サザンリッジ 森林浴のウォーキングコースをゆく(シンガポール)

シンガポール Henderson Waves

マリーナベイやシンガポールズーとは異なるシンガポールの魅力、緑豊かなサザンリッジ(The Southern Ridges)のウォーキングコースを歩いてみました。

サザンリッジ The Southern Ridges

シンガポール本島南部のウォーキングコース「サザンリッジ(The Southern Ridges)」。シンガポール本島南部の公園を結ぶ全長約10kmのトレイルコースです。

シンガポール国内でも随一の高台エリアのため見晴らしがよく、金融街やセントーサ島、遠くはインドネシアの島々を望めます。マウントフェーバーのマーライオン、近未来的なデザインの橋など「シンガポールらしさ」を感じるスポットを訪れつつ、保全された豊かな自然、野鳥やリス・蝶などを眺めながら森林浴を楽しみましょう。

サザンリッジのコースマップ

サザンリッジズのマップ

サザンリッジのマップ(※クリックで拡大します)

サザンリッジは5つの公園にまたがっています。

  1. マウント フェーバー パーク(Mount Faber Park)
  2. テロック ブランガ ヒル パーク(Telok Blangah Hill Park)
  3. ホート パーク(Hort Park)
  4. ケント リッジ パーク(Kent Ridge Park)
  5. ラブラドール自然保護区(Labrador Nature Reserve)

ハーバーフロント駅の北側にあるマウント フェーバー パーク(Mount Faber Park)、テロック ブランガ ヒル パーク(Telok Blangah Hill Park)、ホート パーク(Hort Park)、ケント リッジ パーク(Kent Ridge Park)、ラブラドール自然保護区(Labrador Nature Reserve)の5箇所。

アレクサンドラ ブリッジ(Alexandra Bridge)から二手に分かれ、「ケントリッジパーク」を目指すか、「ラブラドール自然保護区」を目指すか分かれます。マップにある所要時間から計算するに、

ハーバーフロントからケントブリッジパークを目指すコース Marang Trail→Alexandra Bridge→Science Park 所要時間161分、総距離7.07km
ハーバーフロントからラブラドール自然保護区を目指すコース Marang Trail→Alexandra Bridge→Labrador Nature Revenue 所要時間137分、総距離5.26km
ハーバーフロントからラブラドール自然保護区に立ち寄りケントブリッジパークを目指すコース Marang Trail→Alexandra Bridge→Labrador Nature Revenue→Alexandra Bridge→Science Park 所要時間239分、総距離10.07km

サザンリッジは出版社にとって旨味が少ないからか?日本のガイドブックではほとんど紹介されておらず、歩いているのは地元の方ばかりで観光客が少なくゆっくりウォーキングを楽しめます。

Marang Trail

シンガポール Marang Trail

距離 0.8km
所要時間 15分

ハーバーフロント駅D出口の裏手からスタート。マウントフェーバーの丘の上までつづく上りのコースMarang Trailです。以前に、マウントフェーバーのマーライオン像→セントーサ島へケーブルカーというルートで歩いたことがあります。

マウントフェーバーはシンガポールで2番目に高い海抜105m(1番高い場所は中部のBukit Timah Hill、163.63m)。

Faber Walk

距離 1.0km
所要時間 15分

マウントフェーバーの中を通る、セントーサマーライオンやケーブルカーの見えるルート。

途中左手に現るはシンガポールケーブルカーのマウントフェーバーステーション。

セントーサ島 ケーブルカー
シンガポール セントーサ島のケーブルカー

セントーサケーブルカー

写真中央に見える構造物は、セントーサ島のシロソ砦にある高さ36.3mのシロソスカイウォーク。以前シロソスカイウォークに訪れた時には野生のキタカササギサイチョウを発見して感動した覚えがあります。それ以来というもの、鳥たちが生息する世界と同じ高さにいれば鳥に出会えるチャンスがあるのではないかと思うのです。

セントーサマーライオンやユニバ、天気がよいと奥にはインドネシアのバタム島の姿まで遠望できます。

ケーブルカー マウントフェーバーステーションの奥にはマーライオンのひとつ「マウントフェーバーのマーライオン」があります。

Henderson Waves

シンガポール Henderson Waves

距離 0.3km
所要時間 5分

Henderson Roadの上を通る高さ36mの橋、ヘンダーソンウェーブ(Henderson Waves)。その名の通り上下に波打つデザインをしています。セランガンバツ(Yellow Balau)を使用した床材も個性的。この日もフォトジェニックな写真を撮ろうと地元の若い方が集って写真撮影していました。

singapore henderson waves

丘と丘を繋ぐ役割でしかない単なる橋のデザインでさえも「シンガポールの勢い」を感じます。この冒険的なデザインを採択できるのも独裁国家シンガポールならでは、か。日本ならまず「無駄遣いだ」「木が腐ったらどうなる」という話になるのは目に見えます(年度末、予算を使い切るためだけに道路掘削して埋め戻しているにもかかわらず…)。

