シンガポール(チャンギ空港)でSIMカードを購入する

シンガポールのSingtel「hi!Tourist」SIMカード

シンガポール チャンギ国際空港でプリペイドSIMカードを購入してみました。

このページではシンガポールのSIMカード購入手順や料金を説明します。

シンガポールのプリペイドSIMカード

シンガポールのSingtel「hi!Tourist」SIMカード

シンガポールの主要な通信キャリア

シンガポールの大手通信キャリアは3社。

  • Singtel シングテル
  • StarHub スターハブ
  • M1

SingtelのツーリストSIMはチャンギ空港Arrivalホールの両替所「Travelex」にて購入できます。
StarHub、M1のSIMについてもArrivalホールにある各社カウンターにて購入できます。

SIMカード購入に必要なもの

  • パスポート
  • 現金(クレジットカード決済不可)

Singtel hi!Tourist SIM Card

シンガポールのSingtel「hi!Tourist」SIMカード

(スマホ横スクロール可)hi!Tourist $15 SIM Card for for 5 Dayshi!Tourist $30 SIM Card for 10 Dayshi!Tourist $50 Twin Pack SIM Card for 10 Days
通信規格4G4G4G
日数5日10日10日
容量100GB100GB100GB
料金S$15S$30S$50
シンガポール国内通話500分無制限無制限
シンガポール国内SMS100無制限無制限
国際電話(日本含む)30分90分90分
海外ローミング(*)2GB2GB
MEMO
(*):オーストラリア、マレーシア、インドネシア

以前は容量制限が「5日:4GB」「10日:14GB」でしたが、現在はいずれのプランも「100GB」となり、実質無制限といっても過言ではありません。

実際に「hi!Tourist SIM Card」をシンガポール国内の様々な場所で使用してみましたが、マリーナベイ・チャンギ空港はもちろん、セントーサ島、ナイトサファリ、イーストコーストパーク、ジュロン地区、タイガービール工場、ウビン島、セントジョンズ島、クス島でも快適にネット接続できました。

ジョホール水道を渡りマレーシアのジョホールバルへ行く場合、インドネシアのビンタン島へ行く場合は海外ローミングができるプランを選ぶとよいのではないでしょうか。

ウェブサイト
www.singtel.com/personal/i/phones-plans/mobile/prepaid/hitouristsimcards

hi!Tourist SIM Cardの販売所 チャンギ空港 Travelex

シンガポールチャンギ国際空港 SIMカード購入場所

シンガポールのチャンギ国際空港Arrivalホール前にある両替所(Travelex)にて、Singtelの「hi!Tourist SIM Card」を販売しています。

両替所は24時間営業しているため、チャンギ空港深夜着の場合でも購入可能です。

StarHub Travel 4G Prepaid SIM

(スマホ横スクロール可)$12 Travel SIM$32 Travel SIM$50 Happy Prepaid
通信規格4G4G4G
日数7日12日180日
容量100GB100GB100GB
料金S$12S$32S$50
シンガポール国内通話500分3,000分無制限
シンガポール国内SMS1005,000無制限
国際電話(日本含む)20分50分50分
海外ローミング(*)1GB3GB:30日5GB:30日
MEMO
(*):オーストラリア、カナダ、中国、香港、インド、インドネシア、日本、マカオ、マレーシア、ミャンマー、ニュージーランド、フィリピン、韓国、台湾、タイ、イギリス、アメリカ

ウェブサイト
www.starhub.com/personal/mobile/mobile-phones-plans/prepaid-cards/travel-sim.html

StarHubのTravel SIMはチャンギ空港ターミナル1〜4のArrival Hall(パブリックエリア)にあるStarHub Countersやセブンイレブン、Cheers convenience storesにて販売しています。

M1 Tourist SIM

(スマホ横スクロール可)Short stay in SingaporeLonger stay in SingaporeVisiting Singapore and neighbouring countries
通信規格4G4G4G
日数7日10日14日
容量100GB100GB100GB
料金S$12S$30S$50
シンガポール国内通話500分3,000分3,000分
シンガポール国内SMS1005,0005,000
国際電話(日本含む)20分50分50分
海外ローミング(*)3GB5GB
MEMO
(*):香港、インドネシア、マカオ、マレーシア、台湾

ウェブサイト
www.m1.com.sg/mcard

M1のTourist SIMはチャンギ空港ターミナル1〜4のArrival Hall(パブリックエリア)、市内のM1店舗にて販売しています。

M1 $12 Travel SIM

M1 $12 Travel SIM

おわりに

スマホの言語設定を「英語」に変更してスマホを手渡したら、両替所のスタッフの方が設定までやってくれます。
SIM購入から設定に要した時間はわずか2、3分。
差し込んでいた日本のSIMはケースにしまって渡してくれるので紛失する心配も少ないです。

MEMO
その後何度かシンガポールに再訪しチャンギ空港でSIMを購入していますが、対応は窓口のスタッフによりまちまちです。。

最近のホテルはWiFi接続が無料のホテルが多いですし、シンガポールはGoogle Mapsのダウンロード機能(事前にマップをスマホにダウンロードしておくことでオフラインで地図検索ができる)対応国のためオフラインでもマップ検索ができます。

さりとてやはりいつでもスマホに接続できる方が安心というもの。

公共の路線バスで移動する場合もGoogle Mapsで乗り換え案内(路線番号・乗車バス亭・下車バス停)をしてくれますし、ネット接続できると便利です。

シンガポール 路線バス
シンガポールの路線バスの乗り方と料金。移動に便利!
シンガポール・マリーナベイサンズのスペクトラ(レーザーショー) シンガポール観光 旅行記まとめ

<< シンガポール旅行TOPページに戻る