渡嘉敷島の観光&見どころ まとめページ

渡嘉敷島 港の見える丘展望台

慶良間諸島の渡嘉敷島(とかしきじま)を原付で一周。

渡嘉敷島の観光マップ、見どころを撮りおろしの写真を交えてご案内します。

渡嘉敷島の観光地図(マップ)

渡嘉敷島(とかしきじま)は慶良間諸島の東側に位置する南北約9kmの島。
自治体は渡嘉敷村。

島の中央部東にある渡嘉敷港まで那覇の「とまりん」から「フェリーとかしき」で約70分、高速船「マリンライナーとかしき」で約35分で結びます。

渡嘉敷島内の集落は「渡嘉敷(とかしき)」「渡嘉志久(とかしく)」「阿波連(あはれん)」の3箇所。
標高200m前後の稜線に点在する展望台からの眺望は慶良間諸島の島々はもちろん、天気のいい日には沖縄本島まで望めます。

林道大谷線には日本一早く咲く桜「ヒカンサクラ(1月〜2月)」、照山に咲く「ケラマツツジ(1月〜3月)」といった植物や、久比里原林道にはリュウキュウヤマガメやイボイモリなど珍しい動物も生息しています。

先の戦争においては住民の方々の集団自決が起きた悲惨な歴史があり、集団自決跡地や戦没者慰霊碑の白玉之塔といった戦跡があります。

渡嘉敷島のビーチ

とかしくビーチ

渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ

渡嘉敷島の西側に位置する渡嘉志久の集落と渡嘉志久ビーチ

阿波連ビーチと比較するとお魚は少なめですが、浜からのシュノーケリングで高確率でウミガメと遭遇できます。

先の戦争で米軍が渡嘉敷島に上陸した湾です。

とかしくビーチ

とかしくマリンビレッジのウミガメ

とかしくマリンビレッジのウミガメ

とかしくビーチ
とかしくマリンビレッジ宿泊記|Tokashiku Marine Village

阿波連ビーチ

渡嘉敷島の阿波連ビーチ

渡嘉敷島の阿波連ビーチ

阿波連の集落を抜けた先にある阿波連ビーチ

シュノーケリングでお魚をたくさん見れます。

阿波連ビーチ
阿波連ビーチ(渡嘉敷島)

渡嘉敷島の展望台・景勝地

赤間山 東展望台

渡嘉敷島の赤間山展望台

渡嘉敷島の最頂部227mの位置にある赤間山の東展望台

晴れていると30km東にある沖縄本島の町まで見えます。

備え付けの望遠鏡は無料で利用可。

渡嘉敷島の赤間山展望台
赤間山展望台(渡嘉敷島)

北山 西展望台

渡嘉敷島の赤間山西展望台

(北山と書いてニシヤマと読む)北山の西展望台からは慶良間諸島の島々を一望できます。

上の写真では手前右が座間味島、手前左が安室島。
左手の大きな島が阿嘉島、奥の中央が屋嘉比島になります。

村道大谷線

渡嘉敷島 林道大谷線

島の北西部を周り渡嘉敷集落の西側に抜ける林道大谷線
道を進むたびに少しずつ角度を変えながら座間味島や阿嘉島など慶良間諸島の島々の眺望を楽しめるルート。

渡嘉敷島から見る座間味島

座間味島の全景。左側が古座間味ビーチ、中央の湾が安護の浦、右側がトウマ浜。

座間味島 大岳

座間味島で最も高い山、大岳(うふだき)方面。
(霞で微かにしか見えませんが)奥には渡名喜島が見えます。

座間味島の古座間味ビーチと安室島の間に見えるケラマブルーの海。
中央奥に見えるはケラマジカの生息する無人島「屋嘉比島」であります。

渡嘉敷島のヒカンザクラ
渡嘉敷島 秋のヒガンサクラ

林道大谷線のカーブにあるヒガンザクラの木。

日本で一番早く咲く桜です。
渡嘉敷島のヒカンザクラの見ごろは1〜2月。

MEMO

「ヒガンザクラ」「ケラマツツジ」「ホエールウォッチング」をセットにして、1月〜2月頃に慶良間諸島に訪れるのも旅プランとしてアリかもしれません。

照山展望台とケラマツツジ

渡嘉敷島の照山展望台

阿波連と渡嘉志久の間にある照山展望台

渡嘉敷島の展望台の中で最も体力を使う階段を上りきると、西には慶良間諸島の島々、南に阿波連、北にとかしくビーチ、赤間山の山肌を望めます。

ケラマツツジ

照山展望台の入り口に向かう途中の照山遊歩道には渡嘉敷村花のケラマツツジが咲いていました(1月〜3月が見ごろ)。

渡嘉敷島の照山展望台
照山展望台とケラマツツジ(渡嘉敷島)

