屈斜路プリンスホテル宿泊記|Kussharo Prince Hotel

屈斜路プリンスホテル Kussharo Prince Hotel

阿寒摩周国立公園内にある日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖。

その畔に面するホテル、屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のホテル宿泊記です。

屈斜路プリンスホテル Kussharo Prince Hotel

屈斜路プリンスホテル Kussharo Prince Hotel

日本国内最大のカルデラ湖、屈斜路湖。
アイヌ語で「沼の出口・喉口」を意味する「クッチャロ」に由来する湖は、北海道全域地図を俯瞰しても位置を把握できるほどに大きい。

その湖畔に佇む、屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)に宿泊しました。

ホテルの周囲には建物が少なく、静寂に包まれている。
阿寒湖温泉も静かではありますが、趣向が異なります。

夜間は真っ暗闇。
本当に何もない。
あるのは、静かに波を寄せる湖だけ。

屈斜路プリンスホテル Kussharo Prince Hotel

屈斜路プリンスホテルの開業は1981年。
建物全体に古さは感じるのものの、都度メンテナンスが行われている様子が伺えます。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)は

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)は

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)は

客室は1F〜8F。
3Fに温泉露天風呂、1Fにレストラン、B1Fにショップがあります。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)は

案内図を確認した限り、客室は全室屈斜路湖向き(北東向き)。
ホテルと湖の間には防風林があります。

エレベーターから確認したところ、客室の窓から屈斜路湖の湖面を見渡せる、いわゆる「屈斜路湖ビュー」と呼べる客室は5F〜8Fです。
上の写真は8Fで撮影。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の案内図

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のルームキー

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)

ツインルームB Twin Room B

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

宿泊するお部屋はツインルームB(Twin Room B)

窓際にソファーベッドがあり、最大3名まで宿泊できる客室です。

ベッドルーム

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

客室のしつらえは全体的に年季が入っています。
決して綺麗とは言いきれませんが、一定レベルの清潔感はあると思います。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

屈斜路プリンスホテル4F客室からの眺望

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

デスクの上には、使い捨てマスク、除菌シート、アルコールスプレー。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

3Fの温泉露天風呂へ行く際に着替え・タオルを入れる袋はビニール袋でした。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の館内着(パジャマ)

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

バスルーム

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のバスルーム

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

洗面台の隣に、湯沸かしポットと冷蔵庫。
間取りが古いため、違和感を若干感じます。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の客室 ツインルームB

シャワールームは、シャンプー類の設置場所が壁面になく、床置き。
3Fに温泉露天風呂があるので実際に客室のシャワールームでシャワーを浴びることはありませんでしたが、使いづらそうです。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のトイレ

トイレは独立しています。

アメニティ

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のアメニティ

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のアメニティ

朝食

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食

ビュッフェ形式の朝食会場。
増築された新しい空間のため、天井は高く開口部は広い。
緑を借景に気持ちの良い朝を迎えられます。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食ビュッフェ

地産の食材が豊富に揃っています。
弟子屈産大豆の納豆、弟子屈産大豆を使った豆腐の冷奴、釧路産鱈ザンギ、北海道産真ホッケのミリン醤油、北海道産いももちチーズ、北海道産卵のスクランブルエッグ。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食ビュッフェ 網走産しじみのクラムチャウダー

網走産しじみのクラムチャウダー。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食ビュッフェ 渡辺体験牧場の牛のおっぱい牛乳

渡辺体験牧場の「牛のおっぱいミルク」もいただけます。

レイクサイドガーデン

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

朝食を食べた後は、レイクサイドガーデンへ。

朝のお散歩にぴったりです。
かけがえのない、素晴らしいひととき。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

芝生にはハンモック。
レイクサイドブレックファーストで朝食を食べているお客さんの姿も見られました。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路湖に棲む伝説の巨大生物クッシーにも出会えるかも?

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

屈斜路湖を見渡せる桟橋。

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)のレイクサイドガーデン

その他館内施設

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)館内施設のご案内

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食ビュッフェ

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食ビュッフェ

屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)の朝食ビュッフェ

1Fロビー脇にある雲海ガイドツアーやカヌーの案内。

屈斜路プリンスホテルの場所・行き方・アクセス

女満別空港から約44.5km、車で約60分。
釧路空港から約87.7km、車で約1時間45分。
道の駅摩周温泉(弟子屈)から約19.2km、車で約21分。

感想・総評

静寂に包まれた屈斜路湖畔。
ホテルの周辺には何もありません。
言い換えれば、かつてアイヌ民族が見ていたものと何ら変わらないだろう景色がそこに広がっています。

ホテルの建物全体に年季は感じるものの、しっかりとメンテナンスされている様子が伺えます。
客室内は決して綺麗とは言えないものの、一定レベルの清潔感はあるので、問題なく快適に滞在できます。

一点悩ましいのは夕食。
周囲に施設がほとんど何もないこともあり、ホテルの夕食ビュッフェはお値段が張る。
片道20km東の弟子屈市街には、弟子屈ラーメンの弟子屈総本店があります。

屈斜路湖の周辺には「冬の時期にしか見ることのできない絶景」が点在。

パイロット国道を12分程車で走れば、屈斜路湖を一望できる美幌峠へ。
10月下旬〜2月中旬であれば早朝に「雲海」、冬場であれば「シュカブラ」を見られるかもしれません。
屈斜路湖の「御神渡り現象」は2月中旬〜3月下旬。

冬の屈斜路湖を撮影する際の滞在拠点として申し分のない立地です。

住所:〒088-3395 北海道川上郡弟子屈町屈斜路温泉
電話番号:015-484-2111
チェックイン:14:00〜
チェックアウト:〜12:00

宿泊料金の割引クーポンを見る|Rakuten Travel

shares