LINE配信をはじめました

アンバサダー トランジット ホテル宿泊記|チャンギ国際空港(シンガポール)

アンバサダートランジットホテルシンガポールのお部屋

2週間のシンガポール滞在の初日、飛行機が深夜着だったため、チャンギ国際空港トランジットエリア(制限エリア)内にあるトランジットホテル、アンバサダートランジットホテル(Ambassador Transit Hotel)に宿泊しました。

ここではアンバサダートランジットホテルの宿泊記を写真を交えて残します。

アンバサダー トランジット ホテル Ambassador Transit Hotel

アンバサダートランジットホテル 入り口

チャンギ国際空港ターミナルT1〜T3のトランジットエリアにはそれぞれトランジットホテルが併設されています。

T1はアエロテル トランジット ホテル、T2・T3はアンバサダートランジットホテル(Amabassador Transit Hotel)です。

宿泊時間(プラン)は6時間と12時間、お部屋はシングル・ダブル・トリプルの用意があります。
以下、公式ウェブサイトから予約した場合の6時間の料金です。

シングルS$90
ダブルS$110
トリプルS$135

今回はT3のアンバサダートランジットホテルに宿泊しました。

agodaの宿泊価格(ターミナル2)
agodaの宿泊価格(ターミナル3)

トリプルルーム Triple Room

アンバサダートランジットホテルシンガポールのお部屋

今回宿泊するお部屋はトリプルルーム。

ダブルサイズのベッドでしっかり休みたかったのでダブルルームを予約したつもりでしたが、実際にはトリプルルーム(ダブル+シングル)でした。1人なのに…。

ベッドルーム

アンバサダートランジットホテルシンガポール トリプルルーム

トランジットホテルながら、トリプルルームということもあってお部屋がだだっ広いです。
ベッドの寝心地は硬めで好みが分かれそう。

お部屋によっては窓から飛行機が見えるようですが、今回宿泊したお部屋には窓なし。
休息が目的なので窓はなくてもOKでしょう。

アンバサダートランジットホテル ワークデスク

小さいながらもワークデスクあり。

WiFiはチャンギ国際空港のWiFiにアクセス可能。
国番号(81)と携帯電話番号を送信するとSMSで5桁のPINコードが届きます。

350mlのミネラルウォーターが人数分(トリプルルームのため3本)置いてあります。お水は隣国マレーシアから輸入しているようです。

インドネシア産のインスタントコーヒー、セイロンティーのティーバッグ。電気ケトルあり。

バスルーム

アンバサダートランジットホテル バスルーム

バスルームは広いですがバスタブはなし。
シャワーは可変式で高さ調節可能です。

アンバサダートランジットホテル アメニティ

歯磨きセット、シェーバー、シャワーキャップなどのアメニティが一式揃っています。

レストラン(朝食)

今回は朝食ありプランです。
朝食会場は隣接するアンバサダートランジットラウンジ。

アンバサダートランジットホテルの朝食

しかし朝食はハッキリ言ってオススメできません。
品数が少なくどれも冷めている。

料金とのバランスが取れておらず、個人的に支払うとしたら300円レベル。
ご宿泊される場合は朝食なしプランでのご予約をおすすめします。

アンバサダー トランジット ホテルの場所・行き方・アクセス

※クリックで拡大します。

アンバサダートランジットホテルT2・T3のアクセスマップです。

ターミナル2・ターミナル3ともにホテルの場所はエスカレーターで上がった「3階」で、アンバサダートランジットラウンジに併設されています。

チャンギ国際空港の案内表示板に日本語が併記されており「Transi Hotel(トランジットホテル)」の案内に沿って進めばOK。数100メートルごとにインフォメーションカウンターがあるので空港のスタッフに聞いてしまうのが手っ取り早いかもしれません。

以下はターミナル3の詳細マップです。

アンバサダートランジットホテル マップ

※クリックで拡大します

アンバサダートランジットホテル マップ

※クリックで拡大します

感想・総評

ホテルそのものは二ツ星ですし、あくまでもトランジットホテルなので何か突出した点はありません。

トランジットはもちろん、深夜着のフライト後にすぐ身体を休めることができるのがメリット。
観光・出張問わずタイトなスケジュールの場合には休息の選択肢としてありだと思います。

トランジット・ストップオーバーの時間が長い場合は一度シンガポールに出国して別のホテルを探してもよいでしょう(クラウンプラザチャンギエアポート宿泊記)。

アンバサダートランジットホテルは部屋数が少ないため満室の可能性が大です。
実際にわたしがチェックインする際には当日予約しようとしていた方が3組連続で断られていました。

宿泊予定の場合はキャンセル無料・現地決済のプランでお早めのご予約を推奨します。
ご予約時には備考欄に「到着便名」と「到着予定時刻」を記載しておくとスムーズです。

住所:Departure Transit Lounge, Changi Airport, Singapore 918141
電話番号:ターミナル2:+65 6542 8122、ターミナル3:+65 6507 9798
チェックイン:8:00〜
チェックアウト:〜20:00

チャンギ国際空港周辺のホテル セール情報をチェック|agoda

クラウンプラザチャンギエアポート
クラウン プラザ チャンギエアポート宿泊記|Crowne Plaza Changi Airport
シンガポールで実際に宿泊したおすすめホテル