マラッカ海峡に沈む朱色の夕日を求めて

Pantai eye on Melakaからの夕日

マラッカ海峡の夕日を撮影し、写真を追記掲載していく個人的なライフログです。

マラッカの夕日

14世紀末から港市国家として繁栄し、鄭和の大航海の補給基地でもあったマラッカ王国。しかし1511年、アジアの植民地化を狙うポルトガルに占領され消滅。1641年、勢力を拡大するダッチの占領。英蘭協約後、戦争にただの一度も負けたことのない大英帝国の海峡植民地としてのマラッカ。第二次世界大戦における旧日本軍の占領。そしてマレーシアの独立…。過去500年の間、運命に翻弄されつづけたマラッカの地でただひとつ変わらないのは水平線の彼方を朱に染めながら沈む夕日です。

マラッカの夕日を日本人に知らしめたのは沢木耕太郎の小説『深夜特急』でしょう。ドラマ版では沢木耕太郎演じる大沢たかおが海岸線で朱い夕日を見つめ、井上陽水の『積荷のない船』がかかる。

しかし、多少遠まわりになるかもしれないと知りつつこのマラッカに立ち寄ってみるつもりになったのは、なにもポルトガル人の築いた砦やフランシスコ・ザビエルの像が見たかったからではない。私はただ夕陽が見たかっただけなのだ。マラッカ海峡に沈む夕陽はとてつもなく大きく赤い、と聞いたことがあった。

深夜特急2 マレー半島・シンガポール|沢木耕太郎 – P.145より引用

マラッカ海峡に沈む夕日を求めて

とてつもなく大きく赤い夕日というだけでも興味を抱くわけですが、沢木耕太郎のようにただ夕陽を見たいわけではない。西からやってくる異国人の船、そして西に沈む夕日を見てこの地に交錯した人々は何を思ったか。マラッカ王国の人々、ポルトガル、オランダ、大英帝国、旧日本軍、占領下でマラッカに住まう人々、それぞれに思いを馳せながら、実際に沈む夕日を見ながら「追体験」してみたいというものであります。

マラッカ1滞在目では真ん丸の形をして沈む夕日を見ることはできませんでしたが、そのポテンシャルの高さを海岸線で感じることができました。

Pantai eye on Melakaからの夕日

Pantai eye on Melakaより。覆われた雲により太陽を拝むことはできないかと思いきや、沈む直前に雲間からわずかながら太陽の形を見ることができました。沈む先が水平線で、かつ真っ赤な太陽だとすればどれだけの感動が待っているのか期待が膨らみます。

マラッカの夕日

マラッカの夕日

太陽が沈みきった後の夕焼けにも圧倒されるばかり。

水上モスクからのマラッカの夕日

翌日、Pulau Melaka(マラッカ島)の水上モスクの脇の海岸線から撮影。この直後夕日は雲隠れしてしまい、沈む瞬間を望むことはできず。2015年頃までは水平線に沈む夕日を見れたようですが、現在はご覧の通り、埋立地の造成地に沈むことになります。

さいごに

かつてポルトガル人が海岸線沿いの監視・防衛のために築いたサンチャゴ砦の前は、埋め立てにより広場になっています。約20年前に俳優の大沢たかおが海岸線のガードレールから見た夕日の場所を探してみましたが、マラッカに長年お住いのTony寛斎さんのウェブサイト「Mekala Guide」によると影も形もないかの如く埋め立てられてしまったようです、残念。

melakajp.com/about/sunset/s-002.html(ドラマ深夜特急のマラッカの夕陽のロケ地|マラッカガイド)

現在、マラッカでは中国企業とのJV事業「Melaka Gateway(マラッカゲートウェイ)」の開発を進めています。埋め立てにより3つの人工島を作るようですが、もったいないなあと思うのが率直なところ。

石油、オイルマネーがあっても、あるいはアジアNo.1の1人あたりGDPを誇っても、ない歴史を手に入れることはできない。たとえドバイのパームジュメイラやシンガポールのマリーナベイがいかに美しくとも。一方の、マラッカには歴史があるのに

日本橋の上に高速道路が通っていたり、歴史と文化があるのにそれをいとも簡単に毀損する「ゆるキャラ」を大量生産し国内だけで盛り上がっている日本の心配をすべきかもしれませんが…、とかくマラッカについてはもったいない。

Melaka Gatewayの開発が進む前に、1つでも2つでも多くマラッカの夕日の写真を一眼レフで撮らえてみたいです。この記事ではマラッカを訪れて夕日を撮影するたびに追記していきたいと思います。

世界遺産マラッカ オランダ広場
世界遺産マラッカ観光 海上交易の要衝を巡る…