の建物がマレー鉄道・イポー駅の周辺に残されており、白亜の外観の建物が列車から降りた旅人を出迎えます。

イポーはマレーシア屈指のグルメの町としても知られており、イポーでなければ食べることができない美味しい名物料理があり必見、いや必食です。

イポー鉄道駅 Ipoh Railway Station

マレー鉄道イポー駅の駅舎

イポーの町の代表的な景観であるイポー鉄道駅(Ipoh Raiway Station)

1894年にイポーとバトゥガジャ(イポーの南14.5kmの場所にある隣駅)を結ぶキンタ渓谷鉄道(Kinta Valley Railway line)が開業。1914年から鉄道駅とホテルの建設が始まったものの第一次世界大戦により原材料費と人件費が高騰し、ようやく完成したのは1917年のこと。

駅前に記載された英語の解説によれば、イポー地元民からは「イポーのタージマハール」とも呼ばれているのだとか。

イポー鉄道駅のプラットフォーム

1917年に鉄道駅と同時に開業したホテルの名称が書いてあります。。これは…クアラルンプールとマラッカでも宿泊したマジェスティックホテルの名であります。

ザマジェスティックホテルクアラルンプール ホテルの外観
ザ マジェスティック ホテル クアラルンプール宿泊記|The Majestic Hotel Kuala Lumpur
ザマジェスティックマラッカホテル 外観
ザ マジェスティック マラッカ宿泊記|The Majestic Malacca

しかし、イポーの宿をマレー鉄道車内で検索した際にヒットしたこともなく、イポーにマジェスティックホテルがあると聞いたこともない。予感は的中し、ホテル入り口らしき箇所は封鎖され、見事に廃業していました。

キンタ渓谷の錫鉱山で人々が賑わっていた頃はイギリス人を中心とする宿泊客で一杯だったのでしょうが、さすがにコロニアル様式の駅舎と洞窟寺院、グルメだけではイポーでも集客が厳しいか。

イポー鉄道駅の東側広場に設置された戦争の石碑。第一次世界大戦・第二次世界大戦のメモリアルの碑文はもとより「死の鉄道(Death Railway)」と呼ばれる「泰緬鉄道」の建設において亡くなった方への碑文もありました。

イポーの市庁舎

イポー駅の東向かいにあるコロニアル建築のイポー市庁舎。

イポーのペラ州立モスク

州立モスクもイポー駅前の雰囲気に違和感なく馴染みます。

クロックタワー Birch Memorial Clock Tower

マレーシア・イポーの時計台

イポー駅から東に向かって歩くと見えてくる時計塔、バーチメモリアル(Birch Memorial Clock Tower)。ペラ州で最初のイギリス住民となったJames W. W. Birchを讃え1909年に設置されたもの。

クロックタワーの側面には四方に計44人の世界史上有名な人物が描かれています。

…とのことですが、1箇所だけその姿が明らかに消されている。某口コミサイトの英訳では偶像崇拝を禁じられているイスラム教の預言者ムハンマドのことですが…えー、我輩は猫である、ソースはまだない。

町の東、Kinta Riverに架かる橋も素敵な意匠。

イポーの街並み

コロニアル建築のエリアを抜けると、アジアらしい雑多な街並みに。

ケロットン Kek Look Tong

イポーの洞窟寺院ケロットン

イポーは小高い山が多く、その中にはたくさんの中国寺院があります。

ケロットン(Kek Look Tong)はイポーの東にある山合いにある洞窟寺院。

鍾乳洞と仏像が見どころです。

美食の町イポーで食べたグルメ

イポーはマレーシア屈指の「美食の町」として名高い…と耳にします。

市販のガイドブックで美味いと書いてあるにもかかわらず、現地で食べてみると然程でもないというのは、海外旅行あるあるでありますが、イポーのグルメは美味しかった!とりわけタウゲアヤム。

Restaurant Lou Wong Tauge Ayam Kuetiau

イポーのタウゲアヤム

タウゲアヤム(Tauge Ayam)は甘塩っぱい醤油タレに浸けたチキンと、もやしの料理。単に文字に起こしても然程美味しさを感じないかもしれませんが、想像を上回るやみつきになる料理とはまさにタウゲアヤムのことか。

Restaurant Lou Wong Tauge Ayam Kuetiauのタウゲアヤム

ふっくらとしたチキンはシンガポールのチキンライスに乗っているチキンと同じようであります。違うのはネギと、ごま油の風味たっぷりの醤油タレ。

タウゲアヤムのもやし

そして、もやし。もやしだからと言って侮っていけないのはタウゲアヤム。シャキシャキと水々しいのはもちろんのこと、チキンと同じタレが染み込んでいて美味しい。

これにライスとスープが付き13リンギット。お酒の販売はありませんが、隣のスーパーで買ったビールは持ち込めます。

この料理を食べるためだけにイポーに来るのは疑問符が付きますが、今イポーにいるならタウゲアヤムを食べたいし、日本にいる今でも何なら今すぐにでも食べたい、やみつき度の高い料理です。

