タマディアホテル羽田 宿泊記|TamaDear Hotel Haneda

タマディアホテル羽田 ベッドルーム

羽田空港に程近い京急空港線穴守稲荷駅徒歩2分の立地にオープンした、タマディアホテル羽田(TamaDear Hotel Haneda)に宿泊しました。

今回は、タマディアホテル羽田に宿泊した感想をたっぷりの写真を交えてまとめます。

スポンサーリンク

タマディアホテル羽田(TamaDear Hotel Haneda)

タマディアホテル羽田の外観

タマディアホテル羽田(TamaDear Hotel Haneda)は2016年3月18日にオープン、住宅メーカー「タマホーム」の100%子会社「タマホテルズ」が運営するビジネスホテルです。そして、タマディアホテル羽田はタマディアホテルシリーズの記念すべき第1号!コンセプトはCompact&Quality。

タマディアホテル羽田のルームキー

THのロゴマークは、タマディアホテルだけでなくタマホームともかかっているわけです。タマホテルではなくタマディアホテルにしたのは、語呂がいいからでしょうか。

日本は少子高齢化が進むため、新規の住宅着工件数はピークアウトしています。タマホームも住宅事業だけに頼るのではなく、事業ポートフォリオを多角化していく必要があります。住宅事業で培った経験や強みがホテル事業にどう活かされているのか?という点にも注目したいところ。

タマディアホテル羽田のエントランス img_2299c

一戸建ての住宅展示場を思わせる、中木と低木を組み合わせたエクステリアが出迎えてくれます。

img_2386c
客室タイプ 広さ 定員 ベッド数
シングル 13㎡ 1 1(幅1,400)
ダブル 13㎡ 2 1(幅1,400)
ツイン 17㎡ 2 2(幅1,000)
ユニバーサルツイン 26㎡ 3 2(幅1,000)

客室タイプは4種類。お部屋のグレードも1種類のみです。

ツインルーム(Twin Room)

今回宿泊したのは、ツインルーム(Twin Room)です。Booking.comでツインルームが32%割引になっていたのでツインルームを予約。ツインルームのお部屋の広さは17㎡と、1人で宿泊するにはかなり贅沢なプランとなりました。

Booking.comでタマディアホテル羽田の宿泊価格をチェック

ベッドルーム

タマディアホテル ベッド

タマディアホテルの特徴のひとつがベッド。全室シモンズ社製のベッドです。就寝時の身体の回復力が違います。宿泊目的がフライト前の前泊・あるいはフライト後の宿泊であろうと、身体をしっかり休めておきたいという願いは誰もが共通するところ。

ベッドフレームにはステッチ調のデザインがアクセントで入っており、一瞬革張りと思えるような騙し絵ルック。予算をかけずに高級感を演出しています。

img_2503c

しかし、お部屋の中央に付いているメイン照明が真っ白な「お餅」だったのは、いかにもビジネスホテルのようで、かなり残念…。と思いきや、メインの照明を消して、サイドテーブルの灯りとワークデスクのみの灯かりのみにしたところ、ラグジュアリーホテルを思わせる暖かい雰囲気のライティングに。

タマディアホテル羽田 ベッドルーム

お部屋を落ち着いた空間にしたいのであれば電球色の照明だけ点ければいいし、明るくしたいのであれば蛍光灯色のメイン照明も点ければOK。宿泊者が好みのライティングを選べるようにバリエーションを用意しています。

タマディアホテル羽田 ワークデスク

ワークデスクは室内を有効活用できるように、奥行きが若干狭くワイドスパンの設計です。この辺は好みが分かれる点だと思いますが、ノートPCで作業する分には問題ない奥行きだと思います。

img_2322c

テレビモニターはシャープのアクオス。TV視聴はもちろん、フライト状況(国内線のみ)や4Fにあるランドリーの使用状況を確認可能。ワークデスクの横には、空っぽの冷蔵庫とシャープの空気清浄機があります。

バスルーム

タマディアホテル羽田 バスルーム

バスルームとサニタリーはLIXILグループのINAX社製。トイレはシャワートイレ付き。

タマディアホテル羽田のシャンプー・ボディーソープ

シャンプー&コンディショナー&ボディソープはPOLAのエステロワイエ。一本1,500円する人気商品です。ビジネスホテルのシャンプーは泡立ちの悪い安物が多く、髪がゴワゴワになりがちですが、ポーラのエステロワイエなら心配無用です。

また、手洗い&洗顔ソープは資生堂の泡タイプだったので、手洗いや洗顔の際に泡を作る手間がなく便利でした。

タマディアホテル羽田のアメニティ

歯ブラシや綿棒、剃刀は常備されてます。

タマディアホテル羽田 ドライヤー

ドライヤーはKOIZUMI。女性の方だと、風量の弱さが気になるかも。

ズボンプレッサー

タマディアホテル羽田 ズボンプレッサー

ズボンプレッサーは部屋の出入り口に壁付けされており、コルビー社(CORBY)製です。わたしもスーツを着ていたころはコルビーのプレッサーを愛用しており、綺麗に折り目を付けられるので気に入っていました。

ビジネスマンにとって、パンツに折り目が入っているかどうか?非常に気になる点のひとつ。コルビーのズボンプレッサーが標準で備え付けであるのはありがたいところ。

Wi-Fi

無料のWi-Fiは、お部屋ごとにアカウントが振り分けられています。TV画面にパスワードが表示されているので入力すればすぐ使えます。接続スピードは申し分なし。

コンセント

コンセントはワークデスクに2箇所、サイドテーブルに1箇所ずつの計2箇所。

お部屋からの眺望

タマディアホテル羽田の眺望

今回は東向きのプランのため、月極駐車場側の開けた眺望でした。今回宿泊したお部屋は5Fでしたので羽田空港までは見えませんでしたが、最上階8階のプランだとさらに視界が開けるのではないでしょうか。

