ドゥブロヴニク観光・旅行記

ドゥブロヴニク旧市街 全景

クロアチア共和国の世界遺産ドゥブロヴニク観光のまとめ・旅行記

撮りおろしの写真を交えながら観光マップ、観光スポット、レストランをご紹介します。城壁やホテル、搭乗記などの詳細記事は各所にリンクをご用意してます。

スポンサーリンク

ドゥブロヴニク Dubrovnik(世界遺産)

ドゥブロヴニク旧市街 全景 ドゥブロヴニクの城壁 風景写真 ドゥブロヴニクの街並み

クロアチア共和国の南端、アドリア海に面するドゥブロヴニク(Dubrovnik)。『アドリア海の真珠』と称されるテラコッタの屋根と紺碧のアドリア海の景色はあまりにも美しい。

(以下Maritime Museum見学時の英文訳と、現地で購入したドゥブロヴニクの歴史ガイドから)

長らくビザンツ帝国の支配下にある要塞都市であった。866年にサラセン人による15ヶ月の包囲に耐え、869年には現イタリア・バーリをイスラムから解放するために戦った歴史を持つ。旧市街の城壁は9世紀に建築が始まったとされる。

12世紀から13世紀に海洋都市(Maritime Commune)としてアドリア海・地中海貿易で栄え、ヴェネツィアの支配下になる。ヴェネツィアから解放された後ラグーサ共和国として発展し、15世紀にはオスマントルコからの攻撃に備えるため全長1940mの城壁・4つの城砦を設け、平和を築いてきた。1667年の大震災による被害では町の多くが破壊される。

1808年にフランス第一帝政ナポレオン・ボナパルト軍の進駐によりドゥブロヴニク共和国は廃され、オーストリア=ハンガリー帝国時代、第一次世界大戦後にはユーゴスラビア王国、第二世界大戦時代にはドイツ・イタリアの傀儡国家であったクロアチア独立国、戦後はユーゴスラビア社会主義連邦共和国として東側陣営に入る。

1991年、ユーゴスラビア崩壊に伴う独立戦争にて旧ユーゴスラビア軍・セルビア軍を砲撃を受け、旧市街の68パーセントが被害に遭う。

1979年、世界文化遺産登録。

ドゥブロヴニクの観光地図・マップ

ドゥブロヴニクの主な観光スポットをプロットした観光地図です。今回訪れたレストランの場所も載せています。

上記マップはドゥブロヴニク観光のマップ(Google Maps)に公開しています。旅行計画を立てる際にご活用ください。

ピレ門

ドブロブニク ピレ門

旧市街の西側の入り口、ピレ門(Pile Gate)。中世の時代は跳ね上げ橋で、重厚な鎖で入り口を閉じていたという。

ドブロブニク ピレ門の聖ヴラホ像

中央にはドゥブロヴニクの守護聖人、聖ヴラホ。左手にドゥブロヴニク旧市街の町を抱えている。

プラツァ通り

ドゥブロヴニク プラツァ通り

ドゥブロヴニク旧市街の中心に東西に伸びるストラドゥン、通称プラツァ通り(Placa)。

ピレ門側のオノフリオの大噴水(Velika Onofrijeva fontana)。1438年にナポリの職人オノフリオにより造られた大噴水で、12km離れたドゥブロヴニク川から水を引っ張っている。

オノフリオの大噴水(Velika Onofrijeva fontana)

1667年の大地震で大きな被害を受けたものの、残った顔の彫刻からは組み上げられた水が流れ、観光客が水を補給する姿が見られる。

ルジャ広場 Luza Square

プラツァ通りの東側にあるルジャ広場(Luza Square)。右から聖ヴラホ教会、中央がドゥブロヴニク大聖堂、左がアルセナル。

聖母被昇天大聖堂 Katedrala Uznesenja Marijina

ドゥブロヴニク大聖堂

聖母被昇天大聖堂(奥。手前は聖ヴラホ教会)。13世紀のロマネスク様式の大聖堂に起源があり、1667年に起きた大地震後の1713年にバロック式で再建された。13世紀に建てられた大聖堂はイングランド王リチャード獅子王が第3回十字軍遠征の際に嵐で難破してロクルム島に漂着し、リチャード獅子王の寄付により造られたとの言い伝えが残る。

ドゥブロヴニク 聖母被昇天大聖堂 ドゥブロヴニク 聖母被昇天大聖堂

「聖母被昇天」の宗教がが中央に配された主祭壇。大理石で造られた祭壇は見ごたえあり。

ドゥブロヴニク 聖母被昇天大聖堂

別途20クーナで入場できる宝物室(撮影不可)ではドゥブロヴニクの守護聖人聖ヴラホの聖遺物を見学できる。

聖ヴラホ教会

聖ヴラホ教会 聖ヴラホ教会

大聖堂と同じく18世紀(1715年)に建築されたバロック様式の聖ヴラホ教会。主祭壇の中央にあるのはドブロブニクの守護聖人聖ヴラホの銀箔像。左手には1667年大震災前のドゥブロヴニクの街が掲げられている。

