ザ ビーチ タワー沖縄 宿泊記(北谷サンセットビーチ)

北谷サンセットビーチの夕日

沖縄の中部は北谷(ちゃたん)、ザ ビーチ タワー沖縄(The Beach Tower Okinawa)に2泊滞在しました。

ここではザビーチタワー沖縄のお部屋やアクセス、北谷サンセットビーチからの美しい夕日をご紹介します。

ザ ビーチ タワー沖縄 The Beach Tower Okinawa

ザビーチタワー沖縄 ホテル入り口

ザビーチタワー沖縄と北谷サンセットビーチ

ザ ビーチ タワー沖縄(The Beach Tower Okinawa)は沖縄県北谷町にあるタワー型のホテルリゾート。LA VISTAのホテルブランドを中心に日本各地で展開する共立リゾートが運営。

ホテルの西側には人口の砂浜サンセットビーチがあり、ホテルの周辺には美浜アメリカンビレッジや観覧車などの商業施設が揃います。

ザビーチタワー沖縄 ホテル外観

ザビーチタワー沖縄と北谷サンセットビーチ

ザビーチタワー沖縄 ホテルフロント

ザビーチタワー沖縄の施設マップ

ホテル敷地内には温泉&プール施設「テルメヴィラちゅらーゆ」があり、ザビーチタワー沖縄の宿泊者は滞在期間何度でも無料で入場できるパスをもらえます。1Fにはドリンク類やスナック、お土産類、日焼け止めなどの売り場があるので必要なものがあればそこで調達可能。

ホテルのタワーは24階建て。4基あるエレベーターの速度は郊外の団地を彷彿とさせるスピード。ホテル全体や客室を見ると結構古さを感じますね。

エグゼクティブツイン Exective Twin

ベッドルーム

ザビーチタワー沖縄 エグゼクティブツインのお部屋

18〜21階に位置するエグゼクティブツイン(Exective Twin)のお部屋を予約。広さ46㎡のゆったりとしたプラン。

ザビーチタワー沖縄 見取り図

www.booking.com/hotel/jp/the-beach-tower-of-okinawa.ja.html

今回は南向きのお部屋です。バルコニーから北谷のサンセットビーチも見えます。

ザビーチタワー沖縄 エグゼクティブツインのお部屋

ドリンク類はさんぴん茶やコーヒー。お部屋にミネラルウォーターはありませんが水道水の蛇口があり、電子ポットでお湯を沸かせます。

バルコニーからの眺望

ザビーチタワー沖縄21Fバルコニーからの眺望

ザビーチタワー沖縄高層階から北谷サンセットビーチを望む

北谷サンセットビーチを見おろして。

ザビーチタワー沖縄21Fバルコニーからの眺望

ザビーチタワー沖縄21Fバルコニーからの眺望

温泉&プール施設「テルメヴィラちゅらーゆ」。

ザビーチタワー沖縄21Fバルコニーからの眺望

西の方角に見えるは、台風が来なければフェリーで行く予定だった慶良間諸島。手前の小島が前島で、奥は渡嘉敷島か?北谷から渡嘉敷島まで地図で直線距離を測ると約40kmでした。

MEMO
ザビーチタワー沖縄から見る慶良間諸島

慶良間諸島の島々(※クリックで拡大します)

後日慶良間諸島の渡嘉敷島と座間味島に渡り、原付で両島を一周。島に点在する各展望台からの眺望と照らし合わせを行い、ザビーチタワー沖縄から見えた島の名称をプロットしてみました(上記写真)。

稜線がゆったり横に伸びるのは渡嘉敷島。右手奥にある島は座間味島です。座間味島の奥に顔だけ見せるのはケラマジカが生息する無人島「屋嘉比島」でした。

バスルーム

ザビーチタワー沖縄 洗面室

ザビーチタワー沖縄 パジャマ

ザビーチタワー沖縄 バスルーム

ザビーチタワー沖縄 トイレ

アメニティ

ザビーチタワー沖縄 アメニティ

WiFi

ザビーチタワー沖縄はホテル内WiFiが無料です。しかし沖縄はホテルのWiFi速度が遅く、ザビーチタワー沖縄も例に漏れずかなり遅いです。

レストラン

ザビーチタワー沖縄のレストランは朝食・ランチ・ディナーのチュラティーダ、ディナーBBQのヤンバルクッチーナ、沖縄料理の北谷ダイニングの3ヶ所。

ザビーチタワー沖縄 チュラティーダの朝食バイキング

今回は二泊滞在。朝食付きプランで朝食券を2枚もらいました。朝食券は北谷ダイニングのランチで利用も可。

ザビーチタワー沖縄 チュラティーダの朝食バイキング

沖縄県産もずくや、油みそ、もずく入り海苔の佃煮、サーターアンダギー、沖縄そばなど、地産のメニューもあり。

ザビーチタワー沖縄 チュラティーダの朝食バイキングのステーキ

朝食からステーキを食べられます。

ザビーチタワー沖縄 北谷ダイニングの石垣牛丼

北谷ダイニングでは石垣牛丼とシークワーサードリンクをいただきました。

もしディナーをザビーチタワー沖縄内で食べる場合は早めにレストランを予約しておいた方がよいかもです。わたしは夕食を食べに予約なしで北谷ダイニングに行ったのですが、終日予約がいっぱいとのことで入れませんでした。

