函館 湯倉神社 Yukura Shrine, Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館市内から函館市電に乗り、湯の川温泉(Yunokawa Onsen)周辺を散策。

市電の終点「湯の川駅」前にある湯倉神社(Yukura Shrine)へ。

湯倉神社 Yukura Shrine

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

最終的に海に注ぐ、長閑な雰囲気の湯の川沿いを歩く。
湯の川沿いを北に上ると、函館市電が走る大通り函館南茅部線にぶつかります。

湯の川が二股に分岐する手前。
小高い丘の上に赤い鳥居が見えました。
湯倉神社(Yukura Shrine)です。

15世紀中頃、「1人のきこりが病気になった際に湧き湯に漬けたところ完治」したことが湯の川温泉の始まり。
そのきこりが祠を立てた場所が現在の湯倉神社だったのだとか。

www.yukurajinja.or.jp/

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

湯倉神社の境内案内図

湯倉神社の境内案内図(※Click to enlarge)

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

社殿

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

1653年、松前藩主九代 高広(幼名 千勝丸)が病になった際、母親が「松前城の東にある温泉に行けばどんな病も治る」というお告げを夢の中で受けて温泉に浸けたところ、病が完治したという。
松前藩は湯の川に薬師如来像を設置し、鰐口を奉納。
現在もその鰐口は、社殿の中にあるそうです。

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

因幡白兎 Nadeusagi

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate なでうさぎ神兎 Nadeusagi

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate なでうさぎ神兎 Nadeusagi

湯倉神社の名物になっている、古事記(Kojiki is Japan’s oldest historical record)に登場する「因幡の白兎」。

隠岐の島から因幡(現在の鳥取県白兎海岸)まで渡る際に利用したサメを騙した結果、サメに全身の皮を剥がれてしまった白兎。
その上で、意地悪な八十神に「海水に浸かると治る」と騙され瀕死になっていたところを、オオアナムジ(後の大国主命、Ookuninushi no Mikoto)に助けられて一命をとりとめます。

湯倉神社の祭神は大己貴神(別名 大国主命)。
「病を封じる医療の神=温泉」
大国主命のように慈愛を持って兎をなでれば、願い事が叶うかも?

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

小槌

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate 小槌 Gavel

左の小さい小槌が健康長寿小槌(Health and longevity gavel)。
右の大きい小槌がが開運小槌(Good luck gavel)。

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

御神木 イチイ

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

樹齢370年を超える御神木。

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館の名産であるイカの形をした「イカすおみくじ」が人気のようす。
おみくじ結び所にはたくさんのイカが干され…、イカが結ばれていました。

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

函館 湯倉神社 Yukura Shrine Hakodate

湯倉神社の場所・行き方・アクセス

函館市電(Tram)湯の川駅(Yunokawa Station)徒歩1分。

Pin It For Later ↓

函館 湯倉神社 Yukura Shrine, Hakodate

shares