フェリーざまみ(座間味)乗船記 船内から望む慶良間の島々

沖縄の那覇にある港「とまりん」と慶良間諸島にある座間味村の「座間味港」「阿嘉港」を結ぶフェリー、「フェリーざまみ」に乗船しました。

座間味島のアクセスはフェリーまたは高速船

阿嘉港

那覇の「とまりん」から座間味村の「座間味港」「阿嘉港」に行く手段は2種類あります。

  • フェリーざまみ(フェリー)
  • クイーンざまみ(高速船)

フェリーと高速船を比較した場合において、フェリーのメリットは「慶良間諸島の島々をゆっくり眺められる」「運賃が若干安い」「揺れが少ないので酔わない」、一方のデメリットは「所要時間90〜120分と長い」あたりでしょうか。

慶良間諸島内の移動手段の詳細は「慶良間諸島の行き方(渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島)」をどうぞ。

マリンライナーとかしきの船内
慶良間諸島の行き方(渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島)フェリーの予約方法まとめ

フェリーざまみ3

阿嘉港に入港するフェリーざまみ3

阿嘉港に入港するフェリーざまみ3

2016年11月11に就航したフェリーざまみ3

薄いブルーの外装がケラマブルーの海に映えます。
オレンジのラインは座間味の頭文字、Z。

今回は「阿嘉島→座間味島」、「座間味島→阿嘉島→泊港」の区間で乗船します。

フェリーざまみ3

フェリーざまみ3の船内案内板

フェリーざまみ3の船内案内板(※クリックで拡大します)

フェリーの船内案内図。

座席は3階〜5階部分にあります。
ピンク色の箇所が船内、白色の箇所が船外。
5階の甲板に出ると慶良間の島々を見渡せます。

フェリーざまみ3の船内

船内で軽食の販売はありませんが、自動販売機でドリンクを購入できます。

フェリーざまみのフィンスタビライザ

船の底にある「フィンスタビライザ」の解説。

フェリーざまみが揺れない理由は、船底のフィンで自動制御しているためだそうです。
事実、出発したことに気づかないほどにまったく揺れません。
酔い止めがなくても快適な船旅が楽しめます。

一方、高速船は所要時間が短いとはいえ相当揺れます。
乗り物酔いしやすい方はフェリーざまみの方が安心です。

阿嘉港から座間味港

阿嘉港

フェリーざまみ3の甲板

阿嘉島と慶留間島に架かる阿嘉大橋。

渡嘉敷島の阿波連岬と無人島のウン島。

ウミガメの見れるビーチ、とかしくマリンビレッジ方面です。

目的地である座間味島の集落。

阿嘉島の北浜(ニシバマ)ビーチ
北浜ビーチはサンゴ礁がたくさん生息しているため海の透明度が高く、浜からのシュノーケリングでもカラフルなお魚がたくさん見れます。

無人島の嘉比島の先に、約20km先の渡名喜島が見えました。

座間味島の古座間味ビーチと無人島の安室島との間にある浅瀬。
干潮時は一見、渡れそうな気もしてしまいますが、横断は禁止されています。

無人島の安慶名敷島。

阿真ビーチから嘉比島へ向かうカヤック。

座間味港

座間味港

阿嘉港を出港してから15分、座間味港に到着です。
この間のフェリー料金、わずか200円。

高月山展望台のオレンジ瓦もよく見えます。

座間味港

座間味港から那覇とまりん

フェリーざまみ3の甲板

座間味島に数日滞在。
再度フェリーざまみ3に乗船し、那覇のとまりん港へ向かいます。

1人で座間味島を訪れていた外国人観光客の方。
島の方々が、彼に対して見えなくなるまで手を振っていたのが印象的でした。

途中、阿嘉港に立ち寄り。
ケラマジカが生息する慶留間島の森が見えます。

渡嘉敷島の東にある前島。

チービシ(ナガンヌ島)

チービシ(慶伊瀬島)のナガンヌ島。

那覇の街が近づいてきました。

後ろを振り返る。
慶良間諸島の島々。

以前宿泊した北谷のビーチタワー沖縄の建物が見えます(写真中央)。

神山島。

那覇空港LCCターミナル。

座間味島を14:00に出発。
14:30に阿嘉港を経て、16:00に無事とまりんに到着です。

慶良間諸島に関する他の旅行記は下記をどうぞ。

とかしくビーチ
とかしくマリンビレッジ宿泊記|Tokashiku Marine Village
ウナジノサチ展望台と渡名喜島
ウナジノサチ展望台から望む夕日|座間味島(Unajinosachi Observatory)
美しすぎ!阿嘉島の北浜ビーチ(ニシバマ)
阿波連から望む外地島と久場島の景色
慶良間空港と外地島の展望台から望むケラマの島々