タマン アユン寺院|Pura Taman Ayun

タマンアユン寺院 メル

かつてバリ島に存在したムングウィ王国の寺、2012年に世界遺産に登録されたタマン アユン寺院(Pura Taman Ayun)を訪れてみました。

スポンサーリンク

タマン アユン寺院(Pura Taman Ayun)

タマンアユン寺院 お堀

タマン アユン寺院(Pura Taman Ayun)は、バリ島に存在したムングウィ王国の寺として1634年に建築された、歴史の長い寺院のひとつです。バリ島ではブサキ寺院に次いで2番目の大きさを誇ります。

1937年以後に大規模な修復が行われ、バリ島観光でも人気の高い寺院のひとつです。

寺院の周囲、さらに中心部の境内の周りにも小さなお堀があり、山から流れてきた潤沢な水を貯めています。

寺院の中の芝は見事に手入れされており、周囲のお堀の水と相まって、美しい庭園の景観を楽しむことができます。

img_1166c

お堀に貯めた水は、水門で水量を調節しながら周辺の田園に注ぐことで、年中豊かな水が田園に注ぎます。バリ島では同じ田んぼで年に3回稲を育てています。

タマンアユン寺院 割れ門

タマン アユン寺院の割れ門、チャンディブンタル。

img_1058c

橋を渡る途中、小さな猫さんが出迎えてくれました。日本語ガイドさんの話によると、この子は人懐こい性格で、いつもタマン アユン寺院にいるとのこと。タマン アユン寺院に訪れる際は、ご挨拶してみてくださいね。

チケット料金

入場料

タマンアユン寺院 入場料

入場料は1人あたり20,000ルピア。

バトゥール山外輪のウルン ダヌ バトゥール寺院よりも入場料が安いです。タマン アユン寺院は南部からのアクセスもいいですし、欧米人日本人問わず、ローカルの方まで多くの方が訪れています。

闘鶏場

タマン アユン寺院 闘鶏場 img_1154c

途中、右手に見える建物は、闘鶏場。お祭りの時は、ここで実際に鶏同士の闘いがあるそうです。鶏の足にナイフを付けて戦わせるため、闘いはすぐに決着がつくとか。

img_1159c img_1158c

バリ島の建築物は地震を想定した構造にはしているものの、台風がないがために暴風を受けた際の耐風の想定はしていないとのこと。この闘鶏場の柱についても、石の土台に乗せているだけです。

お祭りの準備

img_1108c

タマン アユン寺院では、約200日に1回のペースでお祭りが開催されます。今回訪れたタイミングがお祭りの直前ということで、お祭りの準備に取り掛かる地元の方の姿を見ることができました。普段は、誰もおらずガランとしているそうです。

手前ではガスコンロを使って野菜を茹でていますが、奥では昔ながらの竃(かまど)で茹でています。

img_1110c

地元で採れた、ほうれん草やにんにく、玉ねぎをカット。

img_1113c

こちらでは、お供え物を丁寧につくっています。

img_1112c img_1111c

境内

タマンアユン寺院

観光客はタマン アユン寺院の境内に入ることができません。ただし、周囲から覗き込むことができるので、ぐるりと周って中の様子を確認できます。

img_1076c

脇にあるこちらの建物の上部には、木の鐘が設置されており、お祭りの際はゴーンと音を鳴らすそうです。

タマンアユン寺院 境内 タマンアユン寺院 メル タマンアユン寺院 メル

山の精霊を祀るメルは、境内の敷地内に全部で10基。

img_1133c img_1135c

途中、石の塀に穴が開いており、覗き込むと遊び心のあるショットを撮影できました。

タマン アユン寺院の場所・行き方・アクセス方法

タマンアユン寺院は、ヌサドゥアのホテルを8時30分に出発し、10時30分頃に到着しました。

この後わたしは北部のジャティルウィ棚田を見に向かいましたが、タマン アユン寺院周辺にはウブドやタナロット寺院もあるため、このエリアで一日観光される方も多いはず。

まとめ

img_1152c

タマン アユン寺院は、南部リゾートからのアクセスがよいこともさることながら、物売りやボッタクリもいないため、多くの人で賑わっていました。やはり、安全には変えられないですね。

バトゥール外輪のウルン ダヌ バトゥール寺院とはえらい違いです。

タマン アユン寺院とタナロット寺院の夕日観光がセットになったツアープランも豊富なので、自分の旅行プランに合わせやすいのもGood。

タマン アユン寺院の営業時間などの基本情報

住所 Jalan Ayodya, Mengwi, Kabupaten Badung, Bali 80351, Indonesia
電話番号
営業時間 8:00~17:00

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。