やど家たけのこ 竹富島 宿泊記|Yadoya Takenoko

竹富島の民宿 やど家たけのこ

竹富島の民宿「やど家たけのこ(Yadoya Takenoko)」に宿泊しました。

お部屋や送迎・アクセスについて写真を交えて残します。

やど家たけのこ Yadoya Takenoko Taketomijima

やど家たけのこ シーサー

やど家たけのこ

竹富島の民宿 やど家たけのこ

やど家たけのこ(Yadoya Takenoko)は竹富島の集落内にある民宿です。
宿泊は1日6組限定。
姉妹店の東にある「そば処竹の子」は、宿屋のおかあさんによれば弟夫婦さんが携わっているのだとか。

この日は午前中に到着しました。
チェックイン(お部屋の案内)は15:00〜ですが、その前でもスーツケースなど手荷物を預かってもらえます。

この際に島内のマップ(下記)をもらえるのと、自転車レンタルの案内をしてもらえます。
自転車レンタルは提携しているのか、料金はお求めやすく、24時間で1,000円でした。
電話予約すると、自転車をお宿まで運んでくれます。

竹富島やど家たけのこ

チェックインの15時までの間、時間はたっぷり。
周辺を徒歩で散策、水牛に乗り、自転車をレンタルしてコンドイビーチ星砂浜へ行きました。

やど家たけのこオリジナル竹富島マップ

石畳のある内廊下。
外が直射日光でも、内廊下は涼しくて心地良い。

ふしの間(星の間)

やど家たけのこ ふしの間

今回案内いただいたのは「星」を意味する「ふしの間」。

和室

やど家たけのこ お部屋

6畳の和室。小ぢんまりとしていて素敵な空間です。

宿屋たけのこ お部屋

竹富島は現在、建築協定により「平屋建て建築」のみしか認められていません。
二階建てを作れないため、天井を勾配天井にして開放的にしています。
実際の畳数6畳よりも広く感じます。

扇風機、エアコンもあり快適。

竹富島やど家たけのこの冷蔵庫

夕食の際に購入したオリオンビールは、こちらの冷蔵庫にキンキンに冷やしておきました。

竹富島やど家たけのこ ハンガー

竹富島やど家たけのこ

竹富島やど家たけのこ

やど家たけのこ ハンモック

やど家たけのこ ブランコ

お部屋の外にはハンモックやブランコ。夜は晴れていれば肉眼で星空を見れます
(お庭がお部屋に面しているかはランダムに割り振られるようです。お庭に面していないお部屋でも、内廊下から歩いていけばお庭に出られます)。

やど家たけのこ サンダル

各お部屋に配置されている「島ぞーり」は先述のお庭に出るのに重宝しました。

やど家たけのこから見た虹

「島ぞーり」のおかげで、早朝のお天気雨で一瞬現れた虹を撮影できました。
お天気雨になったら外に出てみてください。
美しい虹を見れますように。

バスルーム

やど家たけのこ 洗面所

やど家たけのこ バスルーム

やど家たけのこ バスルーム

洗面台、バスルーム、トイレは清潔感があり、とても綺麗。

やど家たけのこ トイレ

トイレに至ってはINAXのシャワートイレ付きです。

アメニティ

竹富島やど家たけのこ アメニティ

歯ブラシ&歯磨き粉、シェーバーあり。

竹富島やど家たけのこ ドライヤー

館内

内廊下にはフリードリンクのミネラルウォーターやコーヒー、紅茶あり。

洗濯機も自由に利用可。
洗剤は100円、洗濯機・乾燥機の利用時間は8:00〜20:00。
中長期滞在もいけます。

夕食

竹富島 西桟橋から見る夕日

夕食の時刻は18:00から。
当日の「日の入り」が18:20のため、夕食の時間を18:20〜にしていただけました。

夕日を見れる西桟橋までは徒歩3分。
この日は雲が多く太陽が沈む瞬間までは見れませんでしたが、鮮やかな夕焼けを見ることができました。

やど家たけのこ 夕食

やど家たけのこ ステーキ

身の大きな車海老、新鮮なお刺身、ゴーヤーの天ぷら、もずく、ジーマーミー豆腐、そして牛ステーキなど、美味しくいただきました。

そしてもちろんお酒も。
オリオンビールの生が一杯500円(旅行当時)。
離島で生ビールを飲めるなんて!サンセットを見た後のビールは最高です。

オリオンの350ml缶ビールも300円で販売してます。
2本買ってお部屋で飲みました。

朝食

やど家たけのこ 朝食

朝食は8:00〜。ゴーヤーチャンプルや目玉焼き、お魚、サラダ、ご飯、お味噌汁など。
朝食も美味しかったです。

デザートのサーターアンダギー。
袋詰めされていたので、この後訪れた小浜島の海人公園で休憩する際にいただきました。

やど家たけのこの場所・行き方・アクセス

「やど家たけのこ」は竹富島の西部に位置しています。
竹富東港から徒歩でアクセスする場合は20分以上の時間を要するため、車でのアクセスが無難です。

「やど家たけのこ」では車で「往復の送迎(竹富東港→やど家たけのこ、やど家たけのこ→竹富東港)」をしてもらえます。
宿の予約時に「石垣島→竹富島」の船の到着時間を伝えておくと、フェリー到着時の時刻に竹富東港へ迎えにきてくれます。
帰り(フェリー乗り場行き)についても「竹富島→石垣島」のフェリーの時刻を出発当日の朝に伝えると送迎をしてもらえますよ。

わたしは旅のスケジュールをガチガチにせずザックリ決めるのが好きなので、石垣島から竹富島へ渡るフェリー乗船時刻を決めていませんでした。
さすがに「今からフェリーのチケットを購入して船に乗ります。15分後に竹富東港に迎えに来てもらえませんか?」というのも微妙なので、「竹富東港→やど家たけのこ」についてはフェリー到着時刻にあわせて出発するバス「竹富東港巡回型線バス」を利用しました。
バスは港から集落まで片道1人200円です。

感想・総評

料理は朝夕ともに美味しく、お部屋は清潔感があって素敵な民宿でした。
何よりも、アットホームな雰囲気に心が和みます。
もっと早く竹富島にくればよかった。

八重山諸島にはまた行く機会があるので、その際にもぜひ再訪してゆっくり過ごしてみたいです。

「やど家たけのこ」の公式サイトはこちらです。

yadoya.takenoko-taketomi.com/

公式サイトには独自の宿泊予約フォームはなく、Webの宿泊予約は「じゃらんnet」と「楽天トラベル」のみで受け付けています。
事前決済の場合はクレジットカードが使えますが、当日支払いの場合は現金支払いのみなのでご留意ください。

住所:〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富206-1
電話番号:0980-85-2009(7:00〜22:00)
チェックイン:15:00〜18:00(到着が17:00を過ぎる場合は事前連絡を)
チェックアウト:〜10:00

宿泊料金の割引クーポンを見る|Rakuten Travel

竹富島 あかやま展望台からの眺望 竹富島の観光見どころ Exploring Taketomi Island, Travel Guide

<< 竹富島旅行の目次ページに戻る