ペナンの青い邸宅 ブルーマンション The Blue Mansion, Penang

ペナン島のブルーマンション

ニューヨークタイムズ紙に「東洋のロックフェラー」と呼ばれたチョンファッツィの故居。

通称、ブルーマンション(The Blue Mansion, Penang)を訪れました。

ブルーマンション The Blue Mansion, Penang

ペナンの青い邸宅 ブルーマンション The Blue Mansion, Penang

ジョージタウン北部のホテルが並ぶ一角。
ぐるりと囲われた白い塀の中に、鮮やかな青でペイントされた中国式の住居があります。

チョンファッツィーマンション(张弼士故居)。
通称、ブルーマンション(The Blue Mansion, Penang)です。

広東省大埔出身の客家の事業家 张弼士(Cheong Fatt Tze、1840-1916)の住居だった建物は、38室、5つの中庭を持ちます。
現在は博物館として公開されており、ガイド付きツアー形式で内部を見学することができます。

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション ベネチアンシャッター

枠型が特徴的なベネチアンシャッター。

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

ふわりと柔らかい光が注ぐ中庭。

ツアー時の解説によると、大雨が降った時の排水を考慮して段差が設けられてるそうです。

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション アール・ヌーヴォーのステンドグラス窓

アール・ヌーヴォーのステンドグラス窓。

展示物の中には「张弼士がいかに影響力を持った人物」であったかを伺い知れるエピソードが掲載されていました。
1916年に张弼士が亡くなった際、イギリスとオランダが弔意を表すため半旗にしたそうです。
ニューヨークタイムズ紙では「東洋のロックフェラー」と呼ばれていたのだとか。

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

ブルーマンションの建物の一部はホテルになっており、宿泊も可能。
見学ツアーの後に中庭を覗きこんでいたら、スタッフの方が「写真を撮っても良いよ」と特別に中に入れていただけました。

中庭の外壁はマゼンダが強めの青色と薄藍色の2色あり、どちらも甲乙付け難いほどに素敵な空間です。

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

ペナン島のブルーマンション

今回のペナン滞在では、ショップハウスの宿泊施設(コーヒーアトリエ)に滞在。

こちらのブルーマンションには宿泊しませんでしたが、ペナンに再訪する際にはこちらのブルーマンションに宿泊してみたいです。

www.booking.com/hotel/my/cheong-fatt-tze-the-blue-mansion.ja.html

ブルーマンションのチケット料金・入場料

ブルーマンションのチケット料金・入場料

ブルーマンションの見学は1日3回のガイド付きツアーになります。

開催時刻:11:00、14:00、15:30
所要時間:45分
料金:MYR17

ツアーの事前予約は必要なく、開始時刻前に門の前で待機。
開催時刻が近づくと中のチケット売り場に案内してもらえます。

ブルーマンションの場所・行き方・アクセス

ペナン島のブルーマンション チョンファッツィマンション ペナン島ジョージタウン観光の見どころ(マレーシア)

<< ペナン旅行の目次ページに戻る

shares