港の見える丘展望台

渡嘉敷島 港の見える丘展望台

渡嘉敷島 港の見える丘展望台

渡嘉敷島 港の見える丘展望台

渡嘉敷の集落の南側の渡嘉敷林道沿いにある「港の見える丘展望台」。
展望台の名称の通り、渡嘉敷港から渡嘉敷の集落まで一望できます。

渡嘉敷島のアラン展望台からの眺望

西に目を向けると、林道大谷線西側の稜線がよく見渡せる。

阿波連展望台 クバンダキ展望台

阿波連のクバンダキ展望台

阿波連展望台(クバンダキ展望台)の西には慶良間諸島の島々。

アラン展望台

渡嘉敷島 アラン展望台

港の見える丘展望台の南側にあるアラン展望台

渡嘉敷島のアラン展望台

渡嘉敷島のアラン展望台

渡嘉敷島のアラン展望台

アラン展望台は東側の眺望が開けています。
霞さえなければ沖縄本島の街が見えます。

手前は城島(ぐすく)、中央奥が前島です。

渡嘉敷島のアラン展望台とケラマツツジ

番外編 沖縄本島から見る慶良間諸島

ここで番外編。以前、沖縄本島の北谷から慶良間島をハッキリ望む写真を撮影したので、こちらであわせてご紹介します。

ザビーチタワー沖縄から見る慶良間諸島

北谷から望む慶良間諸島の島々(※クリックで拡大します)

沖縄本島からこれだけくっきり慶良間諸島の島々を確認できるのですから、晴れてさえいれば慶良間諸島側からも沖縄本島を確認できるはず。
上記写真の撮影は9月初旬です。

このあたり(天候、空の霞み具合)は運に左右される部分も大きいので、何度も足を運んでみるしかなさそうですね。
内地だと冬の方が空気が澄んでいて綺麗に見えるとよく聞きますが、慶良間諸島では冬だから空気が澄んでいる…ということもないのだとか。。

前岳林道展望台(裏ヶ丘展望台)

阿波連漁港を見おろしながら村道前岳線を進むと前岳林道にたどり着く。
これより以南は集落・民家はありません。

前岳林道展望台(裏ヶ丘展望台)

前岳林道展望台(裏ヶ丘展望台)

前岳林道展望台(裏ヶ丘展望台)。

南に浦の浜のビーチ、阿波連園地、無人島のウン島を望む。

阿波連園地展望台

阿波連園地展望台で見た彩雲

渡嘉敷島の最南端に位置する、阿波連園地展望台

阿波連崎展望台

阿波連園地展望台から見える島々

渡嘉敷島最南端の地から見る慶良間諸島の島々。

阿波連園地展望台で見た彩雲
阿波連園地展望台 現る七色の彩雲・暈(渡嘉敷島)

渡嘉敷島の戦跡

集団自決跡地

渡嘉敷島 集団自決跡地

赤間山 東展望台と北山西展望台の間にある集団自決跡地

昭和20年3月の米軍上陸の際、島の一般住民の方々が集団自決により亡くなられた場所です。

“The Reality of Mass Suicide – What happened here?” From LOS ANGELES TIMES Monday Morning, April 2 1945

白玉之塔

渡嘉敷島の白玉之塔

戦没者慰霊碑の「白玉之塔」。
渡嘉敷の集落から赤間山(北山)へ上る道の中腹にあります。

旧日本軍特攻艇秘匿壕

旧日本軍特攻艇秘匿壕

渡嘉志久ビーチの裏にひっそりとあるのは、旧日本軍特攻艇秘匿壕

沖縄本島西部から上陸作戦を行うであろう米軍を背後から挟み撃ちにして特攻攻撃するため、陸軍のベニヤ製のボート「海上特攻艇(マルレ)」を配置していた秘匿格納壕(神風特別攻撃隊による航空特攻や海軍の水中特攻「回天」「震洋」と異なる)。