聖イグナチオ教会

ドブロブニク 聖イグナチオ教会

イエズス会の聖イグナチオ教会。

ドブロブニク 聖イグナチオ教会

聖イグナチオの生涯を生涯を描いたフレスコ画。

フランチェスコ会修道院

ドブロブニク フランチェスコ教会 ドブロブニク フランチェスコ教会

フランチェスコ会修道院。ロマネスク回廊は1360年の建築。

1317年以来現在も営業している薬局は「ヨーロッパ最古の薬局」とされている。昔の薬棚の展示は興味深い(写真撮影不可)。

城壁

ドゥブロヴニク旧市街を囲うドゥブロヴニク城壁。4つの要塞のある城壁は全長1940メートル。海の青さとオレンジ色の瓦屋根が美しい旧市街の街をさまざまな角度から望めます。

ミンチェタ要塞の見張り台から。

ドゥブロヴニク旧市街を囲む城壁を一周・ロヴリイェナツ要塞

2017.08.18

旧港

ドブロブニク 旧港 ドブロブニク 旧港

海運と製塩で栄えたドゥブロヴニクを象徴する港、旧港(Old Port)。12世紀から13世紀にかけて強化された。聖イヴァン要塞にある海洋博物館(Maritime Museum)では、ドゥブロヴニクが貿易を行っていた都市の一覧や歴史を閲覧できる。

スルジ山 Srđ

ドゥブロヴニクのケーブルカー(ロープウェイ) ドゥブロヴニク スルジ山のレストラン「パノラマ」から見る旧市街の景色

アドリア海とドゥブロヴニク旧市街を見おろす高さ412mのスルジ山(Srđ)。旧市街を囲う城壁はもちろん、ロクルム島やグルージュ港まで一望できます。

ドブロブニク スルジ山・ロープウェイ越しの夕日

旧市街の北側からスルジ山頂までロープウェイ(ケーブルカー)または徒歩でもアクセス可能。

スルジ山から望むドブロブニクのパノラマ&ケーブルカー(ロープウェイ)

2017.08.19

レストラン

アドリア海で取れた海の幸はもちろん、イストラ半島の都市モトヴンで採れたトリュフを使った料理が有名。

ドゥブロヴニク プロト ドゥブロヴニク プロト

Proto(プロト)

左上:タコのサラダ ダルマチアンスタイル、右上:ダルマチア産生ハムとオリーブ、左下:手長エビとイストゥラ半島産黒トリュフのフェットチーネ、右下:マリ・ストン風ムール貝

ドゥブロヴニク・スルジ山のレストランパノラマ

Restaurant Panorama(パノラマ)

ミートソースのラザニア、海老とズッキーニのリゾット。

ドゥブロヴニク Kamenice ドゥブロヴニク カメニツェ 牡蠣

Kamenice(カメニツェ)

ストン産生牡蠣、ダルマチア風タコのサラダ。

ドゥブロヴニク Konoba Ribar Dubrovnik Konoba Ribar

Konoba Ribar(コノバリバー)

エビのグリル、コウイカのイカスミリゾット。

ドゥブロヴニク Posat ドゥブロヴニク Posat

Posat(ポサト)

手長海老のグリル、海老とゴールデンソースのスパゲティ、生雲丹。

ドゥブロヴニク Gradskavana ドゥブロヴニク グラドスカヴァナ

Gradskavana(グラドスカヴァナ)

ストン産生牡蠣、黒トリュフのクリームソースパスタ。

青空市場・お土産

ドゥブロブニク グンドゥリチェフ広場

グンドゥリチェフ広場で午前中に開かれる青空市場。

ドブロブニク 青空市場

ビタミン補給に適したフルーツを始めに、石鹸、ハンドクリーム、コースター、ブックマーカーなど手作りの小物が所狭しと並びます。

クロアチアのUJE UJEのトリュフ

クロアチア国内で採れた原材料を使ったオリーブオイルやジャム、トリュフを取り扱うブランド「UJE」。黒トリュフの瓶をまとめ買い。トリュフを使った料理のレシピ(日本語訳入り)もおまけで付けてくれました。ドゥブロヴニクだけでなくスプリットやザグレブ、コルチュラなどにも店舗あり。

お土産を販売する露店。青空市場や聖イグナチオ教会の周辺といった人々が集う場所だけでなく、細い路地で出会うことも。聖イヴァン要塞側の城壁入り口近くに裁縫をしながらお土産を販売する可愛いおばあちゃんがいました。ラベンダーの刺繍が美しい小袋と、天使のクリスマスオーナメントを購入。新婚旅行の場合は赤ちゃんサイズの編み物の靴下もいいかもしれませんね。

