ペナン島ジョージタウン観光(マレーシア)

ペナン島 ブランコのグラフィティアート

マレーシアのペナン島の観光・旅行記です。世界遺産ジョージタウンで訪れたスポットや、首都クアラルンプールからのアクセスなど。

ペナン島 Penang

マレー半島北西部に位置するペナン(Pulau Pinang、英:Peneng)。ペナン島は1786年にイギリス人のフランシス・ライトが上陸し、その後マラッカ・シンガポールとともにイギリスの海峡植民地のひとつとして発展していった歴史を持つ。

入植地となった北西部のジョージタウンにはコロニアル様式(植民地様式)の建物が今もなお町のアクセントとなっており、世界遺産に登録されている。マラッカ海峡の入り口でもある立地故、さまざまな人種・文化が交錯した地でもあり、そのことを示すかのように町にはイスラム教モスク、中国寺院、リトルインディア、プラナカン建築の建物も入り混じる。

お洒落なカフェやショップが随所に増えてきているうえ、近年はグラフィティアートにも力を入れており、グラフィティアートのプロットマップが観光案内所に置いてあるほど。

島にはマリンスポーツを楽しめるリゾートエリアもあるため、世界遺産ジョージタウン観光+リゾートも楽しめる、一滞在で色んな楽しみ方ができるマレーシア随一の観光地となっている。

ペナン(ジョージタウン)の観光マップ

MEMO
今回ペナン島で訪れた場所をプロットしたマップです。

コーンウォリス要塞 Fort Cornwallis

ペナン島 コーンウォリス要塞

コーンウォリス要塞(Fort Cornwallis)は、ジョージタウンの北東部にある1786年に東インド会社のフランシス ライトが上陸した地点に築いた星型の要塞。

コーンウォリス要塞のフランシスライト

フランシス ライト(Francis Light)

コーンウォリス要塞

コーンウォリス要塞

コーンウォリス要塞 スリランバイキャノン

オランダ東インド会社の紋章と1613年の年号が刻み込まれたブロンズ製の大砲、スリランバイキャノン(Sri Rambai Cannon)。1871年にイギリス海軍がセランゴールからペナンへ大砲を輸送をする際、海賊に襲われ沈没したSeri Rambai号から名付けられたもの。この場所には1941年、旧日本軍により北側に向けて設置されたとの記述があります。

コーンウォリス要塞

1884年に設置されたフラッグスタッフと、睨みをきかせる砲台。

コーンウォリス要塞

ビクトリアメモリアル時計塔 Victoria Memorial Clock Tower

ペナン島 ビクトリアメモリアル時計塔

コーンウォリス要塞の南東部、1902に完成した時計塔、ビクトリアメモリアル時計塔(Victoria Memorial Clock Tower)

セント ジョージ教会 St.George’s Church

ペナン島 セントジョージ教会

1818年に築かれたマレーシア最古の英国教会、セント ジョージ教会(St.George’s Church)

ペナン島 セントジョージ教会

クーコンシー Khoo Kongsi

ペナン島 クーコンシー

福建省から渡来した邸(クー)一族が築いた中国寺院、邸公司(クーコンシー、Khoo Kongsi)。ペナンの町の喧騒が嘘かのような静けさに包まれている。

龍山堂の上に輝く2匹のドラゴンに挟まれた真っ赤なパール。

クーコンシー 龍山堂

観音寺 Kuan Ying Teng

ペナン島 観音寺

ペナン最古の中国寺院、観音寺(Kuan Ying Teng)。地元の人と鳩で賑わっている。

カピタン クリン モスク Kapitan Kling Mosque

ペナン島 カピタンクリンモスク

ペナン島 カピタンクリンモスク

インドのムーア様式を取り入れた1916年再建のモスク、カピタン クリン モスク(Kapitan Kling Mosque)。元はカウダー モフディーン(Cauder Mohuddeen)が1801年に築いたモスクに起源を持つ。

マハ マリアマン寺院 Maha Mariamman Temple

ペナン島 ヒンドゥー寺院

リトルインディアの通りにひっそりと佇むヒンドゥー寺院 マハ マリアマン寺院(Maha Mariamman Temple)

