ルアンパバーンのウサギ親子(ソフィテル)|2 rabbits living in Sofitel Luang Prabang

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ラオスの世界遺産ルアンパバーンにあるホテル、ソフィテル ルアンパバーン(Sofitel Luang Prabang)

敷地内で放し飼いされているウサギ2匹
マリー(Mary)とマノー(Mino)の姿を写真と動画で撮影してみました。

ルアンパバーン のホテル敷地内に住むウサギ2匹

ソフィテルルアンパバーン

ルアンパバーンの高級ホテル「ソフィテル ルアンパバーン(Sofitel Luang Prabang)」。

この敷地内に「2匹のウサギが放し飼いになっている」…。
パーマネントトラベラーKさんのブログを見て知ったのですが、いざホテル敷地内を散策してみてもなかなか見つけられません。

客室内でひと休みし、再び外を歩いていると…いました。
茂みの中に。

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンウサギ「マリー」

 

View this post on Instagram

 

nyalionさん(@aoitrip.jp)がシェアした投稿

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

まあ!なんと可愛い!
ピョンピョンとジャンプしながら、こちらの足元に近づいてまいりました。

茂みの中でご飯を食べていたようです。

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

こちらの茶色い毛のウサギはマリー(Mary)

ウサギにもハチワレ柄があるんですね。
白くて丸い尻尾もチャーミングです。

マリーはお母さん。
敷地内にもう一匹いるマノー(Mino)は彼女の息子です。

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

ここでひと休み。

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マリー」

マリーは再びお食事タイムへ。

 

View this post on Instagram

 

nyalionさん(@aoitrip.jp)がシェアした投稿

さて、息子のマノーはいずこに?

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

およ?君は…。

 

View this post on Instagram

 

nyalionさん(@aoitrip.jp)がシェアした投稿

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

息子のマノー(Mino)です。
マノーの毛の色はクリーム色で、尻尾だけ真っ白。

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

 

View this post on Instagram

 

nyalionさん(@aoitrip.jp)がシェアした投稿

マノー、急に穴掘りを始めました。
お忙しいようですね。

 

View this post on Instagram

 

nyalionさん(@aoitrip.jp)がシェアした投稿

ご飯を食べた後はピョンピョンと跳ねて移動。
白くて丸い尻尾が可愛い。
そして、ナイスコーナーリング!

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ウサギの親子二匹は、外敵のいないホテルの敷地内で平穏無事に暮らしています。

ソフィテル ルアンパバーン

夕食を食べに行く前ふと周囲を見渡してみると、マノーが手入れがなされた芝生の上にいました。

まさに分かりやすいウサギのシルエットをしており、ちょっと笑ってしまいます。

ソフィテルルアンパバーンのウサギ「マノー」

ソフィテル ルアンパバーンの客室やアクセスについては「ソフィテル ルアンパバーン宿泊記|Sofitel Luang Prabang」をご覧ください。

ソフィテルルアンパバーン
ソフィテル ルアンパバーン宿泊記|Sofitel Luang Prabang