ローマ水道橋と古城のセゴビア 観光・旅行記(スペイン)

1泊2日のスペイン セゴビア観光・旅行記です。

撮影した写真を織り交ぜながらセゴビア観光の見どころをまとめます。

スポンサーリンク

世界遺産 セゴビア旧市街と水道橋

スペイン中部、カスティーリャ・イ・レオン州にあるセゴビア県。2000年前に古代ローマ人によって築かれたローマ水道橋、1000年前に築かれた「美しい意匠」と「防御性の高さ」を誇るセゴビアのアルカサルと、小さな旧市街の中に見どころがたくさんある町です。

セゴビアの街は1985年にユネスコ世界遺産「セゴビア旧市街と水道橋」として登録されています。

セゴビアの観光マップ

セゴビアの主要な観光スポットと駅・バスターミナル、観光案内所、今回宿泊したホテルの場所をまとめたトレド観光マップです。

セゴビア旧市街の東端にローマ水道橋、西端にアルカサルが構えており、直線距離でわずか1.5km程度しかありません。旧市街は高台になっており、周囲を城壁が囲っている。レンフェの鉄道駅は旧市街から離れており、マドリッドからのアクセスは直通バスが便利。セゴビアのバスターミナルからは城壁の町アビラへの直通バスも出ているので、バスを利用して世界遺産の町を転々と往くプランも可能です。

セゴビアの観光案内所

セゴビアの観光案内所 セゴビア ツーリストインフォメーション

セゴビアのツーリストインフォメーションは、ローマ水道橋の西側とマヨール広場にあります。

英語の観光マップをもらえるのはもちろん、ローマ水道橋の観光案内所にはトイレもあり(有料:€0.2)。トレドで利用できた無料WiFiは残念ながらセゴビアの観光案内所にはありませんでした。

セゴビア旧市街の高低差まで表現した模型があるので、観光を始める前にルートを確認するのもよいでしょう。旧市街は高台にあり、城壁に囲まれていたことが一目で把握できます。

コインロッカー

セゴビア バスターミナルのコインロッカー

セゴビアバスターミナルのコインロッカー

コインロッカーはマドリッドとアビラに接続するバスターミナルにあります。料金は€3。「セゴビア観光→次の町へ移動」という旅プランも組みやすいです。マドリッドからセゴビア、セゴビアからアビラへの行き方

「マドリッドからセゴビアまでの行き方」、および「セゴビアからアビラの行き方」をそれぞれ下記の記事にまとめています。

マドリードからセゴビアの行き方(バス・電車)

2017.02.22

スペイン アビラの行き方(fromマドリード、セゴビア)

2017.02.27

ローマ水道橋

セゴビア ローマ水道橋 セゴビア水道橋 夜景

約15km東の山脈から町に水道を引くため、約2000年前に作られた古代ローマ水道橋(Acueducto de Segovia)。歴史が古いこともさながら接合部に一切のセメント・モルタルが使われておらず、精度の高さも驚くばかり。

>セゴビア ローマ水道橋の続きを見る

アルカサル

セゴビアのアルカサル セゴビアのアルカサル 夜景

]セゴビアのアルカサル ガレー船の間

古代ローマの要塞があった地に築かれた難攻不落の城、セゴビアのアルカサル(Alcázar de Segovia)。1000年以上の歴史、白雪姫のお城のモデルにもなったとも言われる息を飲む美しい外観、そして一度も落とされなかった防御性と、魅力的な要素が多彩。

>セゴビア城(アルカサル)を読む

マヨール広場

セゴビア マヨール広場 セゴビア マヨール広場

カスティーリャ王エンリケ4世の死後、イサベラ1世が即位を宣言したマヨール広場(Plaza Major)。イサベラは夫のアラゴン王フェルナンドと共に、グラナダのイスラム勢力を制圧し、レコンキスタを完成させる。

セゴビア大聖堂

セゴビア大聖堂

マヨール広場に面するゴシック様式の大聖堂、セゴビアのカテドラル(Catedral de Segovia)。1528年に建設が始まり1768年に完成を迎えた。「大聖堂の貴婦人」とも称される外観意匠が印象的。

セゴビアのカテドラル

ラベラクルス教会

テンプル騎士団・あるいは聖ヨハネ騎士団により建てられたと言われている坂の中腹にある教会、ラベラクルス教会。

>ラベラクルス教会を読む

ラ フデリア

セゴビア La Judería

1492年に追放されるまでユダヤ人が住んでいたユダヤ人街区、ラ フデリア(La Judería)。

セゴビアの城壁

セゴビアの城壁

城壁全体の保存状態ではアビラに劣るものの、セゴビア旧市街北側の城壁は綺麗に保存されており、城壁に沿うように遊歩道が整備されています。セゴビアを守る側としての視点だけでなく、どうやってこの町を攻め込むか?という視点に立ちながら城壁を調べるのも一興です。

セゴビアの城壁

「ピレネー山脈を越えたらアフリカである」と言い残したナポレオン・ボナパルトの言葉を想起させる風景。

カーサ デ ロス ピコス

セゴビア CASA DE LOS PICOS

ファンブラボ通り(Calle Juan Bravo)の坂の中腹にある壁面がアーティスティックな建物。15世紀に建築されたもので、独特のダイヤモンドデザインは「防衛」と「意匠」の2つの意味があるとのことですが…。防衛?

サンマルティン教会

セゴビア サンマルティン教会

ファンブラボ通りにある教会、サンマルティン教会。12世紀に建築されたロマネスク様式の教会だが、中央の尖塔のみ14世紀にバロック様式に差し替えられている。

ユーロスターズプラサアクエドゥクト

ユーロスターズプラサアクエドゥクト(セゴビア)のホテル外観写真 ユーロスターズプラサアクエドゥクト(セゴビア) シティビュー

今回のセゴビア旅では、お部屋からローマ水道橋を望む「水道橋ビュー」のホテル、ユーロスターズプラサアクエドゥクトに宿泊しました。観光案内所、バス乗り場にも近く、立地が至便なホテルです。

>ユーロスターズプラサアクエドゥクト宿泊記を読む

メソンデカンディド

セゴビア メソンデカンディド メソンデカンディド コチリーニョアサド

ローマ水道橋にあるセゴビア名物、子豚の丸焼きコチリーニョアサドの有名店。1人分のポーションでお値段は€23.00。繊維が細かくほろほろと崩れる子豚のお肉は美味。パリパリの皮は想像以上にクセがあったので食べませんでした。

カステーリャ風スープ、ソパデアッホ。風邪をこじらせ弱っていたためか、ニンニクのスープが体に染み渡るのを感じます。

住所 Plaza Azoguejo, 5, 40001 Segovia, Spain
電話番号 +34 921 42 59 11
営業時間 13:00〜16:30、20:00〜23:00

チョコラーテ コン チュロス

チョコラーテコンチュロス

途中、小腹が減ったタイミングでスペイン名物のチョコラーテコンチュロスの看板を見つけたので入りました。料金€3.90。このページ上方のセゴビア観光マップにプロットしています。お店の名はCalle Juan Bravo沿いにあるVolapie。

まとめ

わずか一日で旧市街を一周できてしまう狭い範囲に、2000年前と1000年前の歴史的建造物が2つもあるというのは驚嘆するばかり。マドリッドに訪れる際にはぜひセゴビアまで足を運んでみる価値ありです。

セゴビアのホテル一覧をチェック|Booking.com

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。