シンガポールでGrab(旧UBER)を使ってみた感想

東京23区ほどの広さしかないシンガポール。
シンガポール国内の移動は「地下鉄MRT」と「路線バス」を使えば、余程のマイナースポットや離島でない限りアクセスできます。

ただし場面によっては目的地まで直行できるタクシーを使いたいところ。
そのタクシーの対抗馬になりうる移動手段が、自動車配車アプリのGrab(グラブ)です。

このたび、自動車配車アプリGrabをシンガポールで使ってみました。
シンガポールでGrabを使用してみた感想とタクシー料金との比較(一部区間)のメモです。

MEMO

一部、過去にUberに乗車した際の体験・料金を掲載しています(Uberは東南アジア事業をGrabに売却したため、現在シンガポールでUberを使うことはできません)

Grabの特徴とメリット・デメリット

Grabはドライバーとユーザー(乗客)をマッチングする自動車配車アプリ。
ユーザーがドライバーを評価するだけでなく、ドライバー側もユーザーを評価できる。

Grabのメリット

ユーザー(乗客)側目線からのUBERの特徴・メリットは、

  1. 専用アプリでその場に配車できる(予約も可)
  2. 料金を事前に把握可
  3. クレカ決済・PayPal決済できるためドライバーに直接現金の支払いなし(設定で現金も選択可)
  4. タクシーよりも安価になるケースがほとんど

Grabのデメリット

逆にデメリットも挙げてみたいところ。
ただ、現時点でGrabを使って大きなトラブルに遭遇したりしていないので何とも言えません。
Grabを実際に利用した国が「安全なシンガポール」というのもありますが。。

現時点であえてデメリットを挙げるならば、Grabの料金は依頼するタイミング・時間帯・混雑状況により変動します。
区間が同じだからといって毎回同じ料金になるわけではない。
混雑している時間帯の場合はタクシーよりも高い料金が表示されることもあります(ただしそのような状況下ではタクシーをつかまえるのも大変です)。

また、Grabはあくまでもマッチングシステムなので、ユーザーのリクエストを見てドライバー側が断るというケースもありえます。

今後もシンガポールでGrabを利用してみて微妙な点に気づきましたら、この記事に追記していきたいと思います。

シンガポールで運行しているGrabのプランと種類

シンガポールで運行しているGrabの主なプランと種類です。

Grabの種類内容
JustGrab近くのタクシーまたは車を配車。
GrabCar個人の車を配車。
GrabTaxiタクシーを配車。
GrabShareライドシェア(乗り合い)。
料金がJustGrabと比較して最大30%割安な価格となるが、他の乗客も探すためJustGrabやGrabCarよりも移動に時間を要する。
自分が連れて行ける追加の乗客は1人。
GrabFamily1〜7才の子供向けの座席を配した車。
GrabCar PremiumGrabCarの高級車版。
6-Seater6人乗り

ご利用される方の人数にもよるので一概には言えませんが、1〜4人までの家族旅行ならJustGrab。
1〜2人で格安旅行したい場合はGrabShare。
5〜6人の大人数なら6-Seaterでしょうか。

シンガポールでGrabが役立つ場面

シンガポールで自動車配車アプリ「Grabが役立つ場面」を私見交えてピックアップしてみます。

  1. 深夜着のフライト後、チャンギ空港から市内へ
  2. 早朝発のフライト前、市内からチャンギ空港へ
  3. 市内⇄シンガポール動物園(ナイトサファリ、リバーサファリ)の移動
  4. 市内⇄ジュロンバードパークの移動
  5. 市内⇄タナメラフェリーターミナルの移動(ビンタン島行き)
  6. 突然のスコールに遭遇した時

実際にわたしは「チャンギ空港→市内」、スコールに遭遇した時に「市内→シンガポール動物園」の移動でGrabを利用しました。

シンガポールで実際にGrabを使ってみる

シンガポールのGrab 使い方

現在地と行き先を入力後、Grabの種類を選択して「Book」をタップして配車をリクエスト。
こちらに向かうドライバーの顔写真、名前、評価(5段階)、車種、ナンバープレートの番号が表示されます。

今回Grabを利用したのは以下の2件。

  • 深夜着のフライト後、チャンギ空港から市内へuberXで移動
  • シンガポール動物園へuberPoolで移動

深夜着のフライト後、チャンギ空港から市内へGrabで移動

深夜着のフライトでチャンギ国際空港に到着するケース。(人により目的地が異なるのでケースバイケースになりますが)少なくともタナメラ駅(Tanah Melah)の市内行きの終電に接続するチャンギ空港発の終電は23:18。

airport.wtstravel.com.sg/

チャンギ国際空港到着後に、ターンテーブルでの手荷物の受け取り、シンガポールドルの引き出し(または両替)、SIMカードの購入時間も鑑みると、少なくとも22:00より前の到着便でなければ市内行きの地下鉄終電に間に合わないかと思います。

チャンギ国際空港深夜着の便で市内に向かう前に、Grabのアプリを起動して運賃をチェック。
「JustGrab:S$16.00」「GrabCar:S$18.00」です。

以前同じルートでタクシー、Uberに乗車したこともあるので、料金を比較してみます。

チャンギ空港→市内へ移動
タクシーS$23.00
UberXS$16.88
JustGrabS$16.00

料金は「タクシー:S$23」「JustGrab:S$12.00」と、UBER利用時の方がタクシーよりもS$5安い結果に。
今回のドライバーの評価は5.0。

シンガポール動物園へUberPool(乗り合い)で移動

市内からシンガポール動物園(ナイトサファリ、リバーサファリ)へ行く場合、1人または2人の場合はサンテックシティ発の直通バス「サファリゲート」を利用するのが便利(ご家族連れなど4人の場合はタクシーでの移動もアリ)。

今回、直通バスのサファリゲートでシンガポール動物園へ向かおうと思っていたところ、宿泊先を出たタイミングで突然のスコール。

熱帯雨林気候のシンガポールならではですね。
周囲には我先にとタクシーをつかまえようとする人たちが立ち往生して通りに手を挙げているものの、空車のタクシーは通らない。

市内からシンガポール動物園までのUBER料金
困ったのでUBERのアプリを立ち上げ、シンガポール動物園まで料金プランを表示すると「UberX:S$19.66」「UberPool:S$17.70」。
市内からシンガポール動物園までタクシーで向かう場合、タクシー料金はS$25〜30ですのでかなり割安です。

今回は乗り合いのuberPoolを選択してみたところ、結局乗り合い乗車をする人が見つからず、uberPoolの料金でシンガポール動物園に直行できました。
ドライバーは女性の方で評価は4.7、安全運転で送っていただけました。

おわりに

Grabで目的地に到着。
乗車完了後すぐ、登録したメールアドレスに領収書が届きます。
後でトラブルのないよう、料金を確認することを推奨します。

シンガポールではタクシーに何度も乗車していますが、皆いい方ばかりでトラブルに遭遇したことがありません。
今回のGrabについても同様です。

これがシンガポール以外の国・都市であれば使うのを躊躇することもありそうですが、Grabはシンガポールにおいては利便性・安全性を両立した移動手段だと思います。

シンガポール チャンギ国際空港から市内へのアクセスまとめ
シンガポール MRTの乗り方
シンガポールMRT地下鉄 路線図・ツーリストパス・ez-Linkカードまとめ
シンガポール 路線バス
シンガポールの路線バスの乗り方と料金。移動に便利!
シンガポール・マリーナベイサンズのスペクトラ(レーザーショー) シンガポール観光 旅行記まとめ

<< シンガポール旅行TOPページに戻る