ランカウイ島 雄大な景色を望むケーブルカーとスカイブリッジ

ランカウイ島のスカイブリッジ

マレーシア・ランカウイ島の山麓からマチンチャン山へ伸びるランカウイ・ケーブルカー「SkyCab」と、谷の上に架かる橋「SkyBridge」を訪れました。

ランカウイのケーブルカー スカイキャブ SkyCab

ランはイーグル、カウイは豊富に採れる大理石の意味が由来の、マレーシアのランカウイ島。

意味を知ると、その名から雄大な景色が思い浮かぶランカウイでありますが、その通り雄大な景色が望めるのがランカウイの西にあるマチンチャン山(Machincang Mountain)です。

美しい砂浜のあるチェナンビーチからも屹立する山脈とカーブが連続する尾根を見ることができ、遠くから眺めても徒歩で上るのは困難なことが想像つきます。

ランカウイ島SkyCabのマップ

ランカウイ島SkyCabのマップ(※クリックで拡大します)

標高709mの山頂までは麓から伸びるケーブルカーSkyCabでアクセスできます(日本ではロープウェイの方がしっくり来ますが、旧英国植民地圏てはケーブルカーというようです)。

麓のBase Station、中腹のMiddle Station、頂上のTop Stationの3駅を結びます。

Base StationからMiddle Stationへ向かう上りの後半、崖をほぼ垂直に上がっていくように錯覚する場面がハイライトです。

ランカウイSkyCabのスペック

全長:2,079m
高度差:680m

ランカウイ島ケーブルカーSkyCab

6人乗りのキャビン。

平日で空いていて行列がないにもかかわらず、6人押しこめられました。空いているのだからキャビンを分けてくれればいいのにな。。

なぜこのようなことを言うかというと、わたしの隣の2人がなかなかの恰幅のいい方々でして、席幅が狭いのです。そもそもこのキャビン、重量オーバーかもしれない。

ランカウイ島ケーブルカーSkyCab

そんなことを思いながら経路の半分ほどまで到達した時に気づきます。目の前の「崖」に。

過去にシンガポールや台湾でケーブルカー(ロープウェイ)に乗ったことがありますが、比較にならないほどに恐ろしい。高度感や高所恐怖症云々もそうですが、何よりも今いる場所が、いい意味でも悪い意味でもいい加減なマレーシアだという現実。

平気で2時間遅延するマレー鉄道、自宅に立ち寄って姉を乗せたいと言い出すUBERのドライバー、廃業しているのに運転手を付けて謎に運行しているマラッカの廃モノレール、ジョホールバルのボッタクリ観光…。その他細かい部分を言い出せばキリがない、マレーシアでの珍場面が走馬灯のように蘇ります。

ランカウイ島ケーブルカーSkyCab

ランカウイ島ケーブルカーSkyCab

次は重量オーバーでランカウイで崖に衝突…なんてことを思いながら風で揺れるキャビンは無事に崖を乗り越え、Middle Station駅に到着です。

ランカウイ島ケーブルカーSkyCab Middle Stationからの眺望

Middle Stationの展望台からの眺望です。

ランカウイ島ケーブルカーSkyCabから望むテラガハーバーの眺望

手前にあるオレンジ色の屋根の一帯が山麓。

ランカウイ島ケーブルカーSkyCabから望むテラガハーバーの眺望

左手にある小さな湾がテラガハーバーターミナル(詳しくはリペ島の行き方をご参照ください)。

ランカウイ島ケーブルカーSkyCabから望むチェナンビーチの眺望

奥には夕日が美しいチェナンビーチと、ランカウイ周辺の島々まで。

つづいてはMiddle StationからTop Stationへ。

最初の「崖」のインパクトが強すぎて麻痺しており、全然恐怖を感じないという。

スカイブリッジ SkyBridge

ランカウイ島のスカイブリッジ

谷底から高さ55m、全長125mのスカイブリッジ(SkyBridge)

上記写真をご覧の通り、陸に繋がっているのは橋の両端と、真ん中に柱のみ。これまた谷に吹く風で揺れ、恐いスポットであります。

ランカウイSkyBridgeのスペック

全長:125m
海抜:660m
谷底からの高さ:55m
最大収容人数:250人

ランカウイ島のスカイブリッジ

ランカウイ島のスカイブリッジ

ランカウイ島のスカイブリッジの強化ガラス

中央部には谷底が透けて見える強化ガラスがあり、「ばえる写真」を撮影しようとマレーシアの女性たちが奮闘しておられます。

ランカウイ島のスカイブリッジの強化ガラス

強化ガラスの厚みは35.56mm。下にネットなどはないため、割れたら谷底へ真っ逆さまです。

頂上の展望台

ランカウイケーブルカー頂上の展望台

ランカウイケーブルカー頂上の展望台

ケーブルカーとスカイブリッジのチケット料金

ランカウイケーブルカーとスカイブリッジの料金所は異なり、乗車前のチケット売り場でそれぞれ購入します。

ランカウイケーブルカーのチケット料金

ランカウイケーブルカーのチケット料金(※クリックで拡大します)

ランカウイケーブルカーSkyCabは通常のBasic Packageプランで大人RM35、子供RM25。

ランカウイスカイブリッジのチケット料金

ランカウイスカイブリッジのチケット料金(※クリックで拡大します)

ランカウイスカイブリッジはケーブルカーのTop Stationからのアクセス方法によって異なり、階段の場合「大人:RM5、子供RM3」、エレベーター(SkyGlide)の場合「大人:RM15、子供RM10」となります。

階段は急で体力を奪われるため、諸般の事情を除きエレベーター(SkyGlide)一択と思います。

ランカウイ島のスカイグライド

ランカウイケーブルカーの場所・行き方・アクセス

ランカウイケーブルカーのBase Stationはランカウイ島の西部にあります。

今回はテラガハーバーターミナルからUBERを利用。料金RM4.90、乗車時間約7分でした。ランカウイ国際空港からランカウイケーブルカーまではタクシーで約20分です。

おわりに

マチンチャン山は標高700mのため海岸よりも涼しく、ランカウイのスカイラインの眺望と共に高度感も楽しめます。

クアラルンプールのKLタワーにあるスカイボックスは動きませんが、ランカウイケーブルカーとスカイブリッジは揺れがある分恐怖感が倍増です。人数が多ければ多いほど盛り上がると思います。

メリタス ペランギ ビーチ&スパ リゾート ランカウイ宿泊記|Meritus Pelangi Beach Resort & Spa Langkawi
ランカウイ島の夕日
ランカウイ島の夕日@Cenang Beach