シンガポール観光 旅行ガイド

シンガポール ワンダーフルショー

マレー半島南部に位置する島国、シンガポール共和国(Repubulic of Singapore)。アジアで「1人あたりGDP」1位の国際金融センターである(2015年、地域を含むと中華人民共和国特別行政区マカオが1位)。

シンガポール現地に住んだことはありませんが計4度、トータルで5週間弱滞在した際に訪れた観光地やお店など、シンガポール観光ガイドとして記事にまとめます。

シンガポールの観光地図(マップから探す)

シンガポールで訪れた観光スポット、宿泊したホテル、食事したレストランをプロットしたシンガポール観光地図(Googleマイマップ)です。

MEMO

アイコンをクリックすると当該スポットの情報、写真、当ブログ記事へのリンクが表示されます。

シンガポールの観光地図(Googleマイマップ)

シンガポールの観光スポット(エリア別)

マリーナベイ マーライオン公園
ガーデンズ バイ ザ ベイ
サンズ スカイパーク
シンガポール フライヤー(観覧車)
ダックツアー
マリーナ バラージ
シティホール プラナカン博物館
シンガポール切手博物館
クラークキー
シェントンウェイ
チャイナタウン
ブギス アラブストリート 
オーチャード
リトルインディア
ニュートン
マンダイレイク ナイトサファリ
リバーサファリ
チャンギ
ジュロン ジュロン バード パーク
西部 タイガービール工場見学
イーストコーストロード カトン地区(プラナカン文化)
南部・セントーサ島 マウント フェーバー
サザンリッジ
ユニバーサルスタジオシンガポール
シンガポール ケーブルカー
セントーサ マーライオン
タイガー スカイ タワー
シロソ砦
シンガポールから隣国へ小トリップ ジョホールバル(マレーシア)
ビンタン島(インドネシア)

シンガポールのホテル

シンガポールのホテル宿泊記です。ラグジュアリーホテルから中級、カプセルホテルまであります。

シンガポールで実際に宿泊したおすすめホテル
マリーナベイ マリーナ マンダリン シンガポール
パン パシフィック シンガポール
シティホール スイソテル ザ スタンフォード シンガポール
カールトン ホテル
クラークキー ノボテル シンガポール クラークキー
ブギス メルキュール シンガポール ブギス
ザ ポッド@ビーチロード ブティック カプセルホテル
オーチャード マンダリン オーチャード シンガポール
チャンギ クラウン プラザ チャンギエアポート
アンバサダー トランジット ホテル
イーストコーストロード グランド メルキュール ロキシー シンガポール

agodaでシンガポールのホテル一覧・セール情報をチェック
Booking.comでシンガポールのホテル一覧・セール情報をチェック

シンガポール共和国(Repbulic of Singapore)の基本情報

サンズスカイパーク 夜景

シンガポールはマレー半島南部にある島国である。国土は東京23区とほぼ同じの約719平方キロメートル、人口は約561万人(うちシンガポール人・永住者は393万人)。

多民族国家で中華系74%、マレー系13%、インド系9%。国語はマレー語、公用語は英語(シングリッシュとも言われる)、中国語、マレー語、タミール語。宗教は仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンドゥー教。

マウントフェーバーのマーライオン像

シンガポールの由来は7〜14世紀に成立した海上交易国家シュリーヴィジャヤ王国の王子が狩りの際に見つけたライオンに由来している。サンスクリット語で「ライオン=シンハ(Singha)」「都市=プラ(Pura)」の意味。シンガポールがThe Lion Cityと言われる所以(タイで有名な新ハービール(Singha Beer・ビアシン)も獅子に由来している)。

14世紀末から1511年にマレー半島に成立したマラッカ王国がシンガポールの領域を領土とする。15世紀にイスラム教が広まり、マレー半島はイスラム化の拠点に。やがて西欧の列強(スペイン・ポルトガル)がアジアに進出し、マラッカ王国はポルトガルに占領される。マラッカ王は南下してジョホール王国を建国し、シンガポール領域を支配する。

世界遺産マラッカ オランダ広場
世界遺産マラッカ観光 海上交易の要衝を巡る…

ラッフルズ卿上陸地点

1819年、大英帝国のトーマス ラッフルズが現「ラッフルズ卿上陸地点」に上陸。その5年後、大英帝国の植民地となる。

1942年、英国軍と日本軍の激しい戦闘が行われた後、日本軍により占領。シンガポールは「昭南(しょうなん)」という名称に変わり、占領は1945年の日本降伏までつづくことになる。
戦後、1959年にシンガポール自治州となり自治権を獲得。1963年、1957年に独立したマラヤ連邦とボルネオ島のサバ サラワク両州とともに「マレーシア連邦」として合併。
シンガポール独立一周記念切手
1965年、マレーシアよりシンガポール共和国として独立。

marinabay nightview

規制緩和と低税率、そして独裁政治によるスピード感ある経済改革により、シンガポールはASEANをリードする国際金融センターである。1人あたり名目GDPはアジアの国家で1位。

MEMO
上記シンガポール基本情報は日本国外務省の基礎データに、現地のシンガポール誕生伝説(ほか)を加えたものです。