当時は慶良間諸島の渡嘉敷、座間味、阿嘉、慶留間に特攻艇が配備され、渡嘉敷島には赤松嘉次大尉率いる「海上艇進戦隊第三戦隊(特攻艇100隻、人員540人余)」が配備されていました。

しかし昭和20年3月26日(硫黄島玉砕と同日)、米軍は座間味島、翌27日に渡嘉敷島に上陸。
慶良間諸島への上陸を予期していなかった旧日本軍は特攻艇のほとんどを廃棄します。

戦跡碑

渡嘉敷島 戦跡碑

戦争の歴史を記す碑文、戦跡碑
渡嘉志久から阿波連に向かう途中、照山の近くにあります。

渡嘉敷島で見た夕日・夕焼け

渡嘉敷島の夕日

渡嘉敷島の夕日

渡嘉志久の丘の上から撮影。

渡嘉敷島の場所・行き方・アクセス

渡嘉敷島は沖縄本島の西約30kmの場所に位置しており、那覇の「とまりん」から直通船が出ています。

フェリーとかしき

フェリーとかしき

マリンライナーとかしき

マリンライナーとかしき

慶良間諸島の船「みつしま」

みつしま村内航路

慶良間諸島は沖縄本島の西約30kmの場所に位置しており、那覇の「とまりん」から渡嘉敷港まで直通の「フェリーとかしき」「高速船マリンライナーとかしき」が出ています。

渡嘉敷島から座間味村の阿嘉島・座間味島に移動する場合、座間味村の「みつしま村内航路」で移動可能。
「みつしま村内航路」は前日17時まで事前予約が必要になるのでご注意ください。

那覇港 ⇄ 渡嘉敷港那覇とまりん港 ⇄ 渡嘉敷島の場所・行き方・アクセス
渡嘉敷阿波連港 ⇄ 座間味港・阿嘉港渡嘉敷島の阿波連港 ⇄ 阿嘉港・座間味港の場所・行き方・アクセス
阿嘉港 ⇄ 座間味港阿嘉港 ⇄ 座間味港の場所・行き方・アクセス

慶良間諸島の詳しい行き方、フェリー・高速船の料金・所要時間については「慶良間諸島の行き方(渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島)フェリーの予約方法まとめ」をどうぞ。

マリンライナーとかしきの船内
慶良間諸島の行き方(渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島)フェリーの予約方法まとめ
阿波連港とハナリ島

阿波連港とハナリ島

渡嘉敷港から集落へのアクセス

渡嘉敷港

那覇の「とまりん」とを結ぶ港、渡嘉敷港
フェリーと高速船の到着時刻に合わせ、阿波連ビーチ行きの一般乗合バス(とかしき観光バス)や民宿の送迎バスが停車しています。

送迎付きの民宿にご宿泊の場合、フェリーまたは高速船の到着時刻を事前に伝えておけばスムーズでしょう。

写真は渡嘉敷港北側の斜面にある平和橋から撮影した渡嘉敷港。

一般乗合バス

渡嘉敷港 バス停車場

とかしき観光バス
www.tokashikibus.jp/
片道運賃:大人/400円、子供/200円

レンタカー、レンタサイクル、レンタバイク

レンタカー or レンタバイクであれば、丸一日で島にあるほとんどのスポットを周遊できます。
起伏があるのでレンタサイクルはおすすめしませんが、欧米からの観光客の皆さんが歩きで移動している姿も見かけます。

アロハレンタ企画
www.tokashiki-guesthouse.com/aloha/

おわりに

豊かな自然の残る渡嘉敷島。沖縄本島とは異なる、別の魅力を感じました。

次は海と太陽が眩しいハイシーズン、そして季節の花(彼岸桜、ケラマツツジ)やホエールウォッチングを鑑賞できる冬のシーズンに再訪したいと思います。

渡嘉敷島 渡嘉敷集落の街並み

渡嘉敷集落

阿波連の猫

阿波連の猫たち

座間味港
座間味島の観光&見どころ まとめページ
シーフレンド渡嘉敷島のログハウス外観
シーフレンド渡嘉敷島 宿泊記