ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ宿泊記|Hotel St. George, Helsinki

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

19世紀の建物を利用したヘルシンキ中心部のホテル、ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ(Hotel St. George Helsinki)の宿泊記です。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ Hotel St. George Helsinki

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキの外観

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ(Hotel St. George Helsinki)はヘルシンキ中央駅から徒歩8分の場所にあるマリオットインターナショナルのホテル(Design Hotels)。
総客室数は153室。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキの外観

建物は建築家オンニ タルヤンネ(Onni Tarjanne)により設計図が描かれ、1890年に完成。
建物の建築様式はネオルネッサンス建築(Renaissance Revival)。

ヘルシンキ市内には建築家Onni Tarjanne設計による建物が多数残っており、最も代表的な建物にヘルシンキ国立劇場(Helsinki National Theatre)があります。

ヘルシンキ Old Church Park

ホテルの西側はOld Church Parkの緑が広がっており、のんびりとした雰囲気で市民の憩いの場に。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

レセプションでチェックインを済ませ、客室へ。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのフロアマップ

建物は4階建て。
フロアマップを見ると、どの客室も形状が異なっているのがよく分かります。
古い建物を改装したホテルならでは。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ宿泊記 Marriott Bonvoyの特典

Marriott Bonvoyの特典(※Click to enlarge)

コンパニオンツインルーム Companion Twin Room

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

予約したコンパニオンツインルーム(Companion Twin Room)

マリオット公式サイトには客室の広さ36㎡から47㎡とありますが、廊下を挟んでバスルームがあるため、47㎡と思われます。

ベッドルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

客室のインテリアが素敵すぎる!

まず目を引くのは、薄いパステルグリーンの壁紙と建具。
歴史あるホテルの外観とは対照的に、爽やかな印象です。

お部屋の中央には北欧らしいペンダントライト。
ベッドのヘッドボード側には間接照明も。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

テレビは上げ下げ式の建具の中に収まっています。
ゲストにより客室でテレビを見るか否かは人それぞれですが、見ない人にとっては無機質なテレビモニターを主張することなく隠しておけるのはよいですね。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

コーナーには金色のアール加工。
パステルグリーンとも相性がよく、ラグジュアリーな印象も与えてくれる。

このゴールドはTVボードのハンドルや照明のアームにも使われています。
連続性もあるのでまったく違和感なく溶けこんでいる印象です。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

中庭に面するように配されたデスク。
北欧家具やシンプルな照明が素敵。

そして、ここで注目したいのはゴミ箱。
どんな高級ホテルでも、ゴミ箱にまで気を遣われていることは稀です。
ゴミ箱までがインテリアの一部になっています。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ワークデスクの椅子はデンマークのヘルゲ シバストによりデザインされたシバストNo.7(1953年)。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのワークデスク

ベッド脇の両サイドテーブルにはC型コンセント1口にUSB充電口が2口。

デザインと使い勝手両取りで、内側に設けられているのが素晴らしい!

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキ

グラスはオイバ トイッカによるデザインのカステヘルミ(Kastehelmi)。

冷蔵庫のミニバー。

ウェルカムスイーツにヘルシンキのChjokoのチョコレートをいただきました。

バスルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのコンパニオンツインルーム

ベッドルームと廊下を挟んだ先にバスルーム。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのバスルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのバスルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのバスルーム

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのバスルーム

トイレには電動シャワーが付いていました。
メーカーはドイツのデュラビット。

アメニティ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのアメニティ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのアメニティ

アメニティはスウェーデンのスキンケアブランド、L:A BRUKET。
フィンエアーの機内販売でも購入できます。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのアメニティ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのアメニティ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのアメニティ

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキのアメニティ

アメニティのボックスも可愛らしいです。

歯ブラシ、シャワーキャップ、綿棒、剃刀と、一通り揃います。

バスルームのコップもカステヘルミ。

アート作品

ホテル セイント ジョージの館内には随所にアート コレクションが展示されています。

『Tianwu』Ai Weiwei

『Tianwu』Ai Weiwei(2016)

『Helmikuovi』 Birger Kaipiainen

『Helmikuovi』 Birger Kaipiainen(1960)

ホテル中央部のWintergarden Restaurant & Barにある壁画と中央の鳥。

時間が合わなかったため遠くから眺めるのみになってしまいましたが、Alvar Aaltoの照明A805と一帯とした空間は如何なるものか。
次に訪れた際にはぜひゆっくりと過ごしてみたいものです。

『Decorative Pitcher』Hilkka Säynäjärvi

『Decorative Pitcher』Hilkka Säynäjärvi(1940s)

朝食会場のSt. George Bakeryの前には「Design Museum Collection at Hotel St. George」の棚にヘルシンキデザイン美術館のコレクションが展示されています。
Arabia、IIttala、Kera Oyほか。

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキの場所・行き方・アクセス

ホテル セイント ジョージはヘルシンキ中央駅から徒歩8分。

感想・総評

周囲にはトラムの駅やバス停が点在しており、どこへ行くにも不便のない立地。

客室のインテリア・照明が素晴らしく、洗面所のグラスに至るまでフィンランドらしさを存分に楽しめるホテルです。

住所:Yrjönkatu 13 C, 00120 Helsinki, Finland
電話番号:+358 9 42460011
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜12:00

ヘルシンキのホテル一覧をチェック|Booking.com

ホテル セイント ジョージ ヘルシンキの外観 フィンランド ヘルシンキで宿泊したホテルまとめ

<< フィンランド ヘルシンキで宿泊したホテルまとめに戻る

shares