スルジ山から望むドブロブニクのパノラマ&ケーブルカー(ロープウェイ)

スルジ山頂から望むドブロブニク旧市街とロクルム島

世界遺産ドゥブロヴニク旧市街の北側にある標高412mのスルジ山(Srđ)。スルジ山から望むドゥブロヴニクの街も素敵でした。

ここではスルジ山へのアクセス(ロープウェイ、徒歩)および山頂からの昼・夜の写真などをまとめて掲載します。

スポンサーリンク

スルジ山 Srđ

ドゥブロヴニク旧市街から見るスルジ山頂

スルジ山(Srđ)はドゥブロヴニク旧市街の北側にある標高412メートルの山。1812年、フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトにより築かれたFort Imperialおよびナポレオンが贈呈した十字架がそびえたっており、セルビアとの独立戦争では戦場のひとつとなり十字架も破壊された(現在の十字架は再建されたもの)。

頂上からはスルジ山の稜線と並行するように並んだアドリア海の海岸線、テラコッタの瓦屋根、ロクルム島の緑、グルージュ港を望むことができ、多くの観光客を魅きつけている。

スルジ山の場所・行き方・アクセス

ドゥブロヴニク旧市街からのスルジ山へのアクセス方法はケーブルカー、徒歩、タクシー。

ケーブルカーは料金が高いが最も時短。徒歩は無料だが時間を要する(下りの実測値でピレ門まで70分)。タクシーはケーブルカーよりも料金が安いが旧市街周辺の渋滞を考えると避けたほうがよいかもしれません。

ケーブルカー(ロープウェイ)

ドゥブロヴニクのケーブルカー

ドゥブロヴニク旧市街北側からスルジ山まで伸びる全長778.2mのケーブルカー(Dubrovnik Cable Car)。海抜38.0mから405.0mまで3分30秒で結びます。日本では形状からロープウェイと呼ぶことが多いですが、海外ではこの手のロープウェイをケーブルカーと呼ぶケースが見受けられますね。

ケーブルカーの公式サイトによればその歴史は古く、1969年にオープン。現在は32人乗り(スタッフ+1人)ですがオープンした当初は15人乗りだったようです。

ケーブルカー(ロープウェイ)のチケット料金

種類 往復(Round trip) 片道(One way)
Adult 140.00クーナ 60.00クーナ
Chilt(4〜12才) 85.00クーナ 40.00クーナ

ケーブルカーのチケット価格は大人が往復140kn、片道60kn。子供が往復85kn、片道40クーナ。手持ちのガイドブック(Lonely Planet、地球の歩き方)の表記よりも値段が上がってます。長期間デフレが続くうえに観光政策が下手な日本の観光地では考えられないぐらい高い金額に感じますが、これが世界標準です…。

チケットは旧市街のブジャ門を出た場所でも購入できますが、乗り場でも購入できます。クレジットカード決済も対応しており、VISA、Master Card、アメックス、ダイナース利用可。JCBは不可。

ドゥブロヴニクのケーブルカー(ロープウェイ)

今回はハイシーズンの8月に訪れましたがそれほど混雑しておらず、2、3回分の待ち時間で乗れました。乗車人数を32人できってますので、並び順の運が良ければ旧市街方面のスペースを取れるかもしれません。

1月、12月 9:00〜16:00
2月、3月、11月 9:00〜17:00
4月、10月 9:00〜20:00
5月 9:00〜21:00
9月 9:00〜22:00
6月、7月、8月 9:00〜0:00

スルジ山山頂からの眺望

スルジ山頂から望むドブロブニク旧市街とロクルム島

ナポレオンの十字架の前が展望台になっていてドブロブニク旧市街とロクルム島を望めます。

ナポレオンが贈呈した十字架

北方面。背の低い尾根の向こうに霞がかかった山脈のあたりは隣国ボスニア・ヘルツェゴビナ。

レストラン パノラマ Restaurant Panorama

ドゥブロヴニク スルジ山のレストラン「パノラマ」から見る旧市街の景色

スルジ山頂にあるレストラン&バーのパノラマ(Restaurant Panorama)。ドゥブロヴニクの絶景を見ながらお食事をいただけます。

ドゥブロヴニク・スルジ山のレストランパノラマ

日本ではこの手のレストランは眺望はいいけど食事はパッとしない…というケースがありがちですが、パノラマはお食事も美味しかったです。観光地価格ではありますが、旧市街の人気レストランと同じぐらいの価格でした。

住所 Srđ ul. 3, 20000, Dubrovnik, Croatia
電話番号 +385 20 312 664
営業時間 9:00〜0:00

徒歩ルート(歩き)

スルジ山から下る際に歩いて降りてみました。スルジ山頂の城砦からドゥブロヴニク旧市街ピレ門まで下りの実測値で70分。

スルジ山 登山道 グルージュ港 グルージュ港

十字架周辺ではお目にかかれなかったグルージュ港周辺の景色。フヴァルやコルチュラ、スプリット行きのカタマランやイタリア・バーリ行きのフェリーが出港する港です。

スルジ山 歩きのルート

道中は拳サイズの石が転がる悪路のため、膝に負担がかかります。トレッキングシューズ推奨です。

夕刻・夜景

別日の夕暮れ時にスルジ山を訪れ、夕景と夜景を撮影してみました。

ドブロブニク スルジ山・ロープウェイ越しの夕日

ロープウェイとグルージュ港の向こうに沈む夕日。

稜線から東の方を見ると、Bosancaというエリアに30人以上の人が集まっているのを確認しました。これは想像に過ぎませんが、Bosancaの南の丘からだとドゥブロヴニク旧市街と夕日を同じ画角に収めて撮影できるのかもしれません。改めてドゥブロヴニクを訪れる機会があればぜひ訪れてみたいポイントです。

ドゥブロヴニク スルジ山からの夜景

夜間はドゥブロヴニクの魅力の大部分を占める「オレンジ瓦の街並みと紺碧のアドリア海」を一切見れませんので、夕景とセットで見るのはありだと思いますが、夜景だけ見に来るのは推奨しません。

ドゥブロヴニク旧市街とロクルム島を収めた4Kタイムラプス動画を撮影してみました。

ドゥブロヴニク旧市街を囲む城壁を一周・ロヴリイェナツ要塞

2017.08.18

ザ プチチパレス(ドゥブロヴニク旧市街ホテル)宿泊記|The Pucić Palace

2017.08.17

お読みいただきありがとうございます。気に入った記事がありましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。