マレー鉄道の廃線跡と廃駅が遺る ブキッティマ駅(シンガポール)|Bukit Timah Railway Station

シンガポール マレー鉄道の廃線路

シンガポール中央部にある、シンガポール国内で最も標高が高い丘「ブキッティマ(Bukit Timah)」。

その丘の南側。
2011年までマレーシアとシンガポール南部を結んでいたマレー鉄道のKTMの廃駅ブキッティマ駅(Bukit Timah Railway Station)と線路の一部が遺っています。

ブキッティマ駅 Bukit Timah Railway Station

マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

マレー半島を縦断する、マレー鉄道KTM

1965年にシンガポールがマレーシアより独立したことにより「マレー鉄道KTMがシンガポール国内のマレー鉄道の駅を所有している」という「ねじれ」が起こっていました。

しかし、シンガポール側がKTMから敷地を買い取る運びとなり、2011年6月30日を最後にシンガポール国内「Woodlands – Bukit Timah – Tanjong Pagar」の路線は廃止に。

マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

以降、その区間にあるシンガポール中央部のブキッティマ駅(Bukit Timah)とシンガポール側の始発駅であるタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar)は廃駅となり、その廃止された区間の線路は、一部を除いて剥がされました。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)
シンガポールに遺るマレー鉄道の廃駅 タンジョンパガー駅|Former Tanjong Pagar Railway Station

ブキッティマには今でも陸橋と線路の一部が遺っており、多くの人々が行き交っていたであろう当時の情景を偲ばせます。

マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

東京23区程の敷地面積ながら、経済力を糧に目覚ましい発展を遂げてきた金融都市、シンガポール

駄目だったら壊し、新しくする。
お隣の国マレーシアや、既得権益で雁字搦めの日本では考えられないような、急速な新陳代謝が行われているシンガポール。
その中で、これほどまでに「時が止まった」場所があるでしょうか。

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

マリーナベイまでは、直線距離でたったの10km弱。

たくさんの観光客で賑わうマリーナベイの騒がしさが別世界のような、静けさ。

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

かろうじてアルファベットを視認できる、朽ち果てた駅の看板。

南側はシンガポールの始発駅タンジョンパガーを示す「Singapore」の文字。
北側はマレーシアとの国境、ジョホール水道前の鉄道駅「Woodlands」の文字が残ります。

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅 看板

金属という金属の表面は、すべて錆びに錆びている。

現在、マレー鉄道旧シンガポール始発駅の「タンジョンパガー(Tanjong Pagar)」から「ブキテマ(Bukit Temah)」付近の約24kmは、「Rail Corridor」という名称のウォーキング&サイクリングロードに生まれ変わりました。

シンガポール マレー鉄道の旧ブキッティマ駅

時折、自転車をこぎ進む人も見受けられました。
その姿から、亜熱帯のスコールの洗礼を受けたと思われます。

この先を進むとタンジョンパガー旧駅に辿り着く。

Rail Corriderの区間には「78種類の鳥」と「48種類の蝶々」が生息しているそう。

わたしは以前セントーサ島のシロソスカイウォークでキタカササギサイチョウを目の前で目撃した経験があります。
鬱蒼とした木々の上を見上げてみると、珍しい鳥に出会えるかもしれません。

 

View this post on Instagram

 

にゃーらいおん@シンガポールさん(@aoitrip.jp)がシェアした投稿

マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

ブキッティマ駅の北側にある旧マレー鉄道の陸橋。

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

相当な年月の経過を感じさせる、緑色の苔がこびり付いた物々しい雰囲気の鉄の塊。

シンガポール マレー鉄道廃線跡

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

シンガポール マレー鉄道の廃線跡と陸橋

マレー鉄道の廃駅 ブキッティマ駅の場所・行き方・アクセス

廃駅と廃線路のあるブキッティマの最寄駅は、地下鉄MRTダウンタウンライン(Down Town Line)DT6のキングアルバートパーク駅(King Albert Park)。

マレー鉄道の廃駅 ブキッティマ駅の場所・行き方・アクセス

マレー鉄道の廃駅 ブキッティマ駅の場所・行き方・アクセス

上の写真の右側の道路に架かる橋が、旧マレー鉄道の陸橋です。
King Albert Park駅の、A出口またはB出口からすぐ。

駅の近くから陸橋までショートカットでアクセスできる畦道がありますが、旧な上に泥が酷いため迂回するルートを推奨します。

おわりに

近代的な建築物が増えているシンガポールの中でも、ノスタルジーを感られる古めかしさからか。
ポートレート撮影のスポットとしても、地味に人気を集めているようです。

すでにこの周辺も再開発の予定があり、数年後にはまったく別の雰囲気になっているはず。
どのように変化するかの期待とともに、変わってほしくない複雑な気持ちもあります。

アール・デコ調のファサードが荘厳な雰囲気を漂わせるタンジョンパガー旧駅については、下記の記事をどうぞ。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)
シンガポールに遺るマレー鉄道の廃駅 タンジョンパガー駅|Former Tanjong Pagar Railway Station
カトン地区のプラナカンハウス シンガポール観光の見どころ 旅行ガイド Singapore Travel Guide

<< シンガポール旅行の目次ページに戻る