具志川城跡(久米島) かつて交易で栄えた城跡を歩く

久米島の具志川城跡

14世紀〜15世紀頃、久米島の北西部に存在した具志川城跡(Gushikawa Castle Ruins)を訪れました。

具志川城跡 Gushikawa Castle Ruins

久米島の具志川城跡

久米島の北西部に位置する具志川城跡(Gushikawa Castle Ruins)

具志川城は15世紀頃、真達勃按司(まだふつあじ)により築かれたグスクです。
標高25mの石灰岩の上に4つの曲輪があり、周囲は珊瑚石灰岩・琉球石灰岩の城壁で囲われています。

具志川城は真達勃按司の子である真金声按司(まかねぐい)の時代、伊敷索按司(いしきなは)の次男である真仁古樽按司(まにくだる)に攻め入られ落城。
島外に逃げた真金声按司は沖縄本島南部の喜屋武岬近くに逃げ込み、同じ名の具志川城(糸満市)を築城したのだとか。

具志川城を本拠とした真仁古樽按司も、最終的には兄の宇江城、父の伊敷索城とともに三山統一した琉球国に制圧され、具志川城は終わりを迎えます。

久米島の具志川城跡

久米島の具志川城の城壁

城壁の東南側は保存状態は良く、遠方から見たときによくわかります。

久米島の具志川城跡 トートー石

城門跡へつづく階段を上がる右手にあるトートー石。

稲の豊作を感謝する6月ウマチー(旧暦6月25日)の「グシクヌブイ」の際に、久米島の最高神女である君南風(チンベー)が座する石のことである

『沖縄大百科事典 上 ア~ク』(沖縄タイムス社、1983年) p864 「君南風 きみはえ(チンペー)」の項によれば、「君南風」は「沖縄の高級神女。・・・久米島全島のノロや神女を支配した」とある。

レファレンス共同データベース|国立国会図書館

久米島の具志川城の城門

階段を上がり城門跡を抜けて城内へ。
城門側を振り返る。

久米島の具志川城の裏門跡

城門を背にして左側にあるのは当時の裏門跡。

裏門跡の右手にある崖。
写真の部分のみ薮がないため、干潮の海岸線と東シナ海を望みます。

具志川城が落城した際、按司夫妻はここから布をおろして逃げたと伝わっています。

その崖地を海側から望む。
高さ10mはありそうです。
按司は一目散に逃げ、沖縄本島南部へ向かったのでしょうか。

久米島の具志川城 四の郭

その崖地の北側にあるのは四の郭。
この場所は馬場跡と推察されており、草が生えている窪みは溜池といわれている。

四の郭の建物の基礎と推定される6つの石。

ニの郭と奥に舎殿跡。

久米島の具志川城舎殿跡

舎殿跡。

久米島の具志川城跡 一の郭

舎殿跡の先に一の郭。

具志川城跡から望むミーフガー

奥には景勝地のミーフガー。

具志川城は発掘調査により元・明時代の磁器や古銭などが出土しています。
当時の具志川城は中国や日本の船が行き交い貿易が盛んでした。

写真は大和泊海岸。
今は何もない静かな海岸に、当時は日本の船や唐船が停泊して賑わいを見せていたのでしょう。

MEMO

久米島から約47km東東南にある慶良間諸島の座間味島には、唐船が座礁しないように爆薬を仕掛けてつくった「船だまり跡(唐船グムイ)」があります。
詳細は「高月山展望台(座間味島)」をどうぞ。

那覇空港を飛び立った機体が旋回し、久米島空港に着陸するのが見えました。

飛行機機内から見る渡嘉敷島
那覇→久米島空港 JAL琉球エアコミューター搭乗記
久米島 具志川城跡の平面図と解説

具志川城跡の平面図と解説(※クリックで拡大します)

さいごに、具志川城について謳った「おもろ」があります。

あおりやへが節

一 具志川の 真玉内は げらへて 良く げらへて 勝り ゆわる 精高子
又 金福の 真玉内は げらへて
又 唐の船 ぜに 金 持ちよせる ぐすく 良く げらへて
又 大和の船 ぜに 金 持ちよせる ぐすく

具志川城跡とミーフガー

具志川城跡(久米島)の場所・行き方・アクセス

レンタカーの場合、久米島空港から約13分(4.8km)、イーフビーチから約24分(12.3km)が目安です。

久米島町営バスの場合、最寄りのバス停は「仲村渠(仲村渠公民館の前です)」。
バス停から片道徒歩約15分(1.0km)

町営バス時刻表|久米島町ウェブサイト

奥武島の畳石
奥武島の畳石 まるで亀の甲羅?