ラベンダー人形はお店によって作りが表情が違うので町歩きをしながら好みのお土産を探すのも楽しい。旅のお土産の定番マグネットも凝ったものが多く選ぶのに迷うほど。

ドゥブロヴニクのホテル

ザプチチパレス お部屋

ドゥブロヴニク旧市街内のホテル ザ・プチチパレスと、ピレ門近くのヒルトンドゥブロヴニクインペリアルに宿泊しました。宿泊記は下記記事にてどうぞ。

ザ プチチパレス(ドゥブロヴニク旧市街ホテル)宿泊記|The Pucić Palace

2017.08.17

ヒルトン インペリアル ドゥブロヴニク クラブフロア宿泊記|Hilton Imperial Dubrovnik

2017.08.20

バニェビーチ Banje Beach

Dubrovnik Banje Beach

ドゥブロヴニク旧市街から最も近いビーチ、バニェビーチ(Banje Beach)にも足を運んでみました。旧市街の東にあるPloce Gateから徒歩4分。

Banje Beach ドゥブロヴニクのバニェビーチ ドゥブロヴニクのバニェビーチ ドゥブロヴニクのバニェビーチ

透明度が高く綺麗なビーチ。ビーチクラブのパラソルとビーチベッドのレンタル可。フリースペースもあるのでタオルを持ってくればレンタルせずにタオルでくつろげます。

ドゥブロヴニクの場所・行き方・アクセス

クロアチア航空 OU662便

日本からクロアチア各都市への直行便はなし。ヨーロッパや中東の各都市で乗り換えが必要となり、直接ドゥブロヴニクへ入るか、首都ザグレブ経由でドゥブロヴニクへ行くかとなります。ザグレブを経由してクロアチア航空国内線でドゥブロヴニクに入る方が航空券が安価です。

ザグレブからドゥブロヴニクまで

クロアチア航空 ビジネスクラスの座席

首都ザグレブからドゥブロヴニクまでの行き方は飛行機(クロアチア航空国内線、所要時間約1時間)と長距離バス(所要時間8時間30分〜13時間)があります。詳細は下記記事にまとめています。

ザグレブからドブロブニクへの行き方(飛行機、バス)

2017.04.29

クロアチア航空 ザグレブ→ドゥブロヴニク ビジネスクラス搭乗記

2017.08.16

ドゥブロヴニク空港から旧市街まで

ドゥブロヴニク空港 Atlas社のバス

ドゥブロヴニク空港 Atlas社のバス

ドゥブロヴニク空港から世界遺産のドゥブロヴニク旧市街までは直線距離で約15km。ドゥブロヴニク空港と旧市街(ピレ門前)を結ぶ空港シャトルバスが出ており、料金は1人40クーナ、所要時間約30分です。

ドゥブロヴニク 空港シャトルバスチケット売り場

バスチケットの購入は到着ゲートにある窓口はもちろん、券売機でも可。

空港から旧市街へ向かう場合は、空いていれば左側座席がおすすめ。キラキラ輝くアドリア海、徐々に姿を現す旧市街をいち早く見ることができるでしょう。

旧市街からグルージュ港まで

ドゥブロヴニク 路線バス

旧市街からグルージュ港までは路線バスが通っています。グルージュ港を通る路線番号は「1A、1B、3、8」。バスの運賃は窓口で購入すると12クーナ、運転手から購入すると15クーナです。ピレ門前にチケット売り場およびバスターミナルがあります。

ドゥブロヴニクからフヴァル行きの船についての詳細は下記記事をどうぞ。

ドゥブロヴニクからフヴァル島へ高速フェリーで移動

2017.06.11

まとめ

過去にヨーロッパの国および都市を観光した中でも、人と自然が作りあげた町の美しさは突出している感があります。

二十数年前まで東側陣営だったことも相まってか、日本からドゥブロヴニク(およびクロアチア)までは直行便がなく、日本人の認知度はイタリアの各都市と比べるとまだまだ低い印象にあります。スタジオジブリの『紅の豚』や『魔女の宅急便』のモデルともインスピレーションを得た地ともいわれるバックグラウンド、そしてこの世のものとは思えないほどに美しい景色。クロアチア政府観光局の力の入れようによっては、数年後には今よりもさらに混雑してゆっくり観光できないほどの可能性を感じました。

今回訪れたのはハイシーズンの8月。次に訪れる機会があればイタリアのバーリからグルージュ港にフェリーで入港するプランで再訪してみたいです。

ドゥブロヴニクのホテル一覧をチェック|Booking.com

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。