Restoran Tuck Kee

イポー Restoran Tuck Kee

米粉の麺と豚肉を炒め醤油味で味付けし、生卵を落としたメニューFried Yu Kong Hor。

Ayam Garam Aun Kheng Lim

イポーの名物Ayam Garam Aun Kheng Lim

イポーの名物塩チキンのお店、Ayam Garam Aun Kheng Lim。

イポーの名物Ayam Garam Aun Kheng Lim

鶏一羽にハーブを詰め紙袋に包み、たっぷりの塩で蒸し焼きにしたチキン。これがとかく美味しそうですが、一羽まるごとでは量が多く、さすがに一人では断念。

いずれ複数人で訪れた時は食べてみたい一品です。

Restoran New Holly Wood

イポーのレストランニューハリウッド

イポーのレストランニューハリウッドで食べたバナナの揚げ物

イポーの繁華街から東に約3km離れた場所にあるフードコート、Restoran New Holly Wood。店舗数は10店舗弱、麺類からご飯系までストールが揃います。

日本語の上手なお母さんが切り盛りしている揚げ物のお店をチョイス。バナナや芋など好みの具材を選ぶとその場で揚げてくれます。サクサクとした衣に甘いバナナや紅芋の相性が良く、おやつに丁度いいですね。

Funny Mountain Soya Bean

イポーのFunny Mountain Soya Bean

イポーのFunny Mountain Soya Bean

豆腐のスイーツ、豆腐花のお店。大豆の味をしっかり感じつつシロップがかけられているので食べやすくペロリといけます。中国人観光客に大人気のようでした。

ウォールアート

イポーのアートレーン

イポーの町にはペナン島の世界遺産ジョージタウンのようなウォールアートが描かれているエリアがあります。

路地裏に突然現れたりするのでお気に入りのウォールアートを探して写真を撮るのも楽しいでしょう。

イポーの場所・行き方・アクセス

マレー鉄道KTMと長距離バス

マレー鉄道KTM

マレー鉄道KTM

マレー鉄道KTMの座席

マレー鉄道KTM

マレーシアの首都クアラルンプールからイポーまでは「マレー鉄道KTM」と「長距離バス」が運行しています。

マレー鉄道KTMRM35.00約2時間20分
長距離バスRM20〜約3時間10分

マレー鉄道KTMのチケット

マレー鉄道KTMはKLセントラルからイポー鉄道駅まで所要時間約2時間20分。料金は片道MYR35.00

クアラルンプールのTBSバスターミナルからイポーのTerminal Amanjayaまではバスで約3時間10分です。料金はMYR20〜27程度。イポーのバスターミナルはイポー中心部から約8km離れています。

マレーシアの交通事情は一筋縄ではいかず、行きのKTM(クアラルンプール→イポー)は出発に際し2時間遅延、帰りのKTM(イポー→クアラルンプール)は20分遅れ。以前バスでKLからペナンへ行く時も30分遅れでバスが出発したため、とかくマレーシアではスケジュール通りにはいけません。

マレーシアのイポーに行こうとお考えの時点でマレーシア旅に慣れている方だと思いますし、かなりスケジュールに余裕がある方だと思いますが、もはや遅延もシートベルトがちぎれていることもマレーシアの魅力だと思いながらイポーに訪れるぐらいの方が楽しめます…(よね…)。

イポー駅KTMの時刻表

イポー駅KTMの時刻表(※クリックで拡大します)

マレーシアのKTMは利用者が多いらしく、直近の列車は満席になることが多いようです。わたしもその場でKTMを予約しましたが、直近の電車は満席で次の列車になってしまいました。イポー駅にはコインロッカーもありますので、万が一待ち時間ができてしまった場合は歩ける範囲で駅周辺を散策してみるのもいいかもしれません。

イポーの街中の移動では計3回UBERを利用しましたが、UBERについてもいずれも突っ込みどころ満載でありました。

Restaurant Lou Wong Tauge Ayam Kuetiau → Restran New Holly WoodRM5.15約12分
Restoran New Holly Wood → ケロットン(中国寺院)RM13.67約27分
ケロットン(中国寺院) → コンテナホテルイポーRM36.06約28分

1回目は道中でガソリンを入れてもいいか?と言い出す(しかも言い出した時点ですでにガソリンスタンドなう)、2回目は道を何度も間違える、3回目は自宅に姉がいるので立ち寄って乗せていってもいいか?というパターン。

もうこれもマレーシア旅の一部です、適当万歳!

おわりに

マレー鉄道縦断旅をするのであれば、ペラ州の州都イポーは立ち寄る価値あり。

ハイライトはコロニアル建築と絶品タウゲアヤム。一泊する時間があれば洞窟寺院を散策してみるのもよいと思います。

イポーのホテル セール情報をチェック|agoda

コンテナホテルイポー
コンテナ ホテル イポー宿泊記|Container Hotel Ipoh
ペナン島のブルーマンション(チョンファッツィマンション)
ペナン島ジョージタウン観光の見どころ(マレーシア)
世界遺産マラッカ オランダ広場
世界遺産マラッカ観光 海上交易の要衝を巡る…
シンガポールからジョホールバル1日観光!旅行記・行き方