同性一族の橋

中国からの移民が同性一族ごとに集落を作る同性一族の橋。西から楊一族、李一族、陳一族、周一族、林一族の橋と並ぶ。

長閑な雰囲気漂う橋の先端部。対岸にはマレー半島の町バタワースを望む。手入れされているのか疑ってしまう木の板を恐る恐る進む感じがなんとも。

プラナカンマンション Peranakan Manshion

ペナン島 プラナカンマンション

ペナン島に住居を構えたプラナカン一家の邸宅を改装し、プラナカン文化にまつわる展示品を並べるプラナカンマンション。館内は広く、今回は英語のツアーに参加してみました。

シンガポールの「プラナカン博物館」、マラッカの「ババニョニャヘリテージ」に続き東南アジアに根付くプラナカン文化の展示をじっくりと見学。

余談ですが、ここの受付さんが入場料のお釣りで「かなりの額」をごまかしてきました。即指摘したところ謝りつつも正しい金額のお釣りを返却してきたので可愛いものですが…、これがマレーシアのいいところとでも言っておくことにしましょう(棒。

プラナカンマンション プラナカン雑貨

グラフィティ Graffiti

ペナン島 グラフィティアート

ジョージタウンが2008年に世界遺産に登録された後、町の至るところに描かれたグラフィティアート(壁面アート)。

ペナンのグラフィティアートには壁面に描かれたものとスチール製の2種類あり、観光案内所に行けばプロットされたグラフィティアートのマップ(Marking George Town)をもらえます。

実際に歩いてみると観光客にウケがいいのは自転車や原付、ブランコといった物理的な物と絵画を組み合わせたトリックアート。インスタを見れば一目瞭然です。

ペナンヒル Penang Hill

ペナンヒルのケーブルカー

ペナンヒル ケーブルカー

ペナン島の中央部にある標高833mの山、ペナンヒル(Penang Hill)。香港のヴィクトリアピーク(ピークトラム)を思わせるケーブルカーに乗り、ジョージタウン・バタワースの町並みを見渡す高台へ。

ペナンヒルから見るジョージタウンの夜景

ペナンヒルから見るジョージタウンの夜景
ペナンヒルの夜景を見にケーブルカーでゆく

ペナン島の場所・行き方・アクセス

ペナン国際空港

ペナン島へのアクセス方法は主に飛行機(空路)と長距離バス(陸路)があります。

今回は「クアラルンプール→ペナン」を長距離バス、「ペナン→クアラルンプール」を飛行機で移動してみました。

長距離バス RM40.00 約5時間
飛行機(エアアジア) RM230.00 約1時間

「クアラルンプール→ペナン」の長距離バスは「TBSバスターミナル(KL) – Terminal Bus Ekspres Sungai Nibong(Penang)」区間。バスの出発が予定を30分遅れたり、シートベルトが根元からちぎれていたりと違った意味での「マレーシアらしさ」をたっぷりと味わえます。

BusOnlineTicket.com(マレーシア・シンガポールのバス予約サイト)の予約方法

ペナン国際空港 エアアジア

「ペナン→クアラルンプール」の飛行機はエアアジアの国内線で移動。エアアジアの国内線のチェックインは出発45分前締め切りと結構早いのでご注意ください。

北東部ジョージタウンからペナン国際空港までの距離は約15km、バスターミナルからの距離は約10km。今回ジョージタウン→ペナン島バスターミナルおよびペナン国際空港までの移動は自動車配車アプリのUBERを利用しました。

Terminal Bus Ekspres Sungai Nibong → ジョージタウン RM11.85 約23分
ガーニードライブ → ペナン国際空港 RM28.13 約37分

まとめ

歴史ある建物にウォールアートを組み合わせた思い切りのある観光戦略が、終始上手いと感じたペナン島ジョージタウン。

この記事では取り上げていませんが、ジョージタウンの西にあるガーニードライブはズバリ微妙でした。次は訪れていないリゾートエリア「バトゥ・フェリンギ」にも足を運んでみたいと思います。

ペナンのホテル一覧をチェック|agoda

コンテイナーホテルペナン 入り口
コンテナ ホテル ペナン宿泊記|Container Hotel Penang