ベンチの影で昼寝するネコズさん。動物写真家の岩合さんがいたら教えてあげたかっただよ…。

Hilltop Walk

距離 1.0km
所要時間 15分

Telok Blangah Hill Park内にあるHilltop Walk。森の中の階段を抜けると花が咲き誇るテラスガーデンへ。

Forest Walk

Singapore Forest Walk

距離 1.3km
所要時間 20分

森の中に整備された高さ3m〜18mの遊歩道、フォレストウォーク(Forest Walk)。床部分は太陽の光が地面に届くようメッシュになっており、程よい高度感を楽しめます。そして狙うはキタカササギサイチョウのような鳥の再来。

Singapore Forest Walk

Singapore Forest Walk

ふと手すりに目を配ると、見たことのない色の蟻を発見。身体がゴールドで輝いている。レアなのかと思いきや、Forest Walk内にかなりの数生息しています。

しばらく歩くと、今後は銀の蟻を発見。金色の蟻につづいて銀色の蟻、幻か?

動き回る蟻に一眼レフのピントを合わせるのに苦労してじっと撮影していたところ、シンガポーリアンの女性お2人に「何を撮っているのか?」と声を掛けられます。「蟻だよ」と答えたら案の定笑われましたよ…。どうやら、シンガポールの蟻ではゴールドもシルバーも珍しい色ではないようです。

Singapore Forest Walk

Singapore Forest Walk

シンガポール フォレストウォークのリス

Forest Walkにはリスがたくさん生息しており、自生する樹々をターザンのように飛び移っていました。

鳥は何羽か発見しましたが写真におさめることはできず。残念ですが「必ず見れるという約束がない」からこそ面白い!

Alexandra Arch

シンガポール Alexandra Arch

距離 0.08km
所要時間 5分

Forest WalkとHortParkの間に架かるアレクサンドラ橋(Alexandra Arch)。橋の上を歩いても何の面白みもないのですが、橋の下から見上げると湾曲したデザインに圧倒されます。19:00〜0:00の間にライトアップされるはずがこの日はライトアップされず。

Floral Walk & HortPark

Singapore HortPark

距離 Floral Walk:0.3km、HortPark:1.1km
所要時間 Floral Walk:5分、HortPark:15分

ガーデニング関連の研究、教育まで行う園芸総合施設ホートパーク(HortPark)。

Canopy Walk

シンガポール Canopy Walk

距離 0.3km
所要時間 5分

ケント リッジ パーク(Kent Ridge Park)の高台にあるウォーキングコース、キャノピーウォーク(Canopy Walk)。

キャノピーウォークから北側のブキッ・ティマ(Bukit Temah)方面を望む。この場所にはこの地が戦火に見舞われたことを示すパネルが掲示されていました。

先述の通りブキテマはシンガポール本島で最も高い場所に位置しており、当時は英国軍が食糧や弾薬、燃料を保管していた。1942年2月11日の明け方、旧日本軍はブキテマを落とし、2月15日フォード自動車工場で行われた山下・パーシヴァルの会談へと向かいます。

また、現在もAlexandra Bridgeの北側にあるアレクサンドラ病院は、1938年に設立された英国軍の病院だったようです。赤十字の保護下にありながら旧日本軍はメディカル隊の中尉William Frederick Jayne(W.F.J)を狙うために攻撃を仕掛けたとのこと。中尉は白いベッドシートで降伏の意思を示したようですが…、イギリスのサイトを見ると2月14日死亡となっています。

www.kingscollections.org/warmemorials/guys-hospital/memorials/weston-william-frederick-jayne

シンガポール Canopy Walk

おわりに

今回歩いたコースは普通に歩いていれば3時間かからない程度で走破できるようです。今回は写真を撮りながらでしたので、6時間以上要し、最後は陽が暮れてしまいました。

お昼前にハーバーフロントを出発し、Hilltop Walkのテラスガーデンにある四阿でランチをするピクニックプランも良さそうです。また、マウントフェーバーのマーライオンとヘンダーソンブリッジだけ見てセントーサ島のケーブルカーでセントーサ島へ渡るプランもよいでしょう。いずれにせよガイドブックには乗っていないシンガポール旅を楽しめるはず。

マウントフェーバーのマーライオン像
マウントフェーバーパーク(シンガポール)
セントーサ島 ケーブルカー
シンガポール セントーサ島のケーブルカー