シンガポールに遺るマレー鉄道の廃駅 タンジョンパガー駅|Former Tanjong Pagar Railway Station

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

2011年まで、マレーシアとシンガポール南部を結んでいたマレー鉄道のKTM。

以降、廃駅となっているシンガポール側の旧始発駅「タンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)に訪れました。

タンジョンパガー駅 Tanjong Pagar Railway Station

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレーシア国内(マレー半島)を縦断移動する際に、主要な移動手段である「マレー鉄道KTM」。

列車遅延は常態化。
冷房が効きすぎた車内は極寒のため、亜熱帯のマレーシアでも皆なぜか長袖を着ているという、マレーシアらしさを存分に味わえるマレー半島列車の旅。

第二次世界大戦後にイギリスから独立するまで、元は一緒だったマレーシアとシンガポール。
シンガポールが半ばマレーシアから追い出される形で独立したのは、1965年のこと。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

シンガポール側にあるマレー鉄道始発駅、通称「シンガポール駅(Singapore railway station)」は、1932年1月15日に開業、同年5月3日に完成。

しかし、シンガポールが独立した後は「シンガポール側に位置するもののKTMの所有物」という「ねじれ」が起きていました。

シンガポールがKTMから敷地を買い取ることにより、2011年6月30日を最後にシンガポール駅は操業を中止します。
シンガポール北部のウッドランズ(Woodlands)の南側の2つの駅(Tanjong Pagar、Bukit Timah)は廃駅となり、線路の大部分は剥がされました。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

タンジョンパガー廃駅の敷地はシンガポール国の所有物となっており、中に入ることはできません。

そのため、敷地外からの撮影となります。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

ジョホール海峡の対岸の町「ジョホールバル」の名前を冠したマレーシア料理屋さんの看板。
マレーシア名物のナシレマッや麺類を提供していたのでしょうか。

個人的には、廃墟やボッタクリ観光案内の思い出が強いジョホールバルには、あまり良い思い出はありませんが。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

深夜か、はたまた午後か。
2時5分を指し、永遠に針を止める時計。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

駅舎の南側にはマリーナベイエリアとセントーサ島とを結ぶ幹線道路があり、上部には高速道路が通っています。

けたたましい音を立てながら、急ぐように行き交う車両の数々。
その喧騒は、時の止まったマレー鉄道駅の寂しさを和らげるかのようです。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

青い看板は、マレーシアを走るKTMの駅に設置されているものと同じもの。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

「Parcel Office」
手荷物の配送手続きを受け付けていたのでしょうか。

「Ekspres」の表記はマレー語。
シンガポールにマレー鉄道に乗り出稼ぎに来るマレーシア人が頻繁に利用していたのかもしれません。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

イタリアの建築家によりデザインされた、アールデコ調の東面ファサード。

柱の上部にある「FMSR」は「Federated Malay States Railways」の頭文字。

人間の形に象られた白い大理石は、左からそれぞれ、農業(Agriculture)、商業(Commerce)、運輸(Transport)産業(Industry)を意味します。

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 シンガポールのタンジョンパガー駅(Tanjong Pagar Railway Station)

マレー鉄道の廃駅 タンジョンパガー駅の場所・行き方・アクセス

おわりに

将来的には、シンガポールMRTのサークルライン「Cantonment駅」として生まれ変わる予定のようです。

歴史ある建物の雰囲気を残しながら、どのように生まれ変わるのか楽しみですね。

マレー鉄道の駅では、マレーシアの首都クアラルンプールにあるクアラルンプール駅やマレーシア北部の町イポーの鉄道駅も見ごたえがあります。
かつてこの地と繋がっていたかと思うと、妙ではありますが感慨深い気持ちが裡から湧き上がります。

カトン地区のプラナカンハウス シンガポール観光の見どころ 旅行ガイド Singapore Travel Guide

<< シンガポール旅行の目次ページに戻る