北谷サンセットビーチ Chatan Sunset Beach

北谷サンセットビーチ

ザビーチタワー沖縄の西側に面する人工の北谷サンセットビーチ(Chatan Sunset Beach)。宿泊者だけでなく誰でも出入り可能。天候によるのかもしれませんが海の透明度はあまり高くありません。小さなお子さんのいらっしゃるファミリーや若い方、東アジアからの観光客の方々が多くいらっしゃいます。

ザビーチタワー沖縄 バルコニーからの夕日

しかし、北谷サンセットビーチからの夕日・夕焼けは凄まじかった。とりわけ夕焼け。と言うのも、翌日に台風18号が上陸するということもあり南側に分厚い雲、そして西側は晴れているという最高のコンディション。「台風前の夕焼けは美しい」と聞いていましたが、自分の想像の遥か上でした。

この色は嘘でしょ!と自分でも言いたくなるほどですが、写真の色味は本物です。夕日が沈んだ後のダイナミックで分厚い雲、紫色に輝いていた水面、低い空を飛ぶ飛行機の姿は幻想的。Rawで撮影した生データの時点でこれほど美しいのは奇跡としか言いようがない。

北谷サンセットビーチの夕日

夕日が水平線に落ちる前に北谷サンセットビーチへ降りる。

北谷サンセットビーチの夕日

北谷サンセットビーチに腰掛けて夕日を眺める観光客

北谷サンセットビーチの夕日と飛行機

北谷サンセットビーチの夕日

北谷サンセットビーチの夕日

北谷サンセットビーチの夕日

北谷サンセットビーチの夕日

今回の夕焼けを超える夕焼けを見ることは当分できない気がします。

ザ ビーチ タワー沖縄の場所・行き方・アクセス

ザビーチタワー沖縄の行き方・交通手段は、

  1. 車(レンタカー、タクシー)
  2. 空港バス
  3. 路線バス

車(レンタカー)

那覇空港からレンタカーで車移動の場合は所要約1時間。タクシーの場合料金目安は5,000〜6,000円。

空港バス

空港バスは、那覇空港および、旭橋の那覇バスターミナルから「Aエリア」という路線で出ています。ザビーチタワー沖縄で下車。空港バスの運賃は那覇空港国内線・国際線ターミナルから片道800円、旭橋の那覇バスターミナルから片道720円。3〜11歳の小学生以下は半額。本数はオフシーズンで1日6本、ハイシーズンで1日8本と多くはないです。フライトの時刻によってはまったく使い物になりません。最新の路線マップ・時刻表は下記「沖縄バス」のサイトからチェックしてみてください。

okinawabus.com/wp/ls/

路線バス

那覇バスターミナル

那覇バスターミナル

北谷 軍病院前バス停

「軍病院前」バス停

路線バスは、ゆいレール旭橋駅前の那覇バスターミナルから28番29番読谷線の読谷バスターミナル行き、もしくは那覇空港から120番線名護西空港線で約1時間。「軍病院前」というバス停で下車し、ホテルまでは徒歩7分です。路線バスは上り下り共に1日55本走っていますので空港バスよりも使いやすいかもしれません。

しかし日本は相変わらず組織が縦割り感満載で、沖縄も例外ではなく、色々と本当に分かりづらいですね(汗 沖縄の路線バスは下記リンクの「バスなび沖縄」で検索してみてください(これまた色々と使いづらいですが…)。

www.busnavi-okinawa.com/map/

感想・口コミ

ザ ビーチ タワー沖縄は、新婚旅行や30代以上の社会人の旅行ではかなり物足りないのでは、というの正直な印象。わたしは今回の旅程、本来は慶良間諸島に行こうと思っていたのですが、台風の影響で急遽キャンセル。急遽北谷に行き先を変えたわけですが、イオン、映画館、ボウリング場、カラオケ、スタバを見て若干げんなり…。

他方、小さいお子さんがいらっしゃるファミリーの家族旅行や、高校生・大学生ぐらいまでの方は楽しめるのではないかと思います。

北谷サンセットビーチの夕日

しかし北谷サンセットビーチから見たこの世のものとは思えないほどの美しい夕焼けは忘れられません。美しい景色と引き換えに翌日以降は台風で散々な目に遭いましたが…。

宿泊料金・口コミをチェック
じゃらんnet|ザ・ビーチタワー沖縄
楽天トラベル|ザ・ビーチタワー沖縄



Booking.com

住所 〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜8-6
電話番号 098-921-7711
チェックイン 15:00〜
チェックアウト 〜10:00

沖縄本島のホテル一覧をチェック|じゃらんnet