クロアチア航空 ザグレブ→ドゥブロヴニク ビジネスクラス搭乗記

クロアチア航空 ビジネスクラスの座席

クロアチアのフラッグシップキャリア、クロアチア航空(Croatia Airlines)ザグレブ→ドゥブロヴニク間、ビジネスクラスに搭乗しました。

クロアチアの首都ザグレブから世界遺産ドゥブロヴニクまでのわずか55分間のフライトを写真を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

ザグレブ国際空港

今回は羽田からドーハ・ハマド国際空港で乗り継ぎ、カタール航空でザグレブ国際空港に到着。サウジアラビアやUAE、エジプトなどの6ヶ国がカタールとの国交断絶を発表した2ヶ月後ということで、飛行機が飛ぶのか一抹の不安がありましたが、無事出発・到着してなによりです。

ザグレブからドゥブロヴニクへの移動はクロアチア航空(Croatia Airlines)。国内線となるため、

  1. クロアチア入国
  2. 預け入れ荷物受け取り
  3. 国内線チェックイン
  4. 手荷物検査

の流れとなります。

預け入れ手荷物を受け取って到着ゲートに出ると、ATMや両替所、SIMのショップがあります。乗り換えに時間がある場合は必要なものを調達しておくとよいでしょう。

ザグレブ国際空港

近未来的な流線型のデザインが美しいザグレブ国際空港。天井高も高く、開放的。

ザグレブ国際空港

搭乗ゲート前。クロアチアの国内線の行き先モニターにはドゥブロヴニクとスプリットが多く、他にはザダル、オシイェクの表示。1週間〜10日間程度のクロアチア旅行であれば、ザグレブからドゥブロヴニク経由でスプリットへ行くか、ザグレブからスプリット経由でドゥブロヴニクを目指すルートの二択になるかと思います。

クロアチア航空 OU662便 ビジネスクラス

クロアチア航空 OU662便 クロアチア航空 機内

OU662便の機材はエアバス319-100。座席は3列・3列です。

クロアチア航空 ビジネスクラスの座席

今回ビジネスクラスで予約しましたが、ビジネスクラスとは名ばかりでなんちゃってビジネスクラスのようなもの。座席についてはエコノミークラスとほぼほぼ変わりません。若干シートピッチが広いので足元が広いくらいでしょうか。

ビジネスクラスのメリットは、預け入れ手荷物と機内持ち込み手荷物の増量、フライトのキャンセル・変更が無料、およびチェックイン・手荷物検査が優先レーン(スターアライアンスGOLDクラスと同じ)といったところ。正直、普通に観光旅行する分にはあまりメリットはありません。

クロアチア航空の予約方法(国内線)

2017.06.10
クロアチア航空 ビジネスクラス ウェルカムドリンク

搭乗後、ウェルカムドリンクのサービス。

クロアチア航空 ビジネスクラスの軽食(機内食) クロアチア航空 ビジネスクラスのコーヒー

出発して数分後、軽食(機内食)とドリンク、食後のコーヒーのサービスです。

ザグレブ→ドゥブロヴニク OU662便の眺望

ザグレブ→ドゥブロヴニク(OU662便)の眺望をご紹介です。今回は左側にドゥブロヴニク旧市街の眺望が見えることを想定して左側窓側座席を指定。

隣国ボスニア・ヘルツェゴビナのプロゾルという街の西にある湖。中央には修道院あるよう(Franjevački samostan Rama)。日本人が訪れることは皆無なのか?帰国後に検索しても全然情報が出てきませんでした。

Blidinje Nature Park

ボスニア・ヘルツェゴビナの広大な自然公園、Blidinje Nature Park。こちらも情報が少なく、読み方さえままなりません。世界は広い!

クロアチア ストン

ボスニア・ヘルツェゴビナを抜けて再度クロアチアの上空へ。アドリティックブルーが眩しいアドリア海沿岸部が見えてきました。写真は牡蠣の養殖で有名なストン。

クロアチア航空OU662便から見たドゥブロヴニク旧市街

一番楽しみにしていたドゥブロヴニク旧市街…でしたが、霞が強い&距離が遠すぎて肉眼ではよく分かりませんでした、残念!

他の方が書いているブログを見るとドブロブニク旧市街の近くを通っている写真もあるので、近くを通ることもあるはず。いつかリベンジしたいです。

ドブロヴニクの観光・旅行記は下記にてまとめています。

ドゥブロヴニク観光・旅行記

2017.08.28

ドゥブロヴニク旧市街を囲む城壁を一周・ロヴリイェナツ要塞

2017.08.18

ザグレブ観光(クロアチアの首都)

2017.08.31

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。