サグラダファミリア 生誕のファサード Façade del Naixement

バルセロナ サグラダファミリア 生誕のファサード

サグラダファミリア(Basílica de la Sagrada Família)の顔ともいえる「生誕のファサード」を写真を交えて振り返ります。

生誕のファサード Façade del Naixement

サグラダファミリアの生誕のファサード Façade del Naixement

バルセロナのサグラダファミリアで「イエスの誕生」を表現したファサード、生誕のファサード(Façade del Naixement)。
3つのファサードの中で、唯一建築家アントニ ガウディの存命中に着手したものであり、「ガウディの思考に最も限りなく近い」ファサードです。

サグラダファミリアはスペイン内戦(1936〜1939年)時に図面がすべて燃やされてしまったために、正確な図面がありません。
1926年に建築家ガウディが亡くなり、肝心の図面は後の戦争で焼かれてしまいます。
しかし、ガウディの思考を深く理解・共有していたお弟子さん・石工職人さんにより「すべて石造りで完工」したファサード。
それが、生誕のファサードです。

建築家ジュゼップ マリア ジュジョール(Josep Maria Jujol Gibert)が作ったサグラダファミリア生誕のファサードの模型

1910年 生誕のファサード模型 1:25(Josep Maria Jujol Gibert)

バルセロナ サグラダファミリア 生誕のファサード

生誕のファサード Plaça de Gaudíから撮影

生誕のファサードは日本人彫刻家 外尾悦郎氏が石工職人として長年従事。
外尾さんの著書『ガウディの伝言』は、バルセロナ旅行へ行く前に熟読をおすすめします。

バルセロナ旅行に持っていくべき旅行本(旅行ガイドブック)

希望の扉口

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The wedding of Mary and Joseph)

The wedding of Mary and Joseph

生誕のファサードは3つの扉に分かれています。

  • 希望の扉口(左)
  • 慈愛の扉口(中央)
  • 信仰の扉口(右)

ストーリーの順番から、まずは希望の扉口。
「マリアとヨセフの結婚式」

氷柱をデザインした破風は、季節を表現。
その上で、構造的な役割も持たせる。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The flight to Egypt)

The flight to Egypt

ユダヤの支配者ヘロデ王が幼少のイエスを殺害しようとしていることを知り、エジプトへ逃げるイエスを抱くマリアとヨセフ。
「エジプトへの逃避」

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The massacre of the Innocents)

The massacre of the Innocents

イエスキリストの誕生を恐れたヘロデ王が2才以下の幼児をすべて殺害、「幼児虐殺」

慈愛の扉口

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The coronation of Mary)

The coronation of Mary

慈愛の扉口の上部にある「聖母戴冠」。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The annunciation of the Virgin Mary)

The annunciation of the Virgin Mary

左右に楽器を奏でる天使6体、中央にはその音色に合わせて歌う9人の家族の像。
これらの天使像15体は、外尾悦郎さんが彫ったものです。
その歳月、16年。

サグラダファミリア 生誕の門のハープ像

外尾さんが15体の天使像の中で最初に掘った、ハープの天使像。
天使の持つハープに弦が見えますか?そこにあるはずのない、弦。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The nativity)

The nativity

ベツレルムの星と天使の下に「キリスト降誕」。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The adoration of the Magi)

The adoration of the Magi

新しいユダヤの王の誕生をベツレヘムの星によって知らされ導かれた、東方三博士。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The adoration of the shepherds)

The adoration of the shepherds

イエスの誕生に立ち会う、羊飼い。

信仰の扉口

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The presentation of Jesus in the temple)

The presentation of Jesus in the temple

「聖燭祭」

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, Jesus preaching in the temple)

Jesus preaching in the temple

法律学者と議論するイエス。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, Mary's visit to Elizabeth)

Mary’s visit to Elizabeth

聖エリザベトを訪問する聖母マリア。

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, Jesus working as a carpenter)

Jesus working as a carpenter

大工として働く若き日のイエス(右側)。

生命の木 糸杉

Basílica de la Sagrada Família(Façade del Naixement, The cypress, the tree of life)

The cypress, the tree of life

中央の慈愛の扉口の上部には白い鳩が舞う生命の木、糸杉。
糸杉の頂点にイエス キリストを象徴する赤い十字架。

糸杉の裏には鉄筋が一切入っていない石橋が見えます。
生誕の塔を訪問の際に訪れる、鉄筋が一切入っていない空中に浮かぶ石橋。

バルセロナ サグラダファミリアの鐘楼からの眺望
サグラダファミリアの塔へ|鐘楼(バルセロナ)

糸杉の下には「Jesus Hombee Salvador(救世主イエス)」のJHSの文字。

糸杉とJHSの文字の間を見ると、白いペリカンの親子がいます。
遠くからは見えるものの、近くから見上げると見えなくなってしまうペリカンの親子。

このあたりの考察も、外尾さんの著書にまとめられています。
一見の、通りすがりの観光客では到底辿り着くことができない。
何十年も暗闇と静寂の中で石を掘り続けた職人さんの考察。痺れます。

亀の雨樋

慈愛の扉口の左右にある柱。

柱は雨樋の役割を果たしており、雨の日は柱を通った雨水が亀の口から吐き出される設計。

サグラダファミリア 生誕のファサード 亀の雨樋

サグラダファミリア 生誕のファサード 亀の雨樋

雨樋の下にある亀も工夫が凝らされています。
北の山側はリクガメ、南の海側はウミガメです。

雨樋の亀には「サグラダファミリアをゆっくりと休まずに作り続けていこう」という意味が込められているそうですが…。
昨今は、サグラダファミリアの工期を短縮するためにコンクリートが使われてしまう始末。
石工さんが一生懸命に掘って作った亀の姿が、何とも皮肉に映ります。

生誕の門の扉

サグラダファミリアの生誕の門の扉

生誕の門の扉のデザインも、外尾さんによるもの。
生誕の門にあって不自然ではなく、さらには生誕の門に描かれていなかった者たちが表現されています。

サグラダファミリアの生誕の門の扉

サグラダファミリアの生誕の門の扉

サグラダファミリアの生誕の門の扉

サグラダファミリア Basílica de la Sagrada Família 聖堂内部

その草むらの扉を抜け、森の中へ。

サグラダファミリア Basílica de la Sagrada Família 聖堂内部
森のように。サグラダファミリアの聖堂内部(バルセロナ)

shares