シンガポールのダウンタウン|Singapore Downtown

シンガポールのダウンタウン

高層ビルが所狭しと立ち並ぶ、シンガポールの金融街。

ダウンタウンエリアの周辺を散策してみると、奇抜なデザインのビルの間にはまだまだ空き地が残っています。
後で写真を見返した時に面白いのではないか?という興味からカメラ片手に散策してみました。

シンガポールのダウンタウン

シンガポールのダウンタウン

もし、自分がシンガポールに初めて訪れたら何を撮影するか?

まずはマリーナベイサンズ、ガーデンズバイザベイ。
もちろん、シンガポール伝説のマーライオン。
あとは、ノイズだらけでブレまくったナイトサファリの動物たちを写真におさめれば、無事にシンガポール旅行に行ったことになります。

シンガポールのダウンタウン駅

しかし、今や誰もが高性能で小さなカメラをポケットに忍ばせた昨今、マリーナベイサンズの写真データはシンガポールを訪れた世界中の人々が持っている。

最近、わたしは思います。
新しいものが完成する「それ以前の状態」を撮影した方が、後々になって見返した時に面白いのではないか?
マリーナベイサンズの写真を見れば率直に綺麗という感想を抱きますが、開発される前のマリーナベイの写真があったらじっくりと見てみたい。

シンガポールのダウンタウン

シンガポールのダウンタウン

地価が高いシンガポール、ましてやマリーナベイから徒歩圏の場所に広大な空き地があることに驚きました。

Marina One Show Gallery

住宅、オフィスが入る複合施設「Marina One Show Gallery」。

流線型の奇抜なデザインはマリーナベイサンズに負けず劣らず。
一見すると左右対称に見えるけども、左右対称ではない。

マップで確認してみると、Facebookのアジア太平洋本部があるようです。

Marina One Show Gallery

Marina One Show Gallery

Marina One Show Galleryの南側。
ここにも広大な空き地があります。

マリーナベイサンズと虹

マリーナベイサンズと虹。
10分後に熱帯特有のスコールに見舞われます。

空き地越しのガーデンズバイザベイと曇天の空に架かる虹。

十数年後には「え!この位置からガーデンズバイザベイが見えたの?」
この写真は、そんな話の種になっているかもしれません。

カトン地区のプラナカンハウス シンガポール観光 Things To Do In Singapore

<< シンガポール旅行の目次ページに戻る

shares