とはいえ、空港直結のロイヤルパークホテルザ羽田や幹線道路に面するホテルJALシティ羽田の眺望と比較すると、劣っている感は否めません。

フロアマップ

タマディアホテル羽田 フロアマップ

エレベーターに近い3部屋がツインルーム。他は、すべてシングルルームです。

レストラン(朝食)

タマディアホテル羽田の朝食会場

朝食は1Fのビュッフェで食べられます。(実際にテラスで食べる方はいないのでしょうけど)フラットアプローチのテラス席・外構の緑が見えるので広く感じます。さらに数年経過して植栽が育てば、窓の外の緑もより豊かに見えるのでしょう。

朝食の料金は1,200円、営業時間は5:00〜10:00(9:45ラストオーダー)でした。

大人 1,200円
子供 600円
img_2591c
和食 白米、味噌汁、温泉卵、味付け海苔、納豆、長いも、たらこ、山形のだし、仙台笹かま、きんぴらごぼう、出し巻き卵、ちまき
洋食 パン(4種類)、 スクランブルエッグ、ベーコン、ソーセージ、チキンカレー、チキンのトマト煮込み、チキンのクリーム煮込み、コーンフレーク、サラダ、フルーツ
中華 点心
img_2579c

和洋ともに基本的なメニューから、ちょっと変わったメニューまで用意してあるので、1,200円にしてはバリエーションが豊富に感じます。点心は中国人観光客にとっては嬉しいでしょう。

img_2593c

コーヒーマシンはドイツWMF(ヴィーエムエフ)のプレスト。お茶やソフトドリンクも充実してます。

その他の施設

img_2304c

乾燥機能付きのコインランドリーは4Fに3台(コインランドリーの料金表はこちら)。

1Fエレベーター前にインターネットPC2台。7階の自販機ではアルコール類の販売・製氷機・電子レンジも。

タマディアホテル羽田の場所・行き方・アクセス

京急空港線 穴守稲荷駅徒歩2分

穴守稲荷駅前の大鳥居

タマディアホテル羽田は、京浜急行空港線の穴守稲荷駅徒歩2分の立地です(踏切を渡るので+2分程度想定しておいた方がベター)。穴守稲荷駅から羽田空港国際線ターミナル駅までは2駅、羽田空港国内線ターミナル駅までは3駅でダイレクトアクセス。

無料のシャトルバス送迎(ホテル⇄羽田空港)

タマディアホテル羽田のシャトルバス

また、タマディアホテル⇄羽田空港の無料のシャトルバス送迎は、ホテル→羽田空港が一日15本(朝)、羽田空港→ホテルが一日10本(夜)出ています。シャトルバスは19人 or 23人乗り、予約制ではなく先着順です。

無料シャトルバスの時刻表をチェック(楽天トラベル)

平日(月曜日)朝の9:30に乗車しましたが、自分を含めて乗車客は2人のみでした。国際線ターミナルまでは約10分、国内線第1ターミナルまでは約20分、国内線第2ターミナルまでは約25分です。

周辺環境

タマディアホテル羽田前のまいばすけっと
タマディアホテルの目の前には、イオングループのスーパーまいばすけっと(7:00~翌0:00)がありますし、近くにローソンもあるので不便はありません。

また、周囲には興味をそそられる飲み屋さんがいくつかあるので、夕食がてら一杯楽しめます。

穴守稲荷 千世

今回は、江戸前居酒屋の名店「千世」でお食事しました(タマディアホテル羽田から徒歩2分)。

噛み応えのあるタコを炙り焼きにした、たこ焼き刺し(1,300円)は絶品。甘えびの酒盗和え(600円)では、意外な組み合わせも合うのだと実感します。そして、新鮮なイカの身と肝をからめた生塩から(900円)も酒の肴にグッド!穴守稲荷駅界隈のホテルに宿泊した際は、ぜひまた再訪したいです。

感想・口コミ

タマホームのホテル事業第1弾という点に着目して過ごしましたが、お金をかけるべきところとかけないところの強弱・バランスを上手く取っているという印象を持ちました。

ただし、周囲にあるJALシティホテルやホテルマイステイズと比較した場合に、必ずしもタマディアホテルに宿泊すべき理由は見当たらないというのが正直な感想。開業から半年弱のタイミングで訪れたため、若干フロントの方とのやり取りでぎこちなさもあり、?と感じる部分もありました。加えて、ブランド戦略の一環なのでしょうが、ホテルのサインがいかにもタマホームなのもどうなの…という気もします。

予算を抑えつつ、かつ羽田空港に近いホテルにを探す際、候補のひとつになるホテルだとは思います。

ホテル情報・ご予約

じゃらんnet|タマディアホテル羽田
楽天トラベル|タマディアホテル羽田

住所 〒144-0043 東京都大田区羽田4-14-4
電話番号 03-3741-5573
チェックイン 14:00〜
チェックアウト 〜11:00

羽田空港のホテル一覧をチェック|じゃらんnet

ロイヤル パーク ホテル ザ 羽田 宿泊記|Royal Park Hotel the Haneda

2016.12.10

ホテルJALシティ羽田東京 宿泊記|Hotel Jal City Haneda Tokyo

2016.11.15

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。