布部駅「北の国 此処に始る」Nunobe Station, Furano

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

北海道富良野を舞台にしたTVドラマ『北の国から』の始まりの地、布部駅(Nunobe Station)

布部駅 Nunobe Station

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

北海道富良野を舞台にしたTVドラマ『北の国から』。

1981年に第1回〜24回のドラマシリーズが放送され、以降スペシャル8回で高視聴率を叩き出し、2002年にその幕を閉じた今も語り継がれています。

このドラマはここ、布部駅(Nunobe Station)から始まりました。

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

駅舎の前には、脚本家の倉本聰氏が描いた「北の国 此処に始る」の木碑があります。

TVドラマの放送当時は国鉄・有人駅でしたが、現在はJR北海道の管轄・無人駅に。

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

待合室から、草太目線。

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

プラットホームから、五郎・純・螢目線。

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

布部駅はJR北海道「根室本線」に属しています。

上りの隣駅(北隣)は富良野駅、下りの隣駅(南隣)は山部駅。
発車時刻表を確認すると、上り下りともに1日4本しかありません。

さらに備考欄に記載の通り、2016年8月発生の台風被害により「新得〜東鹿越」の区間は不通に。
復旧のめどは立っておらず、上記区間の中には映画『鉄道員(ぽっぽや)』のロケ地として知られる幾寅駅が含まれます。

ちなみに新得駅といえば『北の国から ’95秘密』にて、純が根室の落石へ向かう螢を送迎するため、車で送り届けた駅です。

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

『北の国から』ロケ地巡り 布部駅

さいごに、布部駅の場面といえば、『北の国から』連続ドラマ第3話の北村清吉爺さんの名台詞も忘れてはなりません。

「おまえら、いいか。負けて、逃げるんだぞ」
「おまえら、負けて逃げるんじゃ」
「わしらを裏切って、逃げ出していくんじゃ」
「そのことだけは、よーく覚えとけ」

布部駅の場所・行き方・アクセス

マップコード:550 723 675*06
JR富良野駅から車で6.5km、約11分。
新富良野プリンスホテルから車で7.8km、約11分。
拾ってきた町 やがて町から車で12.8km、約15分。

『北の国から』五郎さんの帽子 うさぎ印白麦 『北の国から』北海道・富良野 ロケ地巡り

<< 『北の国から』ロケ地巡り 目次に戻る